« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月1日 - 2009年2月7日

2009年2月 7日 (土)

リメイクバッグ、生後半年の猫1匹くらいなら入ります。

にぃさんが会社に持って行く1Lのアルミボトル(水筒)が入る手頃なバッグがないと、ずーっとボヤいていたので、「もう着ない」と言ったジーンズで、リメイクのトートバッグを作ってみた。

メンズのブーツカットジーンズの半分くらいの長さのところでザクっと切る。
和になった縫い目の一方だけをハサミで切り開くと、左右二本で2枚になる。
長方形が一番大きく取れる寸法で切り、持ち手を縫いつけてから2枚を中表で縫い合わせ、底の部分のマチを適当に縫えば出来上がり・・・なのだが、厚手のジーンズ、家庭用ミシンでは布の折り返し部分なんて、かなり強引。針1本折れましたよ。

縫製の粗さは「手作りだから」と目をつむってもらおう。残したジーンズの縫い目がいい具合のアクセントに。

Remakebag

幅30cm(上部をのばすと40cm)×高さ20cm×幅10cm

「もしかして、猫ちゃんの刺繍でもしてくれるの?」と、アラフォー男あるまじき発言。
幼稚園児が入園をひかえ、お母さんにバッグを作ってもらうわけじゃないんだから、渋く行かないと!
というわけで、最近、にぃさんが好んで着ている藍染のTシャツや上着にしてある、ブランドの落款風ロゴマークを真似して、にぃさんの名前の一文字を刺繍してみた。

(編んだことないが)イニシャル入りのセーター編むぐらい気恥ずかしい・・・。

当初、想定したよりも多くのものが入る。
生後6ヶ月のワビなら楽々入るし、サヴィでもコンパクトに収まりそう。

あっ、用途はアルミボトル入れだった・・・。猫を入れて会社に行く男などは見たくない・・・な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

「猫毛」が羨ましい・・・。

昨日2月4日は私の誕生日。
小さい頃から、1日早く、(閏年には当日)節分の豆まきと一緒にされ、歳の数のBDケーキのローソクの代わりに、豆の数が毎年1個増える・・・という有りがたくもなんともない日であった。

昨晩は、お腹が痛くて食べる気もせず、宅配のピザを適当に食べて寝る、そんな誕生日。思えば、大事な日はいつも体調の悪い私。

小学校の遠足の最中に風疹になり、友人が一斉に私の周りから消えた。
学芸会の本番中、舞台で準主役級の役を演じる私は蕁麻疹が出て、舞台の袖から「わ、**の顔、ボツボツ!」という声が漏れ聞こえ、台詞も吹っ飛ぶ。
新婚旅行の当日、体中にヒドイ蕁麻疹。なんとか耐えて旅行を楽しむも、帰りの飛行機で高熱にうなされる。

楽しく過ごすはずの日がいつも台無しなのだ。

とりあえず、「誕生日会」は週末に延期し、腹痛も治った今日は重い気分を吹き飛ばすため髪を切ってきた。
最近は、ずっとショートボブなのだが、いつも襟足を長く残され気にいらない。

「髪のコシが強いし、短くすると、浮いちゃいますよーー?いっそ、刈り上げますーー?」と美容室のおねえさんに言われ、「やっちゃってください!」と、短い襟足にしてもらった。

Kariage私のうなじの毛の生え方は、左右が長めに生えていて、中央が高い位置にある。(丁度、←のワビの後頭部の模様みたいな感じの生え方。)

後頭部に丸みを綺麗に出すために中央の高さにあわせ、左右を調節すると、どうしても襟足をジョリってやらなきゃいけない。

「やっぱりこれくらいだと、シルエットが綺麗ですよ」と、鏡を当てられた後頭部。

仕上がり(シルエット)は私好み。でも、ちょっぴり刈り上げ=襟足がジョリっている・・・。

ああー、柔らかい猫毛だったら、刈り上げても襟足がセクスィーなんだろーなーー。

自分の襟足とワビの模様の下の部分を交互に撫でながら、つくづく猫毛を羨ましく思う。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

