2018年5月20日 (日)

昭和ではないのだが

先週金曜日から調子悪く、久々38度超えの熱も出た。

熱こそ下がったが、しつこく夜の咳と鼻水が止まらない。だから、食べ物が美味しくない=味が、ようわからんのだわ。

それでも、美味しいものが食べたいという矛盾。車で近くを通ったこともあり、気になっていたドイツ菓子のお店「グリュース」さんへ。

ナッツのケーキが欲しかったけど、残念ながらショーケースになかった。

迷って、やはりドイツらしいのを一つ。フランクフルタークランツ。かなりどっしりな食感。 

Francgrus

折しも昭和のアイドルの訃報に触れ、やはり昭和の頃は多かったバタークリームのケーキを思い出した。ジャムがはさまって、真っ赤なドレンチェリーが乗っかってたケーキも多かったなぁ。だから、このフランク・・を食べた時、「懐かしい」と思ってしまった。

残念なのは、私の鼻グスグスのせいで、きっちりと味がわからない。
キャラメリゼされたアーモンドをまとった、バタークリームのケーキ。昔の苺ジャムじゃなくって、「赤スグリ」のジャムは甘過ぎず、てっぺんのはキルシュで漬けこまれたやつ?が大人で上品・・・素朴だけど計算されて作られている・・・と思う。

もう一つ、シンプルなシュークリームを。

Chougrus

画像だけ見ると、「小さいカンパーニュか!」

ざっくりとしたシュー皮の中に、みっちり、みちみちとカスタードクリーム!

今度は、ちゃんと味がわかるようになったら、別のお菓子をたべてみたい。

お店の近くにある布池教会。小さい頃、何度となく礼拝堂でかくれんぼ。そんな思い出が、素朴なドイツ菓子だからこそマッチするのかも。

| | コメント (6)

2018年5月13日 (日)

上げて行け!

最近の寒暖差のせいで風邪引いたか、大気中に舞っている物質のせいか、仕事の疲れが出たのか、一昨日から鼻が少々ズルズル、微熱あり。

高熱出てるわけではないから「はしか」じゃないよね・・・。

咳のし過ぎで頭が痛い。喉も痛くて声が出ないし、咳の刺激で嘔吐したくなる。

ああ、いろいろ乗り切らなきゃいけないことがあるから、床に臥せってもいられない。

Wabifine97

寒がりワビをベッドに誘って、湯たんぽ代り。

ちょっとだけ回復!

| | コメント (2)

2018年5月 9日 (水)

スモブロ+ブリューゲル

先日食べたスモーブロー。自分でも作ってみたくなる。

とりあえず、ドイツパン屋のプンパニッケルを調達。

プンパニッケルは好きだが、薄切りだとボロボロ崩れ、厚切りだと息が詰まり、結局残して途方に暮れるという三重苦がなかなか克服できずにいた。

トッピングは、

*人参サラダ/レンズ豆コンソメ煮(頂いた飴色玉葱入り、ミント少々、酢多目)/ローストビーフ(安いオージー:焦げ目付け→冷凍庫急冷)/林檎・カブ・クリームチーズと蜂蜜

Opensand

フォークとナイフで食べることを前提に、プンパニッケルを厚め目に切っても、ドレッシングやソースが適度に染み込み、程よい食感。ボロボロになっても、具材と混ぜて食べれば良し。

今度は、胡桃入りライ麦パンとバゲットで。

先日ブリューゲル展で観た花の作品からインスピレーションを得て、黒い皿をキャンバスに盛ってみる。でも、食べ物を美味しく見せるって、ほんと、ムズっ!

Platebrugel1

料理上手ではないし、段取り悪いから、これだけ作るのに、ゼーゼー、ハーハー。

甘い煮ビーツが余っていたので、同量のリンゴをすりおろし、レモン汁、酢、塩・胡椒、オイルでドレッシングにしたら、ビーツ特有の土臭さも和らぎ、ローストビーフにもよく合う。

胡桃入りのライ麦パンに、クリームチーズと蜂蜜をトッピングして、このビーツドレッシングをかけると、じわ~と染み込み、フレンチトーストのようになり、それもまた美味~!

これに飽きず、成城石井で売ってるメステマッハーのを(9枚切り)買ってみた。

Pumperm_2

プンパニッケルの滋味は、酸味と、デンプンがカラメル化した甘み、ライ麦の香りのバランスが大事。メステマッハーは、結構いけてる(=黒パンがダメな人には徹底的にダメ)。

Pumpasamon

スモーク・サーモンとクリームチーズに、酸っぱいザワークラウトをトッピングしてみた。酸味のあるパンだけど、トッピングの酸味がむしろ強い方が合うような気がする。

プンパニッケルの残りは冷凍庫に。また別のトッピング考えてみよーっと。

| | コメント (0)

«到達点は