« 我が家からウール製品が消える日は近い? | トップページ | 猫キックで解消!(動画) »

2009年4月 2日 (木)

猫部屋、本気でリフォームを考える

現在のマンションに引っ越すとき、大きなメタルシェルフを持っていたので、物置兼猫の留守番部屋にする6帖弱の部屋に付いていた中途半端なクローゼットをなくしてもらった。

今、そのメタルシェルフは、収納兼キャットタワーとなっているのだが、大人しい老猫にかわり、活発な猫2匹となった今、扉のついたクローゼットをなくしたことを後悔している。

そんな部屋に災害用にと、2Lのペットボトルを4本置いていた。
しかし2週間くらい前から、立ててあったボトルが、いつも倒れている。猫達が暴れて倒れたのかと思い、立て直しても、次に見ると倒れている。

そんな折、早朝、にぃさんの悲鳴。

「ワビが、ペットボトル噛んだみたいで、水が漏れてるぞ!」

Petbottle噛まれたペットボトルは、ワビの犬歯型に穴が開き、ピチョン、ピチョンと水が漏れている。
仕方ないから、そのボトルの水を捨て、残りは別の場所へ避難させた。
空になったペットボトルを倒して転がしたり、銜えて運んだり、また1つ、困ったお気に入りを見つけたようだ。
派手な音を立てるペットボトルだが、空なら良いのだ・・・。
しかし、液体が入っている状態のものも狙うわけで、ちょっと外に出しておくと狙われている。

クローゼットに話を戻すが、扉のついているクローゼットへの収納にも限界があり、しかも、扉・・・これは、サヴィのお気に入りで、とにかく扉が開くまで頑張るサヴィ。開けたら最後、2匹でガサゴソガサゴソガサゴソ・・・・。
だから、開かないように扉の前に重い物を置く。したがって開ける時には重い物をわざわざどかす・・・面倒極まりない。

物置き部屋の一面に、簡単には開かない壁面収納家具を取り付けてもらおうかと、真剣に考える今日この頃。

最近のワビのイタズラ:
玄関から私の靴を銜えて運ぼうとしていたらしい→行き先は水飲み鉢
ティッシュケースから2,3枚ティッシュを引っ張り出す→行き先はやっぱり水飲み鉢

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 我が家からウール製品が消える日は近い? | トップページ | 猫キックで解消!(動画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735437

この記事へのトラックバック一覧です: 猫部屋、本気でリフォームを考える:

« 我が家からウール製品が消える日は近い? | トップページ | 猫キックで解消!(動画) »