« 木の温もり | トップページ | 行かず嫌いだった温泉地だが・・・Part 1 »

2009年5月18日 (月)

ねぇさんの理科実験Part 2 (紫カリフラワー)

週末にデパ地下でお手頃価格の野菜と果物を買うのが習慣になった。
スーパーの特売では売っていない品や、品質の良いものが適量で買え、余してしまうことが無いため、そちらの方が経済的なのだ。

と、大きな紫のカリフラワーが目に入る。普通の白いカリフラワーと違うのか試したくなり1株購入。1/3は温野菜用に、残りはどうしたものか・・・と、他に中途半端に残る野菜と一緒にポタージュにしてみた。

Vegitables

紫カリフラワーは茹でると一層紫が増し、茹で汁は紺色に近い・・・。しかしミキサーで潰して牛乳で伸ばすと、程よい紫に。味は・・・・白いのと一緒?でも紫はアントシアニンだから、血液サラサラにしてくれるかな。

さて、冷蔵庫には最後の苺のコンフィチュール、そして冷凍庫には、たぶん1年前に開けたまま眠っていたバニラアイスクリーム。「アイスは消費期限がない」と聞いたことがあるので、にぃさんと試してみることにした(人体実験か!)
表面に積もった霜を取り除き、ちょっと黄色くなった部分を捨て・・・グラスにはコーンフレークを入れ、アイスを入れてからコンフィチュールとバナナを飾り、苺パフェっぽくしてみた。
さすがにアイスの味は落ちているが、コンフィチュールの甘酸っぱさが勝っていい感じ。1日経ってもトイレへ駆け込むことがないから、大丈夫か。

Wabifine9さて、先週から膀胱炎を引きずっているサヴィ。点滴をしてもらった後は尿の色も正常っぽく見えたが、翌日からまた鮮血尿。
痛がらないし、頻尿でもないので、もらった薬が切れるまで様子見だ。
ただ、水をあまり飲んでいる様子がないので、ゴハンをお湯で少し溶かして与え、夜、寝る前には少量のカリカリに微温湯を注ぎ、水分補給をさせることにしている。
その間、ワビが「私もーー私もーーー」と騒がしい。サヴィが水分を舐めきった後は、ふやけたカリカリを綺麗に片付けてくれるワビは、鳩胸隊長と残飯処理班長を兼任。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 木の温もり | トップページ | 行かず嫌いだった温泉地だが・・・Part 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735383

この記事へのトラックバック一覧です: ねぇさんの理科実験Part 2 (紫カリフラワー):

« 木の温もり | トップページ | 行かず嫌いだった温泉地だが・・・Part 1 »