« 石は流れないのか? | トップページ | 退院、これからが大変なのだっ! »

2010年7月 5日 (月)

入院で人見知り解消?

腎不全と診断が下って緊急入院4日目のサヴィ。
私も出勤日で、折れそうな心と、ざわつく胃を騙しつつ、また、同僚からの暖かい言葉を安定剤に仕事する。
にぃさんと、5時半に待ち合わせて面会だ。

先生曰く、途中で点滴が止まってしまい、予定した量が入っていないので血液検査もどうかと思ったけど、してみた(BUN 76→60 Cre 5.3→4.8? 記録紙もらい忘れ)と。

なぬ?点滴が止まっていた? 
マオの時も、「朝病院に来たら点滴が止まっていて・・・」と別の先生に言われたことがある。

サヴィのかかりつけ病院は、先生が皆「通い」だから仕方ないとはいえ・・・患猫を持つ家族としては心穏やかじゃない。「それって、どういうことですかぁ (`Д´)」、と言葉荒げたいところだが、ぐっと堪えて様子を聞くと、ゴハンは朝、昼は食べず、夜には食べるサヴィ。「排尿はしていますか?」と先生に聞くと、それを答えるがごとく、サヴィがいきなりトイレでジョォォォォー!おおーー、出ていることを目の前で証明してくれてるとは!オチッコも出るから、早くここから出してーーと言わんばかりで興奮気味。

Hospitalized2

点滴止まりについて、ちょっとぐぐってみた。すると、点滴保定器具について書いていらっしゃる、獣医師さんのブログ発見。猫の寝る姿勢などで点滴ラインが閉塞→点滴エラーしてしまうことが多く、保定器具を作ったと。ああ、こういうものは積極的に商品化されるべきだ!先生ーー、こういう工夫もしてくれーー。

サヴィ、夜は活発らしい・・・。ということは動いて暴れて点滴ラインがどうかなるのか、やはり腕曲げてチューブ圧迫してるんか?いずれにしても、血液検査で大きな変化がない今日。

あさって水曜日午後で、静脈点滴の入院はキリをつけ、今後のことについて方針を決めていくことになった。検査の結果が思わしくない値で安定していたら、それはそれで受け止める。サヴィの入院のストレスを考えると、下がるものも下がらない。マオで経験済みだ。

にぃさんとため息つきながら帰宅すると、すでに家のPCメール宛に今日のサヴィの入院中動画が送信されてあった。コメントには、「サヴィちゃん、少し慣れてくれたようで、さすると喜んでくれます」とある。

動画を開くと、ニャーニャー言いながら先生の手(?)に頭を擦り付けている。

我が家では来客があると幻と化す猫が、入院中に人見知り克服か?我々が面会に行った時の興奮のしように、「そっか、そっか」と親馬鹿気分でいたのに、先生にもゴロスリするなんて・・・妬けるな・・・。

でも、入院で怯えてぐったりしているわけでないし、今後、治療続けていくので、それは良いことだ。

明後日まで気持ちを落ち着かせて、少しでも寝ておこう。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 石は流れないのか? | トップページ | 退院、これからが大変なのだっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735048

この記事へのトラックバック一覧です: 入院で人見知り解消?:

« 石は流れないのか? | トップページ | 退院、これからが大変なのだっ! »