« 腎不全診断から4ヵ月後の経過 | トップページ | 猫、造形作家になる(3)。 »

2010年11月13日 (土)

また悩む、猫にワクチン。

今日はワビのワクチン接種日でもあったので、記事追加。
キャリーケースに入れられたワビは、”オッサンがえづいて”いるようにオェェェ、オェェーと泣きわめきながら病院へ連れて行かれた。不憫な子だ。

体重 4.4kg だったらしい  (ノ∀`)・゚・。 アチャー、これ以上太らせないようにせねば。

Wabifine38_29月にサヴィにワクチン接種させるかどうか迷い、ネットでいろいろワクチンについてググっていたところ、ワクチン接種について考えさせられるようになった。
一つは、もちろん、慢性腎不全の子にワクチンを接種させて良いのかどうかということ。副作用や腎臓への影響を考えると、接種は悩むところなのだ(結局は接種させたのだが・・・。)
そのほかには、

*ワクチンの効果が期待できる年数 → 接種2,3年に1回で良いのでは?  
とか、
*ワクチンでガン発生のリスク → 不活性ワクチンに添加されている成分(アジュバント:体内に抗原体を広く行渡らせるための成分)が肉腫を誘発するリスクがあるというもの。
不活性ワクチンの場合、接種部位に肉腫が出来るリスクを考え、できた時に切除(場合によって切断)しやすい部位を選ぶ・・・とか。 ((・(ェ)・;))シラナカッタ。

私はこれまで何の疑いもなくワクチン接種を毎年猫達に受けさせてきた。ワクチンも3~7種の混合があるくらいは分かっていたが、どの製薬会社で、「活性/不活性ワクチン」のどちらかなんて気にもしてこなかった。

ご存知の人も多いだろうが
活性(生)ワクチン=弱毒性の生きたワクチン →副作用が大きいとされ、効果は長い。
不活性ワクチン=ウィルスを化学薬品等で死滅させるが抗原性を保つ →副作用が小さいとされる。効果が短い

というのが基本的なワクチンの特徴だが、接種を受ける猫の健康状態などによって、双方のワクチンのメリットがデメリットにもなろう。 そして何よりも獣医師がワクチンについてどのように考え、飼い主の疑問やリクエストに耳を傾けてくれるかだ。

ちなみに、サヴィ・ワビも3種混合ワクチンはファイザー製薬のFelocell CVR(活性ワクチン)だ。これまで副作用も出ず問題はないが、特に腎不全のサヴィには要注意だ。

ワビ、病院から帰ってから人間にピッタリくっついている。
ちなみにワビがどの部位に注射されたか、にぃさんに確認するも、「どこだっけ?」と心もとない。

凸(`Д´メ) シッカリ、ミトカンカイ!

そんなワビの"でん部"のニオイを嗅いだサヴィが、「ギニャー」と叫ぶ。
・・・そこなのか、接種箇所は!?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ


|

« 腎不全診断から4ヵ月後の経過 | トップページ | 猫、造形作家になる(3)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734929

この記事へのトラックバック一覧です: また悩む、猫にワクチン。:

« 腎不全診断から4ヵ月後の経過 | トップページ | 猫、造形作家になる(3)。 »