« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »

2010年11月21日 - 2010年11月27日

2010年11月25日 (木)

可愛いお願い

寒い季節になり、猫達が布団に潜りこむようになると思い出すことがある。

私が高校1年生の頃、うちには猫がいるとご存知であったご近所のお母さんが、小学2,3年生の息子の頼みを聞いてくれるかと訪ねてみえた。

「ボク、猫ちゃんと一緒の布団で寝てみたい。」

な、なんて可愛いお願いだっ・・・うちの駄猫で良ければと、我が家では二つ返事でそのリクエストに応じることに。
夜、パジャマ持参で家にやって来た男の子の目的は「猫ちゃんと寝る」こと。当時、我が家の猫=2代目シンデレラ(←インデックスのCollectionより、白サバ猫絵を参照されたし)は、毎晩、私のベッドに潜り込んでいたので、彼の願いを叶える役目は私が仰せつかった。

少年とはいえ、女性と一緒の布団に入ることに抵抗はないだろうかなどと、余計な心配をしつつも、小さな弟ができたと思って「どうしよっか、猫ちゃんは、おねえちゃんが寝る布団にもぐってくるけど、**ちゃん、一緒の布団で寝たい?」と聞いてみる。

あっさり「うん」と快諾する男の子。嫌われてなくて良かったと胸を撫で下ろす私。

Request


いつ来るか分からない猫を、二人で緊張しながらベッドの中で待っていると、その意図を察してか、シンデレラは男の子が眠りに落ちる前のベッドへやって来て、見慣れぬ子供を気にするでもなく布団に入ってきた。

「ほらっ、入ってきたよ。ゴロゴロ言っているのは、安心して甘えている証拠。あまり撫で過ぎると出て行っちゃうから、そっと、少しだけね。」と、猫の手懐け方を伝授する。
男の子は時折布団の中の猫の様子を気にしつつも、眠気には勝てず、朝まで「猫ちゃん」とぐっすり眠ったのだ。

翌朝、帰って行った男の子から、猫ちゃんと寝た感想をしっかり聞いた記憶はない。
今思えば、そのお宅では猫を飼うかどうかを躊躇していたのかもしれない。しかし、その後、猫を飼い始めたと聞いたので、このお泊り体験が大きく左右したのだろう。

にしても・・・・可愛すぎるリクエストだった。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

胃の中のコレクション!?

昨日、今日と天気が良く暖かだった。久々にテラスに出てみると、先日、職場の秘密の花園で分けてもらったサフランの花がたくさん咲いている。土に埋めたものはもちろん、入れきれずに出しておいたものからもニョッキニョキ。

Safran


Safran1 Safran2

サフラン・・・1つの球根から複数の花が咲き、複数球あれば、めしべ(柱頭)も結構取れる。じゃぁ、なんで買うとあんなに高いのかと思い、調べてみたら、柱頭を摘み取る時に熟練を必要とし、商品取引するためには、一度に大量の収穫量が必要であるかららしい(Wikipediaで「サフランの取引と利用」より。)
結構、めしべはスポッ、スポッと簡単に抜けるんだけど・・・・。

さて、先日のワビのワクチン接種の際、健康診断を兼ねた血液検査をしてもらい、その結果を取りにクリニックへ。
何の問題もなく、健康優良児のようだ。
ついでに、ワビの布食いについて、主治医に相談してみた。
「遊び感覚でやるなら、布は遠ざける、空腹を満たそうとしているならオヤツをあげたり、とにかく気を他にそらすしかないない」と、やはりこれといった解決策が無いらしい。

ワビの場合、遊び・・・いや、八つ当たりか。布は遠ざけるしかないのだが、それでも食べてしまう場合、何日、いや何週間も体内に異物が留まることはないのか、あるいはその他の身体への害はないのかを聞くと、先生は、棚にあった瓶を取り出した。
Instomac

ヘアゴム、リボン、布の切れ端が、高さ15cmくらいの瓶の中にこんもり入っている。「前の院長が、1匹の猫ちゃんの胃袋から取り除いた中身です。少しずつ食べ、胃に貯めてたみたいですね~」と見せてくれた。

飼い主も知らぬ間に少しずつ食べ、排泄されずに胃に溜まると段々食欲がなくなってくるらしいが、腸を詰まらせた場合、すぐに症状が出るらしい。

先生曰く、大量に食べる、ヒモ状のもの、大きな固い塊を食べるのはもちろんいけないが、ウールにしろ綿にしろ、自然界にあるもので、猫はネズミ(毛)や繊維質のものも食べて排泄しているのだから、少量の綿布地は繊維として排泄されれば、詰まること以外の問題はないと考えてOKと(もちろん、食べさせて良いものではないので、気をつけるしかない)。
女性なんかヘアゴムを置いておくことがあると思うが、猫ってゴム系で遊ぶのが好きで、誤飲するケースもあるだろう。ワビも輪ゴムが落ちていると、目がキラshineつかせ走ってくるからね。

しかし、前の院長先生は約3年前にお辞めになったが、胃を開けたとき、よっぽど衝撃的だったんだろうなぁ。
ワビが先月に食べたゴム紐は一部排泄を確認しているが、まさか、胃の中にコレクションされたまま?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »