« 輸液、一時止めてみる。 | トップページ | ほにゃらら中毒(2) »

2010年9月18日 (土)

ほにゃらら中毒(1)

本日、にぃさんの実家で過酷労働あり。母上は足が悪いため、住まいの庭は手入れされず荒れ放題。モノグサなにぃさんは、雑草も見てみぬふり。鬼嫁である私も都合の悪いことには口を出さない。家の庭木の枝が、狭い公道にはみ出していることで、ご近所さんから切って欲しいと言われ、ようやく夫婦で重い腰を上げた。

Bansoko家庭用電動ノコギリで、無謀にも3m以上にもなろう2本の樹木を切り倒すにぃさん。倒した木をそのままにしておくと、ご近所さんが「シロアリが巣食う」と文句を言うらしいので、枝をはらって、可燃ごみの袋に入るようカットするのが私の仕事。順調に作業が進んでたかと思っていたら、油断した隙に、にぃさんは電動ノコで指先を軽くスライスしたらしい → 即刻、作業「戦力外」となる。

アンタッ!ナニヤッテンノサッ! o(゚Д゚)っ

負傷者を鬼嫁は容赦なくコキ使う。息子かわいい母上は、心穏やかではなかろう。( ̄ー ̄)ニヤリ

それでも作業を半ばあきらめ、帰宅途中に薬局へ寄った。小さいな消毒液と絆創膏をレジへ持っていったら、お会計が、千数百円を越えていた。なぬっ?消毒液は300円くらいだし、高級絆創膏か?マーキュロ・・・マーキュリー・・・水銀・・・赤い・・・、赤チン絆創膏・・!随分前に「水銀中毒になる」との風評で薬局から姿を消していた赤チン。こんな形で再会するとは。しかし、箱をよく見ず、66枚入りを買ってしまった。

とりあえず、フィット感もよろしく、防水ってところが気に入った負傷者。でも、念のため、赤チンの成分である、マーキュロクロムを、厚生労働省の医薬品のリスク云々の資料で見てみると、「長期、広範囲に使用で水銀中毒が起こること有り」とある。66枚を一人の男の指先で連続して使い続けると、どうなるのであろうか。

((・(ェ)・;))ウーム。 

商品化されている時点で、間違った使い方をしなければ問題はなかろう。

しかし間違っても、ワ・サヴィが口にせぬよう、厳重注意だっ。


|

« 輸液、一時止めてみる。 | トップページ | ほにゃらら中毒(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734973

この記事へのトラックバック一覧です: ほにゃらら中毒(1):

« 輸液、一時止めてみる。 | トップページ | ほにゃらら中毒(2) »