« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月23日 - 2008年11月29日

2008年11月29日 (土)

フリースは敵!

本日も絶好調な仔猫のワビ。

朝からにぃさんと「飛ぶ練習」をしている。写真の枠から身切れるくらい大きなジャンプを繰り返す。

Jump

元気なことは良いことだが、、、最近の悪い癖には、どうにも参ってしまう。
ウール・サッキングというのは聞いたことがある。仔猫が母親のお乳を恋しがって、布などをチュパチュパ吸う行動である。(つい最近まで、ワビは「にぃさん」の薄い胸板を母親代わりにして吸っていたようだが、さすがに相手が人間で、しかも男だということに気づいたようだ。)

布を吸っているだけなら可愛いのだが、どうしたものか、ワビはフリースや毛羽立ったアクリル布地に敵対心を燃やしカブリつき、引きずりまわす。

Woolsしかし、最近になって気がついたのだが、噛み千切って食べてしまうようなのだ。(破片が落ちていないので、食べてしまったと・・・。)

ワビが我が家にお泊りを始めて3日目に、私は血が滲むほど指を強く噛まれたことがあった。これは、うかつにも布団の中でワビと素手で遊んでしまったためだが、その後、何度かワビは、私のはみ出たお腹やモモの肉をカプリとする癖があった。プヨプヨしていて目についたのか?(私はワビが布団に入ってくると緊張して固まっていたcoldsweats01)。

サヴィがワビに身をもって噛む加減を教えてから、人間に対しては甘噛みで押さえてくれている。
とはいえ、相変わらずフリースや、毛羽立ったアクリル布地の玩具、サヴィのお気に入りベッドのフェルト部分など、鼻の上にシワを寄せて食いついている。
これを幼児期の遊びとして一過性のものであることを願うのだが・・・。

暖かそうに寝ていたサヴィには可哀相だが、誤ってワビの小さな胃腸に噛んだ素材が詰まってしまってはいけないので、怪しい素材のものは一切撤去。

Wabifine2こんな調子で、とにかく目が離せない小さな怪獣ではあるが、にぃさんの膝の上にちょこんと座り、大人しく一緒にアニメを見ている。かなり真剣に・・・。

そんな光景を、私とサヴィは遠くから呆れて見ている。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

なんだか、妬けるなぁ・・・。

買い物に出かけた帰り、夕飯を作る前の空いた小腹を満たすことを考えていると、スーパー店内のMcDonald'sの”赤と黄の派手な奴”が、挑戦的な笑顔でこっちを見ている(ような気がした)。

ふっ、負けたよ・・・と、まだ食べたことがなかった「シナモンメルツ」とコーヒーを注文。

シナモンメルツの包装箱を開け、「あーー、ワビ色なおやつ」などと、家で留守番する猫の毛色を思い浮かべながら口にヒトカケラほうりこむ。

あまーーい! これは甘すぎるよ、マックさん。

なんとかコーヒーで甘さを殺しながら完食し、席を立つ。
帰り際に、あの”赤と黄色の奴”がまた不敵な笑みを投げかけてくる。今度は、「アーイム、ラビニ! って感じだろーー?」って言われているような気がした。

ふっ、負けたよ・・・。

さて、そんなこととは関係ないが、ついに、密着するワビ・サヴィを目撃!

ああ、こんな日が、こんなに早くくるなんて・・・・(泣)


Compromise

(サヴィ、ちょっと緊張気味)

マオのお古の籐でできたキャリーはワビの寝床になっているが、嫉妬深いサヴィがキャリーを占拠。
するとポジティブなワビは、「一緒に寝ましょ!」と言わんばかりにキャリーに入り込む。

結局二匹、寒い中、暖を取るべく、くっついて寝る・・・・。

こんなこともあった。
サヴィを膝の上にのせているとワビがやってきて、リラックスしているサヴィの頭を舐めている。

「サヴィ姉ちゃん、よくサビてはるなぁーーー」ってな感じで一心不乱に。

そんなワビにサヴィもペロッ、ペロッと二舐め・・・。つれないお返しだが、舐めてあげるなんて。

まだサヴィはワビに対して警戒気味で、隙あらばワビに「カプリ」つく。でも、くっついて寝ることを許すなんて・・・。
ああ、冬の寒さが有り難い。

でも、二匹がだんだん仲良くなると、もう一人の女子は、寂しいやら妬けるやら・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

メ・デ・タ・イ・は、、、、(2)

Wavifine1

先週の金曜日に大阪から名古屋にやってきた「ワビ」。
物怖じ1つせず我が道を行く。

私たちの言うことを、首をかしげて一生懸命聞いている。
分かってるのかどうなのか?

テレビが大好きで、ドラマもニュースも真剣に見ている。
本当に分かってるのかどうなのか?

