« 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 | トップページ | キャビネットの中のクリスマス(2) »

2008年12月19日 (金)

キャビネットの中のクリスマス(1)

街のイルミネーションはクリスマス一色。
近所のお宅の窓越しにも、ツリーの美しいシルエット。

我が家はツリーは飾れない、、、所々錆びた黒い怪獣と白い怪獣がメチャクチャにするから・・・。
クリスマスにちなんだ人形達も怪獣の標的になる。

仕方が無いので、我が家のクリスマスはキャビネットの中で楽しむ。

でも、せっかくだから、素敵なメンバーを紹介しましょう。(大きく見たい時はClick!)

Petitpnoel
旧東ドイツ地域にあるエルツ山地の村々は、「木の玩具のふるさと」と言われる。

くるみ割り人形、けむり出し(お香)人形、キャンドル・スタンドなど、素朴で可愛いシルエット、木の温もりは見ているだけで癒される。

私が持っているサンタのけむり出し人形は、手にプレゼントを抱えている。

なんか煤けるのが勿体なくて、一度しかお香を焚いたことがないのだが、口から煙があがると、人形が動き出したかのように感じるのは不思議である。

「プレゼント、どれがいいか決まったら教えておくれ。それまで一服しているよ。」とでも言いたげな優しいサンタになる。

もう1つ持っているけむり出し人形は、「ストーブの前のネズミを銜えた猫」。
Woodencats
ストーブの上にはお鍋があり、お香を焚くと、お鍋から蒸気があがるように煙が出る。

ストーブの前には、赤いスリッパ(私は勝手に「サンタのスリッパ」だと思っている)と、ネズミを銜えた猫。
約10cm四方のその中に、可愛いストーリーが描けるようになっている。

これとは別に、母猫と仔猫のミニチュア玩具もあるが、これ、ストーブの前の猫とおんなじ形!

同じフォルムのものができるのは、木の輪をロクロで回して飾り彫りする技法だからだろうか、1匹1匹切り離して猫、猫、猫・・・という具合にできていくのであろう。

Wasavvy2
これらの素敵なメンバーをキャビネットから出して眺められるのは、この怪獣達が寝静まった時だけ。

ああ、そんなに頭をくっつけて、同じ夢でも見ているのか?

きっと、食べ物の夢だろうよ。

クリスマスには何か美味しいものを、この怪獣たちに!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 | トップページ | キャビネットの中のクリスマス(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735536

この記事へのトラックバック一覧です: キャビネットの中のクリスマス(1):

« 「・・・かも!?」って言葉に、ついつい・・・。 | トップページ | キャビネットの中のクリスマス(2) »