2018年10月14日 (日)

天空の茶畑

平日休みを取ったにぃさんと、伊吹山へ行こうと早朝に家を出たんだけど、台風の影響でドライブウエイが通行止めと、高速道路に乗ってから気が付いた。

琵琶湖か京都まで行こうかと思ったけど、伊吹山周辺の観光地として”岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑”があることを知り、行先変更。

岐阜県揖斐川町の旧春日村の上ヶ流地区。伊吹山の山麓(標高約300m)でお茶を無農薬栽培している里。

朝8時。現地には我々だけ・・・と思っていたら、ボランティアの方が駐車場に。一番乗りの私達に遊歩道の地図を渡して丁寧に説明してくださる。

広がる茶畑。画像下に写る白い点々はお茶の花。初めて見たけど、お茶がツバキ科だってわかる可愛いフォルムだわ。

Machupichu

「杖があると楽ですよ」と、竹の棒やら、スキーのストックを貸してもらえる。茶畑を逸れて山の斜面を登って行くと、15分ほどで第一絶景ポイント。

残念なiPhone撮影・・・。

Machupichu1

実際は畝筋も見えるし、高い位置から見下ろす感がもっとある。気持ちよくフワ~っと体が持っていかれそうな感じ(危なっ)。

もう少し上の遊歩道へ登り、林道を降りてくる約1時間半のコースへ。

上の遊歩道からズームで撮っているけど、もっと茶畑は小さく見えてる。陽の当たり具合によって山肌、谷の見え方が違ってくる。

Machupichu2

でもって、舗装された遊歩道を100mほど行くと、今度は岐阜の本巣方面が一望できる。

Machupichu4

ぱりっと晴れていたら、随分むこうの山々も見えるんだろうな。

気持ちの良い林道を、マイナスイオンを浴びながら降る。

なんだ、これは・・・?

Machupichu5

調べてみると、サトイモ科の「トウゴクマムシグサ」らしい。春先は蛇が鎌首持ち上げたような葉の形や色からマムシグサと言うらしい。毒性があるから口にしてはいけない。

歩いていると前途に宇宙人?何だ、お前らは・・・・?

Machupichu6

にぃさん影の頭が小さ過ぎて笑える=髪が無いから。

少し肌寒いくらいだったけど、薄ら汗をかいて、心地良い運動にもなった。

茶店もあるようだが、朝早くて営業前でもあるし、ここは景色を堪能するだけとした。

同じ岐阜でも、坂折の棚田(過去記事)のような風景もあるが、おそらく全国的に、山にある段々畑や棚田を風景として切り取ると、マチュピチュ感が出るのかな。

インカ帝国の空中都市マチュピチュは、ケチュア語で「老いた峰」という意らしい。

”岐阜のマチュピチュ”は上ヶ流(かみがれ)地区の”か”から(?)「カチュピチュ」という通称もあるようだ。

なぞらえる意味があるのかどうか別として、”老いた峰”ともならぬよう、美しい里山の景色が残り、良いお茶が栽培され続けられるよう願う。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

Vietnamese! Part 2

先日、ワ、サヴィにノンラー(ベトナムの笠)を頂き、似合い過ぎるサヴィに続き、ワビの頭にものっけることができた(何とか撮影できる数秒だが・・・)。

ああ、こんなベトナムのおねえさん、いそう・・・。

Nonrawabi

Nonrawabi1

ベトナム旅行者さんが、面白い話題提供をしてくださった。

場所を問わず(たとえ山岳地であっても)、現地の人が、同じようなサンダルを履いていると、、、画像を見せてくださった。ベージュというか白っぽい色で、穴がポツポツ空いた”便所スリッパ”みたいな履物。国民のサンダル?

気になってググってみると、サンダルはDep to ong(Depのeと、toのoにはアクセント記号?)と言うらしく、ベトナム語で、蜂の巣(穴がハニカムみたい)のサンダルと言うらしい。

ラバーで出来た、ベージュ色のハニカム穴のサンダル(1980年代にTien Phongブランドとして誕生したとか)は、丈夫、便利、機能的であれば、必然的に皆が履くサンダルとなるわけだ。

Saigoneerというサイトで、面白い記事(かろうじて見つけた、このサンダルの英語の記事)があった。興味のある人は読んでみては?このサンダルが、単なるボロボロの”つっかけ”じゃなくオサレに見えてくる・・・。

| | コメント (2)

2018年10月 7日 (日)

恵那2018

やっと晴天に恵まれた週末・・・なのに暑い。

でも、外で過ごすには気持ちの良いパリっと晴れ。蕎麦、栗の季節になると車をちょっと走らせて岐阜の恵那~木曽の辺りをフラフラしたくなる。

中津川でお蕎麦を食べようと思っていたんだけど、予定変更して古民家カフェへ。

土・日・祝日のみ営業する恵那市山岡町の「パン喫茶ほやら」さん。スマホのマップの誘導がなきゃ辿り着けない感じの所。

駐車場前は小さな栗林。栗の毬の中は、すでに空っぽよ~。

Kurinoki

Hoyara

Hoyara1

Hoyara3

Hoyara6

Hoyara4

Hoyara5

優しい味付けで、ほっこりする。デザートも魅力だったけど、甘いもの我慢!

このカフェは陶磁器会社 「深山」さんのアンテナショップとして洗練されてた食器類が使われ、古民家の2階部分に製品が展示されている。

店名の「ほやら」(=そうでしょう?)は東濃弁が由来らしい。そういえば、母(東濃でも長野県寄り出身)も親戚と話すとき「ほやら~」とよく使っていたのを思い出す。

| | コメント (0)

«Vietnamese!