« 滞空時間の長いジャーーンプ! | トップページ | キャット・ミント以外はNG! »

2009年5月28日 (木)

「伝説」の布屋へ

最近、夕方に放映されている「アルプスの少女ハイジ」を見て気がついた。
おじぃさんが、ハイジに「わしは一人ぼっちじゃない、ハイジと一緒に住んでおる」と親指と人差し指(ピストルの形)で示す。そして、ソレに対して「いいえ、ヨーゼフと3人よ!」と、親、人差、中指を立てる。さすが、ヨーロッパ人のフィンガー・カウント!などと感動する。
では、ピーターを入れたら、薬指を伸ばすのかと、やってみたが、小指を折ったままでは無理。(何をやってるんだ、私は!)

とにかく時代考証、文化観察をしっかりしたアニメである。が、小鳥を追いかけてハイジが山を駆け下りる速さは、オリンピックのゴールドメダリストの100mのタイムより早かろう・・・。少女の身体能力に関しては、超人化・・・?

さて、久々に近くの布屋さんに出かけた。ワビがクッションカバーを噛み破り、他のクッションも噛んで綿を出してしまうので、固いデニム地でカバーを作ることにしたからだ。

Clothbite5

(「布噛んで、どーも、スイマセンデシタ」!と、ふてぶてしいワビ)

ここ数年お世話になっているその布屋さん、「布伝説」という店名だ。狭い店内「これでもか!」というくらい布が積み上げてあり、「ここで地震よ起きるな!」と願うほどだ・・・。欲しい布が下の方にあると、抜き出すのに一苦労で、引き抜く時には「ジェンガ」でもやっているようなスリルを味わう。
高級な布、流行の布、昭和の匂いが漂ってくる布、ちょっとした手芸資材もあり、潔く値引きされている。店内、掘り出し物を探しにくるお客さんでゴッタガエシテいるから、布を片付けている暇もないようである・・・。

程よい固さのヒッコリーデニムを2色買いましたので、今からクッションカバー作りに励みます。

ワビ、噛むなよ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 滞空時間の長いジャーーンプ! | トップページ | キャット・ミント以外はNG! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735364

この記事へのトラックバック一覧です: 「伝説」の布屋へ:

« 滞空時間の長いジャーーンプ! | トップページ | キャット・ミント以外はNG! »