« 猫面魚? | トップページ | ハンズ・メッセとEN-NICHI »

2009年8月23日 (日)

何がいけないのか?

今日、サヴィはワクチン接種。ビビリのサヴィは、診察台の上で石と化す。
そんな石の体重は4.1kgで、5月に膀胱炎で診てもらった時点より200gの増加を指摘される。「このまま(4.1kgで)維持されれば良いですが、増え続けるようなら、餌量見直してみてください。」と助言された。

(にぃさんです。もっと可愛くなると思い込んで、「もう少しデブ化計画」と称し、サヴィ・ワビの餌の量を増やしていたのは・・・)と心の中で呟くわたし。

ついでに血液検査をしてもらったところ、肝臓酵素GPTの値が130と基準(86内)を超える。他の肝臓に関する数値は正常で、今すぐどうこうという訳ではないと。これまでの検査では正常なので先天性とは考えられず、ありえる原因の一つとして食生活(食事が合っていない)があるらしい。体重も増えてきているし、とりあえず、3ヵ月後に再検査してもらうことになった。

食事・・・避妊後は、バランスを考えて獣医さん推奨のロイヤルカナン、ベッツプラン フィーメールケア。以前は、それにカリフォルニア・ナチュラルのドライ、モンプチの缶詰を混ぜてたけど、膀胱炎になってからは、フィーメール・ケアのみ。

他に思い当たることといえば、観葉植物のエバーフレッシュ(ネムノキ)。お腹が空くと、すごい勢いでムシャムシャかじるサヴィ。昨日も、すごくムシャムシャしてた・・・。小さい時からずっとだし、危険な植物にリストアップされていないようだし・・・大丈夫かなぁと思うんだけど良くないのか?とにかく疑わしきものは止めさせよう。また、目に付くものは何でも舐めて口に入れるから、何か良くない成分が口に入り、解毒のため肝臓が疲れているのかな・・・?

いずれにしても、3ヵ月後の検査は必要だ。


Wabifine18 Wabifine19

注射を打ったサヴィを、安静にさせておきたいのだが・・・白い怪獣がテーブルの上から狙っている。こやつも何でも口に入れるからなぁ・・・。11月のワクチン注射でワビも健康診断してもらおう。

病院から帰って、ネットで猫の肝臓病に関してググってみる。
「猫の肝臓病(脂肪肝や肝硬変など)の原因としては、愛猫の欲しいままに餌を与え続けた飼い主さんに問題があります、ってよ。」と、にぃさんに警告する。
「今日からオマエ達のゴハンは減らすからな」と、反省しているようだが、ゴハンが減らされるとも知らずに、にぃさんにベッタリな猫達である。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 猫面魚? | トップページ | ハンズ・メッセとEN-NICHI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735276

この記事へのトラックバック一覧です: 何がいけないのか?:

« 猫面魚? | トップページ | ハンズ・メッセとEN-NICHI »