« ケチケチ旅行のすすめ 平湯温泉編2 | トップページ | ねぇさんの理科実験10 クローゼットにStollen »

2009年11月28日 (土)

ケチケチ旅行のすすめ 平湯温泉・こぼれ話

家から高山へは日帰りでも行ける距離だが、折角だから、ちょっと足を延ばして温泉につかりたい。でも、最近、出費が多くお財布が軽い・・・、というところから始まった、今回のケチケチ旅行、他愛も無い出来事の積み重ねだが楽しい旅行であった。

往きのサービスエリで「げんこつ飴」を買おうとするにぃさんを、「まぁ、待っときなさい」と制する。 朝市や古い町並みの様子を知る私が言った「待て」の意味が分かったのか、古い町並みの店々に置いてある試食の甘甘棒を食べまくるにぃさん。結局、満足したのか、げんこつ飴買わず・・・・。ケチっ!

Nekobobo見逃していた「猫ボボ」、意識しながら歩いていると見つかるものである。思っていたより巨大な猫ボボ・・・小さいのもあり、黒いのがサヴィ、白いのがワビのよう。でも2つ買うと・・・千円弱。本当に要るの?と自問してやめる。お行儀悪く写真撮影させてもらい楽しむ。 ケチケチっ!

平湯温泉にR158で向かう途中、「板倉らーめん」のドライブ・ステーションがある。飛騨だけでなく北陸の物産品も販売されていたりし、味が試せるものは試す。
Seibukeisatuなぜか西部警察のグッズ売り場(爆破されないか心配だ・・・)があるのだが、その横に板倉ラーメン製造工程の見学場があって試食(またかっ!)ができる。試食が団体グループ限定となっていることを知り、舌打ちするケチ夫婦。すると、どこかの観光バスが到着し、入ってくる団体さんに紛れようとするにぃさん。さすがにそこまでは・・・と、連れ戻す。見つかったら、大門に狙撃されるぞ!
(イラストは、大門デカのパネルから顔を出す、貧弱なにぃさん。)

そんな風に、方々で固形物から液体まで、ありとあらゆる試食を繰り返したので、結構お腹が膨れる。宿の夕食を付けていたら、食べ切れなかったと、ドケチ目線で決め付ける。

お宿では、貸切露天風呂で小さな事件が起こった。
脱衣小屋を出ると、周囲に見えぬよう囲まれた石造りの露天風呂がある。星空を楽しめるようにと小さな灯しかない。眼鏡を外して入るので、周りがよく見えない。
Rotenburoそろそろ上がろうと脱衣小屋へ向かうにぃさんだが、小屋の扉が開かないらしい。何度も試すが、ビクともしない。入る時は、自動ドアかと思うほど軽かった扉なのに、何か引っ掛かったか?

ああ、離れにある薄暗い露天風呂で路頭に迷う中年夫婦・・・。真っ裸で力む男の様子を目を凝らして見ていると、扉ではない所に手を掛け開けようとしている。 アホか・・・。

とりあえず見苦しい裸のままで救出されずに良かったと、笑いを堪えながら客室へ戻る。
デジカメに保存されているワビ・サヴィの写真を見て、「ごめんなーー、お前達」と言いながら、薄情にも楽しんでいる私達。でも、布団の中に居るはずの猫達がいないと寂しい。

Matatabiball

帰宅すると、出てくるワビ、怯えて引っ込むサヴィ。ちょっと悪さした形跡はあるものの、ちゃんとお留守番できたようだ。さっそく朝市土産のマタタビボールに反応してヨダレ垂らしてる。

猫だけで留守番させて行く旅行は、1泊が限度。ワビが出した分だけゴハンを一気に平らげるので、置きゴハンが出来ず、夕飯、翌朝食は我慢してもらうことになるのだが、「大丈夫、最近、ワビ・サヴィは2食分くらいの脂肪を蓄えてるから・・・」と決め付ける。

ふふふ、ワビ・サヴィを太らせておいてから、今度はどこへ行こうか?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« ケチケチ旅行のすすめ 平湯温泉編2 | トップページ | ねぇさんの理科実験10 クローゼットにStollen »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735215

この記事へのトラックバック一覧です: ケチケチ旅行のすすめ 平湯温泉・こぼれ話:

« ケチケチ旅行のすすめ 平湯温泉編2 | トップページ | ねぇさんの理科実験10 クローゼットにStollen »