« フュメ・ドゥ・ポワソンの女 | トップページ | "猫”もらいました! »

2009年9月24日 (木)

ねぇさんの理科実験 Part 8”アラ・スープ”

Arasoupe月曜日にいただいた真鯛。前回のいい加減な鱗取りを反省し、今回は丁寧に取ることに。とはいえ、鱗取りがない。細身の洋包丁でこすったぐらいじゃぁ・・・。というわけで、洋包丁を寝かせ、鱗にガッシガッシと引っ掛けるように当てる。大きな鯛をすっぽり覆うビニール袋がないので、鱗が飛び散らないように包丁と親指で鱗を挟むようにして引っ張る・・・バリバリと抜ける!結構面白い。しかし、包丁を持つ手指に力が入るので、結構疲れる。
と、どなたかがブログに「猫の手でひっかく」と書いておられたのを思い出した。こうなれば、と、猫の手のように鱗に爪を立てガーリガリ・・・。あはは、小さい鱗が取れるじゃないの(あとで、生臭くなった指が気にならなければ、この方法も行ける?)。やっぱ、鱗取りがあったほうが便利だな。

さて、切り身にして残った部位は、スープに。とはいえ、私はアラを使った料理、特に和風にすると臭みが上手く消せず、イマイチな出来となる。ということで、アラは霜降りにした後、皮、骨を取り除き、生姜、にんにく、セロリ、香草、トマト、ニンジンと一緒に煮込んでスープに。はぁ、美味しい。

再度、パパさん、ママさんに感謝。

Wabifine20シルバー・ウィークは、仕事のお持ち帰りなどもあって、休日気分ではなかった。明日もボラ(=ボランティア無給)出勤だ。これから2週間くらいは激務が予想されているので、気合を入れるために美容院へ。
最近、前下がりのボブ(襟足刈上げ)が定着している。美容院では、いつも違う人が「同じ感じでいいですね」と言ってやってくれるのだが、やはり人によって微妙に違う。今日のお姉さんには「後ろ、がっつり短めにしてください」と頼んだ。

仕上がり具合を見せてくれる手鏡に映るウナジは、まさにワ、ワカメちゃん。脱力。

そういえば、にぃさんは、サザエさん一家の関係が分かっていなかったことが最近判明。サザエさんの弟がカツオ君というのに「えっ?」、カツオ君とワカメちゃんの両親は、サザエさんと一緒で波平&フネというのに「えっ?」。でも、マスオさんが「婿養子」ってことは分かってんだ。あんたの頭ん中で、磯野家はどういう寄せ合わせ世帯になってんだと呆れるばかりだ。

そんなことを思い出しながら、ワカメ的ウナジと、猫達の柔らかい猫毛を触り比べながら溜息をつく。

ぜんぜん関係ないけれど、ワビ、私のお気に入りのジーンズのスカート、直径2cm分も噛んで穴開けたね・・・・。もうちょっとで、穴あきジーンズをはいて出かけるところだったよ・・・。ああ、まさかジーンズまで噛むとは・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« フュメ・ドゥ・ポワソンの女 | トップページ | "猫”もらいました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735257

この記事へのトラックバック一覧です: ねぇさんの理科実験 Part 8”アラ・スープ”:

« フュメ・ドゥ・ポワソンの女 | トップページ | "猫”もらいました! »