« 朝の優雅なヒトトキ、怪獣に襲われる。 | トップページ | 木の温もり »

2009年5月15日 (金)

「おんぶ」をねだる猫

サヴィは人が背を向けていると、後ろから肩に前脚を乗せて、ピターっと寄り添ってくる。

Onbu

寄り添って、なかなか離れないのでお尻を手で支えて持ち上げてやると、そのまま背中にフミフミし始め、ゴロゴロ言いながら満足そう。
サヴィの手を肩まで持ってきても爪を立てて巻きつくわけではないので、支える私の手は、サヴィを落とさないように必死だ。
子供をあやすように揺すってやると、そのまま寝てしまうので、いい加減、落ちる前に降ろしてやる。

最近、ドアノブの回し方をマスターした賢いサヴィ。おもいっきりジャンプして、ドアノブを下げ、扉を開けてくれる。
寝室に入って欲しくない(ワビがベッドカバーをくわえて持ち去ろうとするから)ので扉を閉めておくと、ドスン、ドスンとサヴィがドアノブ目掛けてジャンプしている・・・・。

そんなサヴィ、ピンクのオシッコ。再び膀胱炎だ。投薬で改善したが、膀胱炎は繰り返す子が多いと聞く。採尿ができなかったのでエコーだけの診断だが、症状は軽い。結晶などが出てないか、やはり尿検査をしてもらわないと。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 朝の優雅なヒトトキ、怪獣に襲われる。 | トップページ | 木の温もり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735386

この記事へのトラックバック一覧です: 「おんぶ」をねだる猫:

« 朝の優雅なヒトトキ、怪獣に襲われる。 | トップページ | 木の温もり »