« 猫をどうやって温めよう? | トップページ | 腎不全診断から4ヵ月後の経過 »

2010年11月10日 (水)

ブログ上の落書きは・・・

Wacom私がブログに時々載せているヘタクソな落書きを見て、「何で描いているですか?」と興味を持って質問してくださる方々がいる。特に何・・・ということはなく、10年くらい前に購入したWACOM社製のペンタブレットで、それに付随していたソフト、Painter Classicで描いる。

PCを使わずして、紙上に絵の具やペンで描くということは、失敗が許されない緊張感がつきまとう。しかし、上手く描けた時、偶然、予期せぬ表現ができた時の感動はこの上ない。そして何よりも、世界に1点しか存在しない絵となる喜びも味わえる。

PCを使って作画することは、失敗してもやり直しがきく気安さと、完成後の作品用途の幅が広がる利点がある。

いずれにしても、その材料、素材、あるいは機能を使いこなしていかないと上達はありえない。

Collection_4ペンタブレットを購入後、手描きの落書きとさほど変わらない出来栄えが気に入って、少しずつ書き溜めた落書きがある。何か作品をつくるための下地を”Collection”しているようなものなのだが、専門的にグラフィック・デザインを習ったわけでもなく、使い慣れた機能で、同じようなタッチ、色使いに発展がない・・・。恐ろしく古いVersionのドローイングソフトだって、かなりの道具機能があるのだから、もっと試してみなくてはと思っている。

さて、前述の下地の”Collection”であるが、以前に参加していたイラスト・絵本サークルの作品展に、絵本の一つのスタイルを(偉そうに・・・)提唱する目的で出品した。絵葉書大で書きとめた絵に文を添えて、延長可能な写真アルバム用のビスで留めただけのもの。絵本を描くとなると、テーマがどう、構成がどうと難しく考えてしまって、なかなか始まらない。しかし、落書きしているうちに、なんだかどんどんストーリーが展開していくこともある。日常に見たこと、感じたことを素直に書き留めると、テーマを持って集めていなくても、おのずと自分の興味がCollectionされていく。そして絵本のネタ帳となると同時に「私」というテーマのエンドレス絵本が出来上がるというもの。

ズブのド素人が、ヘタクソな作品で自己満足の世界を作っているだけなのだが!

*Collectionの一部を整理してフォト・アルバムにしてみました。
 (左インデックスフィールド上部 COLLECTION から見ることができます。)

|

« 猫をどうやって温めよう? | トップページ | 腎不全診断から4ヵ月後の経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734934

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ上の落書きは・・・:

« 猫をどうやって温めよう? | トップページ | 腎不全診断から4ヵ月後の経過 »