« 世界の山ちゃん、どこへ向かう・・・? | トップページ | 猫の居る宿で、のんびりする(1) »

2009年4月21日 (火)

確かに猫が降ってきた。

Bikkuri仕事の大波に飲まれる今日この頃。
でも、帰宅すれば家事が待っているわけで、ボーっとしながらキッチンに立つ。

まな板の上で野菜を刻み、何かが足りないと思い冷蔵庫を開けた。

・・・冷蔵庫を開けたら、猫が腕に飛び込んできて、私の腕の間をすり抜けて床に落ちた・・・。

一瞬、何が起きたのか判断ができない。私は確かに「冷蔵庫を開けただけ」なのだ。

そして、ようやく我にかえって思い出した。
私が冷蔵庫を開ける前に、いつも家の至る所で「高み」を目指して登っていくサヴィが冷蔵庫に登っていたのだ。

で、ボーっとして冷蔵庫を開けた私に、これまたボーっと冷蔵庫の扉上部に腕をかけて座っていたサヴィ。
急に扉が開いたので、開いた扉に脚を取られてそのまま落ちた、ということだろう・・・・。

(かなりボケた写真だが)こんな風にビックリのサヴィなのでした。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 世界の山ちゃん、どこへ向かう・・・? | トップページ | 猫の居る宿で、のんびりする(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735415

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに猫が降ってきた。:

« 世界の山ちゃん、どこへ向かう・・・? | トップページ | 猫の居る宿で、のんびりする(1) »