« 田舎 | トップページ | 特に話題はないのだけれど・・・。 »

2008年8月12日 (火)

オリンピックにサヴィ・メダル(1)

それほど興味もなかったオリンピック。
しかし盆休みと重なり、家でテレビをつけていれば、嫌でも目にする。

見始めると、やはり面白い。いろんな意味で・・・。

柔道の谷選手が銅メダルを取った翌日の新聞。
「ママでも金は幻となった」的な、辛い見出し。メダルを取るだけでもスゴイのに・・・それだけ彼女への国民の期待が大きかったことになるか。

引き続き、柔道女子57キロ級の試合を見ていたが、試合が終わった後、なんか嫌な後味が残る。
柔道=ヤワラの道としてオリンピックの試合を見るべきではないのかもしれない。

金メダルを手にした伊人選手は、試合中に悶絶顔で痛がった右手は、芝居だったか?決勝では、勝ちを確信してか、試合途中で十字を切る、試合が終了してないのに、手を顔の横でクリックリッっていうジェスチャー。どういう意味???

銅メダルの男前な髪型の中国人選手は、一瞬のチャンスを逃さず銅メダルを決めたのかもしれないが、ほとんど自分から動くことはなく、勝ち進んだようにしか見えない。試合後の男前な宙返りもシラケてしまう。銅メダル決定戦で出てきた彼女の左まぶたが緑色に腫れていたが、それを見たにぃさんは、「きっと、監督に「もっとちゃんと戦え!」って殴られたんだ」と、勝手に「ドラマ」を創っている。

オリンピック=国際ゲーム。いろんな文化、環境の人たちが国の代表となって頂点を競い合う。
試合への臨み方、戦い方、勝ち負けへのリアクション、応援の仕方は様々であるのは当然のことである。

しかし私はどうしても結果(=勝ち負け)だけでは納得できない。

そんな試合を見た後の嫌な後味をスッキリさせてくれるような、解説者が言ったアッパレなコメントに、勝手にサヴィ・メダルを贈りたい。
Savvymedal


「彼女(アレル選手)は、柔道に勝って、勝負に負けたということですね。」


お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ


|

« 田舎 | トップページ | 特に話題はないのだけれど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735626

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックにサヴィ・メダル(1):

« 田舎 | トップページ | 特に話題はないのだけれど・・・。 »