« 一粒一粒、数えながら | トップページ | エナジーチャージ! »

2010年7月10日 (土)

1コブラクダに、ブラック・キャビア

Wabifine31ワビでーす。
サヴィねぇたん、調子悪そうで、何だか、私まで緊張してます。

サヴィが退院して、我々のサヴィへの看護を訝しげに眺めるワビ。「何度もゴハンをもらう」姉さん猫に対して、腎臓ケア食の置きゴハンを食べようとして怒られる妹は、ただならぬ事態だけは理解しているようだ。
できるだけワビを撫でてやり、マタタビおやつでナダメ/スカシてご機嫌を取ってやらねば、ワビまでおかしくなってしまう。

退院から3日目、最初の皮下輸液を入れてもらい、これからは3日おきに輸液、10日後くらいに血液検査予定。
体重3.7kg、左の腎臓は触診では腫れている=尿管の石は詰ったまま
食欲は相変わらず無いので、必要摂取量の1割弱が自力で、5割を強制で維持していること、嗜好の問題で食べないかもしれないので、引き続き、いろいろ試してみる旨、先生に伝える。

輸液200ml 注入中、じっと目を閉じて震えて我慢のサヴィ。立派なコブが背中にできて、ヒトコブラクダに変身!お会計までの間に輸液が漏れる coldsweats02

「今は液玉が大きいけど、落ち着いてくれば漏れないから大丈夫」と。家に着いて、立ち上がった姿勢になった時に、ダダーっと漏れ、にぃさんが大声を上げる ←凸(`Д´メ) オマエは落ち着かんかい !
結局、40mlくらい漏れたけど、今はおさまっている(水も飲んでいるし)。

輸液後、急な嘔吐や異変がなければ、次回は水曜日だ。お薬を30日分出してもらう。

腎不全の猫さん看病している人にはお馴染みだが、悪いものを吸着して便として出すための吸着活性炭(コバルジン)。ゴハン時に、日に2回は与えなくてはいけない。餌にまぶして食べてくれれば良いが、微小粒で無味無臭とはいえ、口の中でジャリジャリしそう。餌に混ぜると時間とともに効果が薄れるので、食べてくれなかったらアウト。確実に与えるために、

 *水に沈めてスポイトで吸い、スポイトの出口に沈殿させてから口の横から垂らす(水分少ないと喉にひっかかかり、オェーーってなるので注意!一気に大量にはできない)
 *腎臓ケア食はカロリー高くするための油分のせいか、ドライに意外と絡む。数粒に万遍なく絡めて、錠剤の要領で口に放り込む。

「高級ブラック・キャビアでございます。」って言いながらサヴィの口に運ぶも、キャビアすら知らない猫なので、騙されてくれないわ。


お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 一粒一粒、数えながら | トップページ | エナジーチャージ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48735044

この記事へのトラックバック一覧です: 1コブラクダに、ブラック・キャビア:

« 一粒一粒、数えながら | トップページ | エナジーチャージ! »