« 妹猫の傷は、姉猫の仕業 | トップページ | すすまぬゴハン »

2010年12月23日 (木)

女性専用車両

地下鉄など、通勤時間帯によって女性専用車両が設けられている。痴漢被害防止、痴漢に間違えられる冤罪防止など、利点も多いのだが、時々、男性が気の毒に思う場面がある。

Womenonly_2

女子大のある駅で電車が停車する時によく見かける光景だが、「ここは女性車両ですから他の車両に移ってください」と、駅員が気がつかずに乗っている男性達を追い立てている。乗降の30秒ほどの時間だから、駅員さんはかなりの勢いで車両に入って来る。
気がつかずに乗っている男性にとっては、何だかよく分からないが、すごくイケナイ事をして注意されているような表情で逃げるように立ち去り、トドメとして女性達が冷ややかな視線で突き刺さす。車両を移動するだけでなく、「この電車に乗ってはいけない」と思ってか、電車を降りて、出発する電車を気まずそうに見送る男性も複数目撃してきた。まぁ注意して車両に乗れば良いではないかと言えるのだが。

ちなみに私は女性専用車両の時間帯では極力専用車両に乗るようにしている。痴漢を心配する女子ではないのに?って?

ウッセー! ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

それは他の車両に乗らざるを得ない男性へのささやかな空間提供のためにである。要らぬ気遣いか。

男性側はどうなんだろう?「女性専用車両があるなら、そっち乗れよ!」とか、「男性専用車両も作ってくれ!」と思う人はいないんだろうか。

そもそも、こういう区別をしなくてはいけない原因である痴漢行為を無くすことが第一なのだ。

|

« 妹猫の傷は、姉猫の仕業 | トップページ | すすまぬゴハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734897

この記事へのトラックバック一覧です: 女性専用車両:

« 妹猫の傷は、姉猫の仕業 | トップページ | すすまぬゴハン »