そんなワビは、サヴィにはフラれっぱなし。

一度、サヴィにチュパしようと寄っていったけど、あえなくカプりと耳を噛まれる。
それでも、サヴィの後をついてまわり、サヴィの真似をしたがる。

一人ポツンと残され丸まっているワビ。
サヴィに見られないように膝の上へ乗せ、頭や体を撫でてやる。

まだまだオチビさんであるワビは、猫肌恋しい可愛いサヴィの妹である。

Savvyfine24

サヴィは、妹が生まれたばかりで何かと「お姉ちゃんなんだから・・・」と我慢を強いられる小さなお姉さんのよな心境だろうか?

ワビが来てからも、まずサヴィを優先して、いつも以上に可愛がっているつもりだが、サヴィの目にはどう映っている?

上目遣いにジッと見つめるサヴィを膝に乗せ、頭や体を撫でてやる。
ゴロゴロと体を擦り付けて甘えてくる。

時々大声で鳴いて自分の存在をアピールするサヴィは、まだまだ甘えたい年頃の、ワビのお姉ちゃんである。

さて、昨日届いたQUパパさんの釣った鯛。
無謀にも薄っぺらイ両刃の洋包丁で3枚に下ろす。見る人が見れば目を覆いたくなるようなまな板の上の「鯛」であった。
一番喜んだのはワビ。骨にびっしり残った肉をこそげ取ってやるとそのままペロリ。なおもピーピー催促する。しまいには、鯛が入っていた保冷箱をガシガシするありさま。刺身は苦手なサヴィも火を通せばガシガシ食べる。
良かったね、大阪のパパさんがお前達のために釣ってくれたんだよ。

さて、猫達のおこぼれを私達も美味しくいただくことに。

Medetaidish
(左:”昆布締め”のてんこ盛り! 右:鯛のブランダード風グラタン)

ほんのり昆布の風味がついた刺身は新鮮で美味しい!(もっとキレイに盛ろうよ・・coldsweats01

ブランダードは本来は干しタラを使うのだが、鯛でグラタンに応用。
(1)鯛を牛乳とお酒(あれば白ワイン)を入れた鍋で火を通し、細かくほぐし(あるいはすりつぶし)、塩、胡椒、にんにく(すりつぶし)、オリーブオイルを加え味を調える。
(2)ジャガイモは蒸し、鍋に残った牛乳を足しマッシュポテトに(できるだけユル目に)する。(2)をくわえ、再度、塩・胡椒で味を調える。
(3)耐熱皿にバターを塗り、(2)を入れ、パンの角切りをのせオリーブオイルを少々かけまわし(今回は、あっさり仕上げるためにトマトの輪切りもトッピング)、チーズをのせオーブンで焦げ目がつくまで焼けば出来上がり。

鯛をジャガイモと合わせちょっと違う風味で楽しむことができた。

残りのアラを味噌汁の出汁に、明日は鯛を使った「ちょっぴりエスニック」スープを作る予定。
猫たちの「おこぼれ」を十分に堪能させてもらっています。
QUママ・パパさん、本当にご馳走さま!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

メ・デ・タ・イ・は、、、、(1)

サヴィのもとに、小さな「怪獣」がやって来て1週間が経った。
これまで自分だけの世界を満喫していたサヴィには、まだまだ受け入れがたいコトばかり。
でも、少しづつ、無邪気な怪獣との接し方を身につけている。

パネルヒーターの前でサヴィを膝に乗せると、小さな怪獣がやってきた。
サヴィは私の膝の上でノドを鳴らしながらも、小さな怪獣の頬を「カプッ」。

一瞬、ヒヤリとした私を含め、女子1+2で固まった・・・。
が、サヴィの甘噛みはなお続き、怪獣は噛まれるがまま大人しい。おお、何なんだコレは!
サヴィが夏ちゃんに何かを教えたようだ。

人間の私は、猫の関係を息を殺して見守る・・・猫のことは猫に任せよだ。

さて、そんな、お嬢2匹を大切に保護して、我が家に託してくださったQU家のパパさんが釣った鯛が届いた!
つやピカです!(QUパパさん、ありがとうーーー!)


Medetai

ホホーー、鯛のお頭付きなんて、何年ぶり・・・?
以前魚のさばき方を教わったことがあるが、それこそ何年ぶり・・・?
この後、無残に解体されることを知ってか知らずか、笑っているよ、この鯛・・・!

さ、この鯛の続きは次に取っておこう。

我が家に無期限の「お泊り」のつもりできた「夏ちゃん」。
そろそろ我が家に合う名前にしようと思う。

いろいろ考え、三毛の美しい和猫であるのでワビ(和・美)に。
サヴィとの「語呂」でも”ワビ・サビ”コンビでよろしい。

しかし、

我が家の小さな怪獣に日本の美意識から来る”わび”の解釈は当てはまらないな・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »