« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

2007年10月13日 (土)

因縁の対決!?

Pmsaru
サル田首相:

大体、あの方は、アレでしょ。何か気に食わないことがあると、連続キックを繰り出す、、。実に見事な炸裂ぶりですが、でもね、「ワタシが宇宙の中心だ!」的な態度はやめて頂きたいですね。

え?物事、左から右へ受け流す私への叱咤激励ですか?

フフフ、手痛い応援として受け止めておきましょう。

以上!

Savico
サビ子議員:

まー、なんと言いますか、とにかく理由もなく腹が立つんですよね、あの方には。
いいですか?あの「赤福」を伊勢名物ではなく名古屋名物だとして買っていく人がいますが、それをアナタは「現場の判断」とおっしゃいますが、一体、誰の判断で名古屋名物になっちゃってるんですか!
え?正確に聞きたかったら前日に質問を出せですって?
もーーー腹が立つぅぅーーー!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

日常の1コマ(火サス風)Part 2

Tpaper
(♪テテテッ、テーテェェェ♪)

「で、鑑識の結果は?」

「はい、トイレットペーパーの歯型は、例の逆ギレ猫のものと一致しました。同居人の話によると、わざわざリビングまで持ってきて、攻撃を加えていたようです。ボール、棒の次は、トイレットペーパーです!」

「そうか、こんなものまで、、、。一体、何が目的なんだ?」

「警部、これを見てください。ちょっと興味深いものなんですが。」

「何だ?」

「はい、これは同居人から提供された写真なんですが、どうやら、逆ギレ猫が猫部屋に敷いてあるビニールカーペットをめくろうと、引っ掻いたり、かじったりした跡のようです。」

Carpet
「カーペットの欠片か。物的証拠だな。で、カーペットからはみ出しているものは何だ?」

「はい。めくろうとする部分に同居人がガムテープを粘着面を上にして貼ったとのことです。ネバネバしたガムテの粘着部分に触れば、その不快な感覚を覚え引っ掻くのを止めるだろうという予防策らしいです。」

「うーむ、考えたな。で、効果はあったのか?」

「それが、、、自分で仕掛けたトラップに同居人自らが引っかかり、通るたびに踏むので、同居人のみが「不快感」を覚えたとのことです。」

「まったく、、、してやられたりだなーー!よーし、逆ギレ猫の足取りを追え!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

洒落た和猫

Langue
サヴィは保護された猫。

大阪の保護両親から我家へ養子に迎えたいと連れてきて、1ヵ月。

ここでの環境にも慣れてきたところで、これからお世話になる病院へ健康診断に行ってきた。

受付で看護士さんに、4月まで腎不全の闘病をしていたマオのケアへのお礼を述べ、ようやく新しい子を迎える心境になった旨お知らせした。


さて、受付でサヴィのカルテを作成することとなった。

「猫種な何ですか?」
「まったくの雑種です。」
「日本猫ですね?」
「?ですかね、、。」
「お名前は?」
「「サ」に「ウ」に点々つけて、小さい「ィ」で、サヴィです。ちなみにサビ猫です。」
「ププッ(それを横で聞いていた看護士さんの笑い)」

診察台に上がったサヴィの体重は400g増加の2.7kgとなった。順調に成長している。
一通り見ていただき、まったく良好とのことで一安心。
サヴィは、ノミに集られ瀕死だったらしいと説明すると、ノミには「瓜実条虫」がセットでついてくるという獣医さんの談。あいにく、朝の排便がなかったので、検便は後日に。

何か、瓜実条虫(うりざね・じょうちゅう)って、瓜実と条虫で区切ると高貴な人か学者の名前みたいである。

保護主さんから伝えられた保護時のこと、その後の診察について等を伝えるとともに、サヴィの容姿について、「トラでもないし、まったくサビちゃってる困り顔の猫ですよね。保護主さんが気持ちを込めて、サビの「ビ」を「ヴィ」にして、オシャレに名前付けてくれたんですよーー。」などと、獣医さんにとっては全く要らぬ情報を提供する私に、「この毛色をまったく知らないでサヴィちゃんの名前だけを聞くと、洒落た猫さんみたいですよね。」と、真顔で精一杯の擁護してくださいました。

症状が言えぬ動物を相手にするだけでなく、それにくっついてくる飼主のお相手もしてくださる動物病院の先生、スタッフの皆さん、、、いつも有り難うございます。

さて、そんな「洒落たサヴィ」は、どう見ても「雑種」とか「駄猫」といった種類だが、一応「日本猫」に分類された。

病院がよっぽど怖かったのか、帰宅してぐっすり眠る。

「これこれ、ヤマトナデシコたるもの、舌くらい、ちゃんとしまって眠りなさい!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常の1コマ(火サス風)

Sus
(♪テテテッ、テーテェェェ♪)

「警部、該者の身元が割れました。」

「そうか、でっ?」

「性別メス、年齢、、げ、月齢で、まだ5ヶ月ですねぇ。最近、この部屋に引っ越してきたばかりのようです。
同居人によると、つい5分前までボールやら棒をかじり、相当興奮していたようで、周囲も手がつけられない状況だったようです。」

「ふーん。散々好き放題して叱られた後の、逆切れポーズってわけか。」

「相当動いたようで、息ハァハァ、心臓もバクバクしたまま固まってます。」

「よーし、わかった。鑑識に回せ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »