« お伊勢さん(2)美味し国の美味しものレポ | トップページ | 猫2匹、絶叫す! »

2009年11月12日 (木)

ねぇさんの理科実験9 庫内整理で酵母パン

「ちょっと、ワビ。ねぇさんが性懲りもなく理科実験を始めたわよ。なんか、ヤバそうだから逃げた方が良いんじゃ?」

「実験?面白そうじゃないの。私、助手にしてもらおうかしら?それより食べ物落ちてない?」

Wasavvy18

相変わらず冷蔵庫には次々と消費期限の迫るものが増えていく。野菜室には2週間前に買ったグレープフルーツがまだ4,5個残っている。果物は他にもあるので、一度には食べられない。と、ふと思い出したのが、果物で作る酵母。やったことがないけど、どんな風になるんだろうと、実験開始。

Kobo1  Kobo2  Kobo3
  Kobo4 元種3回発酵の予定が、待ちきれず2回でパン作り開始

(1)煮沸消毒した瓶に、皮を剥いて適度にばらしたグレープフルーツ(ルビー)1個分に、適当に水を入れ、はちみつ小さじ1を投入し蓋をして放置。 無農薬だったら、皮ごとくし切りにしていれるんだが、どう見ても農薬ついてるし。

(2)2日間、なんだか濁ったままの瓶を見て、早くも諦めモード。一応、蓋開けて空気入れたり揺すったり。
4日目、すでに忘れかけていたところ、瓶の中のグレープフルーツはプカリと浮き上がり、発泡している。瓶を開け、プシュッという音と、微かにワインっぽい匂いがするので、一気にテンションがあがる。
5日目、瓶下に白い澱が溜まっており、フルーツもカスカスした感じなので、ここで濾して液種を冷蔵庫へ。

液種、舐めてみたけど、グレープフルーツの苦味もあってか、炭酸の抜けたビールみたい。冷蔵庫に入れて2日目に匂いを嗅ぐと、酸っぱくなったワインのような匂いがする。これ、もしかして酢になりかけてるのか?初めて酵母を作るので、よく分からない。

(3)とりあえず、中種法でパンを作るべく、寝る前に酵母液と強力粉1:1でよく混ぜて発酵させることに。室温22度くらいだから、6時間後の朝、1.5倍くらいにしか膨らんでいない。出勤するまでの1時間、オーブンの発酵機能で2倍までにする。本当は3~4倍が望ましいようだけど、タイム・アップ。冷蔵庫に入れて出勤。

(4)冷蔵庫から出した元種を舐めてみると、舌がピリピリするし、少々酸っぱい気がする。ああ、いい加減な発酵のせい?ネットで調べてみると、こういう状況の場合は失敗だとか、パンを焼いても酸っぱいという経験談が。うーーん、発酵してるんだから多少酸っぱいのは良いとして、どの酸っぱさが失敗なのか分からん(と自棄になる)。

(5)ダメ元で2回目の元種発酵。また1:1の液と強力粉で。オーブン発酵機能で約2、3時間で2.5倍に。冷蔵庫に入れて休める。

(6)仕事のない今日、冷蔵庫の元種を舐めてみる。ピリ感はなく、昨日より酸っぱくない・・?元種の量もこれ以上増えてもと思い3回目の発酵を止めてパン作り開始。(強力粉200g、元種100g、微温湯115cc、砂糖20g、バター10g、塩6g、はちみつ少々) 

捏ね終えたパン種、やっぱり酸っぱいんじゃないかとを恐る恐る食べてみた。あれっ?甘い。しかも焼いてないけど、美味しい?と、ついつい千切って食べてしまう。
以前、何の番組だったかイタリアの田舎街で、何十年もパン種を継ぎながら家族のパンを1週間分づつ焼いている女性のことを紹介していた。彼女のパンは焼いてから日が経っても固くならず、街でも美味しいと評判。パン作りをする作業室におじいさんが見にくるのだが、捏ねている生地が好物らしく、つまみぐいする。そのとき、えーーっと思ったが、じぃさんの気持ちがわかるくらい、ほんのり甘くて美味しい。

Kobo5しかし、パンたるや、膨らまなくては意味がない。1次発酵では順調に2倍に。成形はシンプルに丸で、中心を菜ばしで押さえた。2次発酵で2倍に、と、この時点で中央の凹が消えている。まっ、膨らんだってことだからと、気にせずオーブンに入れて焼き上がりを待つ。

出来上がると、ちょうど、にぃさん帰宅。夕食前に腹が空いたと五月蝿いので、焼きあがったパンを試食することに。
「!」私がこれまでドライイーストで作ってきたパンは何だったんだ!いろんな人が自家製酵母でパンを焼きたがるのがよく分かる。スーパーで買った安い粉とは思えないほど上出来。やさしい酵母の味が美味しい!
絶対に失敗だと諦めずに元種を捨てなくて良かった。

と、ここまで書けば、成功したんだと思われるかもしれないが、実は・・・。
また、乾燥を防ぐための布巾が生地につき、はがして表面がぼこぼこになり・・・、そして、生地には強力粉をまぶしてパラフィン紙の上に乗せてオーブンに入れたのだが、(霧吹きのせい?)べったり底に紙が張り付いて取れず。おまけに我が家のオーブンは小さいので、予想通り、パンが焼くうちにくっつき、丸パンのはずが、形の歪な「お尻合いパン」になってしまった・・・。はぁ・・・。

Kobowabi「ねぇさん、実験は失敗じゃなけど、さらなる研究と経験、それに”学習”が必要よ。きれいな丸パンを作りたいなら、私を見習いなさい! どぉよ、この丸さ!」

グレープフルーツの酵母液がまだ残っている。管理すれば1ヶ月は持つらしいが、ちょっと酸っぱくなりかけている。そういえば・・・あんまり甘くない柿が残っているし、グレープフルーツの酵母を少しだけ足して、柿の酵母を起こしてみようか。

酵母パン作りは、発酵の具合に目が離せないし、時間がないと出来ない。今日も溜まった家事の片付けと同時に、半日以上かけての作業。

「**さま、今日、1時半からご来店のはずでしたが・・・」と、夕方、美容室からTELあり。
あっ、すっかり忘れてた!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« お伊勢さん(2)美味し国の美味しものレポ | トップページ | 猫2匹、絶叫す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735227

この記事へのトラックバック一覧です: ねぇさんの理科実験9 庫内整理で酵母パン:

« お伊勢さん(2)美味し国の美味しものレポ | トップページ | 猫2匹、絶叫す! »