« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

2010年8月8日 - 2010年8月14日

2010年8月11日 (水)

カニカニ?

先日、帰宅するとにぃさんが怒った口調で電話をしている。電話の相手はにぃさんの母上。どうやら知らない輩から、12000円もするカニ(しかも味見だそうだ)が母上の所に「着払い」で送られることになっているらしく、相談の電話らしい。 

Kanikani

そりゃ、電話勧誘によるカニカニ詐欺ってやつでしょうよ。(ノ∀`) アチャー  どこからか、個人情報はしっかり漏れておるようだ。

下手な対応をしてもと、にぃさんに生活消費者センターへ電話するよう促す。
つい2,3年前に、この手の詐欺が多かったようだが、また最近、件数が増えているらしい。以前は、生鮮品食品のクーリングオフができず、強引な勧誘販売であきらめざるを得ないケースが多かったようだが、現在は「3000円を越える生鮮食品についてもクーリングオフの対象となる」と生活消費者センターで教えてもらった。あとは、荷物が届いても決して受け取らず、業者名と連絡先をひかえておくようにアドバイスを受けた。

そんな母上の息子であるにぃさん、結婚した当初、サムライ商法に引っ掛かりそうになった。(後に調べたところ)難易度が高くない、実際に取得できる国家資格受験を勧められ、口頭で受験対策コース受講の契約をしたことになっており、15万円の受講料を迫られたのだ。ビビったにぃさん、団体からのしつこい電話を回避するために、自宅の電話番号変えようかなと弱気。

こんなとき、私は俄然、燃える性質。相手がぶっきらぼうな口調であろうが関係ない。
「電話番号変えるなんて許さない」と、弱気なにぃさんを叱り飛ばし、その怪しげな団体が謳い文句としてあげる「**省庁後援のもと」という部分の裏取りに、関係省庁へ電話を入れ、事実無根という回答をもとに、あらゆる角度から攻め入り、契約しないことを明確にする内容証明郵便を送った。その後、団体からは連絡がない。懐かしいなぁ。

母上の場合、聞かなくても良い話をご丁寧に聞いて、半ば強引にカニを送られる状況になった。
にぃさんの場合、仕事中、うっとおしいので、いい加減な返事をして、口頭で受講契約したことになっていた。

ちなみに私は、「奥様でいらっしゃいますか?」と聞いてくる電話が大嫌い。不機嫌の時にかかってきたソレに「いいえ、愛人ですが、何か?」と応えたことがある。一瞬の沈黙の後、「失礼しました」と電話が切れたが。

カニカニは、商品受取り拒否したら、たぶん送ってきた輩から電話がかかってくるだろう。なんて言ってくるか、私としては「楽しみ」だ(by 鬼嫁  (´艸`)プププ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

パラボラ、リターンズ!(動画あり)

帰ってきた、パラボラ星猫・・・。
サヴィの不調が発覚する前、ワビは我が家の心配の中心だった。そう、耳~顔を痒がり、ステロイド内服で痒みが治まったのでパラボラを外した。つい5日ほど前から、何となくワビの右目周辺が赤くなっている。そして、サヴィの食事を凝視しながらも前脚でその右目周辺をしきりに擦る。

Prabora4

慌ててパラボラを装着し、赤味がひいたところで外してやったのだが、途端に今度は首をバリバリと掻き傷を作ってしまったので、にぃさんと病院へ連れて行く。(1ヶ月前は1週間のステロイド内服で治まった。)

今回、まず、先生からこんな質問が・・・。  「強い日光を浴びているということはないですか?」
2週間前のブログで、「ワビが照りつける太陽を浴びて寝ている」と書いたところだ。「そんなこともありましたが、頻繁に、長時間、というようなことはありません」と答える。

初夏~夏という季節性の症状として、特に毛色の薄い猫が強い日光(紫外線)の影響で耳や顔にを炎症を起こすというのだ。

痒みが何によって起こるかわからないので、最近、酵素入り歯磨きペーストを歯に塗ったこと、サヴィの療法食のおこぼれを食べたこと、室内に蚊がいたことがあるということを告げると、口に入るものに関しては、食物アレルギーなど、1つのフードを長い期間食べ続けて出るものが多く、つい最近食べたもので「じんましん」として出ることはあっても、今のワビの状況では「じんましん」ではないと。蚊についても、症状や、今回、掻いた部分(首)を刺す確率はものすごく低いと思われると。
目の周辺の痒みについて、結膜を診てもらうと、右が左に比べてちょっと赤いので、とりあえず、前回同様、ステロイドで1週間様子を見ることした。

問題は、ステロイドでおさまって、また痒みが再発した場合の原因探しだ。そのたびにステロイドを使用をするのは(犬に比べて猫の方が低いらしいが)副作用の問題もあり良くない。そのためにも原因を絞っていくしかないので、血液検査、フードによるアレルギーも考えていかなくては。

サヴィがここ2日くらい食欲、元気があり、我が家は明るい雰囲気だったのに、ワビのがションボリした姿で、また我が家には溜息が漏れる・・・。

「(もともとの体質により出る運命にあった病気を)ちゃんとケアしてくれる家だと思って、サヴィもワビもウチに来たんじゃねーのか?」と、にぃさん。珍しくポジティブで、ナイスな発言ではないか?

パラボラ装着されると、おしとやかで「メガ甘えん坊」になるワビ。この暑い中、にぃさんの脇に挟まって寝ないと落ち着けない。私のお腹の上にも乗ってくる・・・。「ものすごく」可愛い性格のパラボラ星猫ではあるが・・・・。

そんなワビ、目の前で指を擦られるのが大っ嫌い。すごい不細工顔で嫌がる。私の指から何か出てるの?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »