« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年5月30日 - 2010年6月5日

2010年6月 5日 (土)

トマトのソフトクリーム!

明日から猫様祭りというのに・・・他にちょっと作りたいものがあり、その材料となる木材を探しに、休みを取ったにぃさんと、岐阜方面へ(またか!)車を走らせた。
行き先は、地域の94%が山という、岐阜県の加子母。中津川と下呂の間に位置し、木曽ヒノキ(伊勢神宮式年遷宮の御用材を育てる)備林があるように、良質なヒノキが育つ地である。

Kashimo1このあたりは、母の在所に近いこともあり、行きやすい場所であるが、下呂への国道257線を行く途中の地でもあり、特に立ち寄ることもなかった。
土日でなくとも朝9時までに中央道に乗れば、ETC通勤割引で高速料金も千円だ。せっかだからと、二食分以上を脂肪として備蓄している猫娘達を留守番させ下呂で一泊することにし、行く途中の加子母散策をしてみることに。

Ilfiole

ランチをどこかで、と、ネットでヒットしたイタリア料理の「IL FIOLE」さんへ。地元の野菜を取り入れた自家製料理に取り組んでいるという。
のどかな畑と山に囲まれ、改装された静かな古民家で、玉葱とカリフラワーのズッパ、パスタ(+にぃさんは、地鶏のロースト)を頂く(画像が暗くなってしまったが、もっと色艶よろし)。加子母はトマトの産地でもあるので、私はトマトのボロネーゼのパスタを選んだが、甘さと酸味がちょうど良く、とても美味しかった!

Kashimo2中津川ICを降り、下呂へ向かうR257沿いは、今、ブーム(?)の道の駅、産直市場や、今回の目的である木材を探すモクモクセンターがある。それらを覗きながら、樹齢千年以上の加子母大杉など、レストランでもらった加子母MAPを見ながら寄ってみた。

加子母の道の駅で「トマトのソフトクリーム」を発見!これがちゃんとトマト味を残し、濃厚なミルクと良くマッチしてGood!リピしようと帰路でも寄ったが、注文後、機械が不調らしく、待っている間、甘くて美味しいトマト・ジュースをサービスしてくださった。結局、「残念ながら作れない」と、お店のお兄さん、深々と頭をお下げになり、濃厚なミルクソフトをサービスしてくださった。いえいえ、こちらが恐縮・・・、また次回に!

さて、下呂でのお宿は、昨年父と行った湯之島館。前回80歳前のじぃさんとは出来なかった「卓球温泉」に興じ、風情のある七宝泉(家族風呂の一つ)にも入ってみた。

このお宿、情緒があって、ノンビリ出来て、お湯は最高。高台の森の中にあり、部屋からは、窓に広がる庭の木々を、行ったり来たりする数種の鳥を探して楽しめる。

ただ、「ありがちな温泉宿スタイル」なお食事をもう少し工夫して欲しい・・・と感じてしまう。良いお宿なので頑張っていただきたい。

さて、冒頭で書いた木の材料、いいものが見つかった。それについては、また、後日レポしてみたい。
加子母MAPのイラストは、ハイカラ猫さんの作品展にも出品なさっていた方によるもの。いつも出品なさる猫のマトリョーシカの素朴なテイストがイラストにも!素敵です。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

囚われの薔薇

Rose101先週、岐阜県可児市の花フェスタ記念公園へ行ってきた。
天気も良く、最盛期を迎えたバラの華々しさ、芳しさで、鬱々としていた気分も一時的に晴れやかに。

2年前、David Austinのイングリッシュ・ローズの「ローズ・マリー」を買ったのだが、株はちょっとずつ大きくなるも、お世話係りがサボり、この春、1個しか蕾がつかなかった。それも途中で開かず。
同時期に買ったPierre de Ronsardは、エイリアンに根っこをゴボウのようにされ、葉は落ち、瀕死の状態。ダメ元で植え替え、枝も切り詰め、乾燥しない程度に水遣りするとき、メネデールだけを薄めてやって、様子を見ているところだ。
Rose102瀕死の状態だと、なんだか栄養をたっぷりと与えたいところだが、それとは反対に、余分なものを与えずに自分で頑張って根っこを伸ばすのを、じっと見守るしかない。
植え替えてから10日、株元に芽が展開crying あーあー、なんて強い生命力でしょーー!

さて、花フェスでは、もう、バラは買わないぞ、と思っていたのだが、行くと欲しくなる。2本の薔薇もろくに面倒を見ることができないのに・・・。
結局、Delbard社の、ジュリエット・グレコさんをお買い上げ。

グレープフルーツ、アニスのような強香を放つ淡いクリーム色の薔薇は、今も現役のシャンソン歌手、ジュリエット・グレコの名を持ち、"Je suis comme je suis"(=私は、私)と、渋く歌ってくれそう。

他の2鉢の薔薇とともに、我が家のテラスで囚われの身となったグレコさん、どんな歌を聞かせてくれるのでしょう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »