« 猫の学習能力 | トップページ | それでも私は馬鹿猫を愛す。 »

2009年1月25日 (日)

かなり不思議なことだが・・・。

にぃさんが同じ体験をしなければ、私は自分の思い過ごしで終わらせていただろう。

どんな体験かというと・・・・、他の部屋にいるはずのサヴィを、すぐ側に感じたり、何か動くので遊んでいるのかなと思ってみると、サヴィは熟睡して微動だにしていないのだ。

ワビがちょこまかと動いていれば、それは間違いだと気づくのだが、ワビもいない、あるいは一緒に寝ている状況なのだ。

昨晩、テレビを見ていたにぃさんが不思議そうに声をあげた。

「あれっ、サヴィ?・・・さっき悪さしたからリビングからサヴィ締め出したよね?」
「やっぱり感じる?私も最近、同じような感じがするんだよね・・・」と。

Mistery

実は以前住んでいた家で同じような体験をしたことがある。その時は、ペルシャ猫のマオ以外に白いフワっとしたものが「見えた」ような気がして、にぃさんも同様であり、二人でその存在を「シロちゃん」と呼んでいた。

今回は何故か「サヴィ」を感じ、いずれにしても決して邪悪な気配ではない。

にぃさんと、「サヴィは念が強くて、幽体離脱でもしてるんじゃないか?」ということにしている。

でも、最近、ワビがずーっと天井を見てるんだよなぁ・・・。マオちゃんが「あちら」から遊びに来てる?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 猫の学習能力 | トップページ | それでも私は馬鹿猫を愛す。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735486

この記事へのトラックバック一覧です: かなり不思議なことだが・・・。:

« 猫の学習能力 | トップページ | それでも私は馬鹿猫を愛す。 »