« 挑戦的な仔猫。 | トップページ | 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 »

2008年12月13日 (土)

「純露」色の瞳

2007年夏に行った奈良で、地元ではお馴染みであろう、レトロカフェ「寧估庵」さんを訪れた。カフェには猫が10匹近くおり、お客の相手をするでもなく、まったりしていた。

その中で、ひときわ我々に愛想を振りまいてくれた猫さんの薄いブルーともグリーンともいえない、透明度の高い美しい瞳が印象に残っている。


Naraneko

(カフェの美猫。膝の上に乗って美しい瞳でジッと見つめてくれる)

炎天下の奈良の町を歩いて辿り着いたカフェで、冷たい飲み物を注文すると、葉のついた木の枝みたいなのがついてきて、女主人が「猫と遊んでください」と・・・。

猫好きのツボを心得ていらっしゃる。

このカフェ、不定休ということなのだが、1泊の旅行でカフェが開いていたので私たちはラッキーだったかもしれない。

さて、猫の瞳といえば、約16年一緒に過ごしたペルシャ猫のマオは、カッパード・アイ(銅色)だが、濃いオレンジ色・・・・そう、何かにたとえると、味覚糖(UHA味覚糖さん)の飴「純露」の紅茶味の色。

サヴィは、金色で、「純露」のべっこう味の色。

小さい頃は家族で遠出をする際にはカバンの中にはいつも「純露」が入っていたくらい、飴といえば「純露」だった。猫達の瞳の色を見ていると、むしょうに「純露」を舐めたくなる。

先月からサヴィの妹になったワビ。まだ、瞳の色が定まらない。
緑色希望の私であるが、サヴィと同じ「純露」のべっ甲味色になりそう。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 挑戦的な仔猫。 | トップページ | 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735540

この記事へのトラックバック一覧です: 「純露」色の瞳:

« 挑戦的な仔猫。 | トップページ | 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 »