不況下、生活を見直す。

仕事から帰った私に、すでに帰宅していたにぃさんが開口一番「悲しいお知らせです」と発した。

不況に大きく煽られ、会社が残業代を出さないと決定したらしいのだ。この状況だから、数ヶ月などという短期間ではなさそうだし、来夏のボーナスもカットが必至であろう。残業手当の1ヶ月分の額を聞いたら、結構大きいものだ。にぃさんの小遣いが減るのは仕方ないとして、家計にも大きく響く。

しかし世間では仕事や住むところを失った人達もいるのだから、仕事があり、お給料いただけるだけでも感謝すべきことである。

良い機会だから、最近の我が家のお金の使い方について考えてみる。
まず、エンゲル係数が高いことに気がつく。特に外食での出費が高い(決して、高級な店で贅沢三昧しているわけではないが・・・)。
出費を抑える1つの方法として「足るを知る」というスタイルも大事だが、「美味しい」を楽しく我慢することなく、続けるとなると・・・自分の腕を磨く(=自分で美味しいものをが作れるようになる)・・ということになるか。

Bread2それなら身近なところから、まずは朝食に美味しいパンを!である。
(以下、パンに興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

美味しくない朝食パンから始まる一日は味気ないので、少々高くても美味しいパン屋で購入したいが、毎日となると結構な出費である。
以前から気が向けばパンは作っていたが、所詮、素人のパン(=焼き立てなら美味しいレベル)。
これからは「楽しく、美味しく、できるだけ安価に」をモットーに時間が経っても美味しい朝食パンを極めようか!

最近、頻繁に作っているカイザー・ゼンメル。材料もシンプルだが副食材に合わせやすく、極めれば、かなり作り甲斐がある(と思っている)。
パン作りは教わったことがないので、いろんな人のパン作りのレシピや基本を参考に手探りで作っている。パンの出来は、これまで美味しいと思ったパン屋のゼンメルに、どれだけ近いかで評価する。
自分好みの材料配合は見つけたものの、まだ満足のできる段階にはほど遠い。
特に、クラウンの形。
私が目指すのは、型押しを使わず手成型で美しいフォルムを出すこと。
(オーストリアでは手成型のゼンメルの方が高値で売られているという、どなたかのコメントを見て、俄然、手成型にこだわっている。)
写真と解説だけでは成型の仕方がイマイチ分からなかったのだが、しつこくググっていたら、You Tubeに投稿された"The right way to shape kaiser roll"を発見!
貫禄のあるオバちゃん(オジちゃん?)が生地をバンバン叩きながら何度も手成型をデモンストレーションしており、画質が良くないものの、これまで得た知識とあわせてみると、「なるほど!」なのである。
で、さっそくやってみたものの、写真のような出来栄え・・・(;´д`)トホホ…。

5”等分”っていうのが難しいし、職人のように上下ひっくり返して二次発酵させると、形が潰れ、焼いてもくっきりとした形が出ない。上下をひっくり返さないと、中央から「花開いた」状態だし、綴じ目が「だらしない」。

修行が足りんなぁ。

しかし「美味しい」が持続する日数が長くなったので、パン作りの回数を減らしても2人分の毎日の朝食がまかなえる。
もちろん時間と労力は必要だし、パンを手作りにしたからといって、家計に大きく影響するとは言えないが、ストレス発散にもなるし、何よりもカイザー・ゼンメル作りのマイスターを目指す気分で楽しんでいるので、それで良いのである。

さてさて、お金の使い方の見直しは、食費以外のことでも必要だが、猫達が健康に過ごせる生活のクオリティーを保つための費用だけは、にぃさんの小遣いを減らしても死守すべきである(病気になったら高い医療費払うことになりますからねーー)。

猫達が元気でいてくれることで、私達がどんだけ癒され、元気になれるか・・・。

(強引なパラボラ星猫にタジタジの地球猫)
Wasavvy5

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »