« 1月15日は・・・。 | トップページ | 猫の学習能力 »

2009年1月17日 (土)

おじさんの天むす巻き。

世間では、今日はセンター試験。
受験シーズンには職場である大学に行くと、予備校のスタッフであろうか、受験生応援の飴やらカイロやらを配っていたりする。
そう、何年か前までは私も受験生と間違われ、「頑張ってください!」と配り物が差し出されていたが、今じゃ、合格発表の際に不動産業者が配付している「下宿案内」なるものが突き出されたりする。

受験生の母じゃありませんが、何か・・・。

さて、今日は久々に天むす巻きを作ってみた。(ああ、またも巻きが甘く、見たくれはショボイ。)
「天むす」というと、天婦羅が入ったおむすび・・・が一般的かもしれない。

Tenmusumakiでも私は海苔巻きにしたものが好き。
これは、料理人をしていた亡き伯父が作ってくれたものの中で、一番好きなものだ。
時々、「おじさんの天むす巻きが食べたい!」とむしょうに思う。
もう伯父は作ってくれないので自分で作るしかない。

材料(海苔巻き1本分)は、

大きめの海老の天婦羅1本
白米 茶碗1杯分(固めで炊き立てじゃない方が良い。人肌まで冷ます。)
大葉3枚
ごま塩 適宜
海苔 1枚

巻きすにのせた海苔の上にゴハンを敷き詰めて全体的にごま塩を振る(先にボールの中にゴハンを入れてごま塩振って味加減しても良し)。
大葉を1列にならべ、海老天を乗せて巻く。
好みの大きさに切る。

簡単で美味しい。
私は家では揚げ物をしたくないので、海老天は出来るだけ揚げ立てのを買ってきて温める。
本当は、かりっと揚げたてで作るのが一番。揚げる場合は少し衣の味を濃い目にしておくと良い。

でもやっぱり、おじさんの作る天むす巻きには敵わないな。

「巻く」といえば、ワビの尻尾。端っこで輪を作ったり、自分に巻きつけてみたりと長い尻尾はいつも見事な巻きっぷりである。

Wabiroll

そんな長い尻尾を持て余してか、自分で端っこを追いかけてクルクル回っている。

サヴィはというと・・・見た目真っ直ぐそうなその尻尾を、お尻の付け根から先っぽにかけてスーッと触っていくと、最後の最後でクキッと曲がっている。そう「隠れカギ尻尾」なのである。

Savvyrollやーーい、カギっこ、カギっこ!
福をひっかけてこーーい!

などとからかったワケではないが、ちょっと不貞腐れて寝ている。

ベルギーのシェル型のプラリネチョコみたいに、
美味しい感じで巻けてるよ、サヴィ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 1月15日は・・・。 | トップページ | 猫の学習能力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735492

この記事へのトラックバック一覧です: おじさんの天むす巻き。:

« 1月15日は・・・。 | トップページ | 猫の学習能力 »