« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年2月28日 - 2010年3月6日

2010年3月 6日 (土)

・・・とりあえず、IKEA!

ずーっと行ってみたかった、IKEA。大阪の姪っ子がIKEA大好き娘で、高校の卒業式も終えたので、付き合ってもらうことにした。朝7時に車で名古屋を出発し、休憩しながら10時半に、IKEA鶴浜に。

姪っ子にくっついて、私の姉、義兄も付き合ってくれた。IKEAファミリーの姪っ子は、専ら、友達とIKEAで過ごす時間が多いらしい。平日だとファミリーはドリンク無料らしいし。

広いストア内のショールームを見て、欲しいものに目星をつけ、ひとまず店内レストランでランチ。(食べるのに夢中で、また画像記録を忘れたため、またもや記憶から下手なイラストで。)

Ikealunch

ミートボール、空飛ぶヤコブさん(クリームシチュー&ライス)、サーモンマリネなどのスウェーデン料理。ミートボールにベリー系のジャムというのは知っていたが、他の料理も甘い感じのものが多い気がした。レストランやカフェで食べる食材の一部は、材料を買って帰れるというのも、上手い商売である。

ランチ後、実際に欲しい商品を店内バッグに放り込み、お買い物終了!
16時にはIKEAを出ることになり、ワビ・サヴィの実家に寄って行きたいとも思っていたのだが、急な計画だったので御迷惑になろと、断念。新世界で「二度付け禁止」の串カツも食べず、腹を空かせて待つ猫娘たちのために帰ることに。

Ikea

我が家のベッド・スプレッドのほとんどは、ワビが噛み千切って、直径10cmほどの穴が数箇所ずつ開いている。
あまりにもみすぼらしく、パッチをあてるのもなぁ・・・と思っていたら、IKEAでコットンのベッド・スプレッドを¥599で発見!また、ワビに千切られるだろうと、3つ購入。一番安いのだけど、十分である(早くも、ワビに狙われているしっ)。

丸いマグネット・・・取りやすいように、縁が一部曲がっている。結構、強力な磁力で、実用性も十分あるが、私は、冷蔵庫にくっつけるだけで、楽しい・・・(猫のマグネットはIKEAのものではありません)。 展示では、白・赤・オレンジ・黒があったが、白と黒しかなーーい o(`ω´*)o

本当は、玄関の壁につける鏡(160cm×80cm、約6900円)が欲しかったが、持ち帰るには大きすぎ、送料が約14000円もするので、諦めた。

結局、単価599円のものが、一番高い商品となったが、高速代・ガソリン代を入れると高い買い物である。まぁ、姉家族に会い、楽しいひとときが持てたので良いことにしよう。

早く、東海地方にIKEAできないかしら・・・・。

そういえば、西友のCMソング、「西友にとりあえず行けや(西友・ニトリ・あえずイケア)♪」って歌詞・・・これって、どうよ。明らかに、安売り路線の他店を引き合いに出した感じだけど、両店納得済みのCMなんだろうか。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ねぇさんの理科実験11 サヴィ色ドルチェ

先日、柑橘果物の「はるか」の皮を砂糖で煮て、ドライピールにしておいた。先月のバレンタイン・デーに、このドライピールで作ってみようかなと思っていたものがあったが、香港旅行でそれどころではなかった。

Salamedicioco

サラメ・ディ・チョコラータは、チョコレートのサラミ。ずーーっと昔、どなたかに頂いたのだが、サラミに似せたドルチェだとは知らず、「えーー、サラミのチョコレートコーティング?私は要らない」と、一口も食べなかったのを覚えている。作り方はいたって簡単。私は、卵、生クリームは使わないレシピ、しかもバター少な目。

(1)ビターチョコ:100g  バター40g   (湯せんで溶かす)
(2)ドライピール、ピスタチオ、クルミ: 合計 60g (刻んでおく)
(3)ビスケット:40g (粉っぽくなりすぎないように、つぶしておく)

(1)に(2)と(3)を入れて十分混ぜ合わせ、風味付けにコワントローを少々入れる。熱が冷めたらラップにのせ棒状に形作り、さらにラップで、しっかりと巻き(両端はキャンディーのようにくるくる絞る)、冷蔵庫で冷やし固める。

本来なら、固まったサラミに粉砂糖をまぶすところだが、省略  (^-^;

私は、ナッツやビスケットを大きめにするのが好き。でも、このレシピで冷えて固まったチョコ・サラミを切る際、結構分厚くしないと砕けてしまう。だから・サラミの直径は3.5cmくらい。(画像のは、それでも薄く切ろうとして、失敗・・・。)

お肉のサラミとは違って、甘く、ほろ苦く、ガッシガシの歯ごたえが、たまりません。

あっ、なんだか、ちょっと、サヴィ色なドルチェだ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日)

美味しい猫と甘い音色。

今日は午後からお天気。昼のニュースはチリ地震の影響による津波情報一色。そんなことはお構いなしに日光浴に勤しむ猫の背中を撫でると、かなり熱い。日光浴で火傷しないか・・・と心配するも、「もうすでに焦げている」。

Savvyfine36

昨年の9月にいただいたお菓子。大事に大事に取っておいたのは、可愛くて食べるのがもったいなくて・・・。でも、意を決して開封。Artisan BuiscuitsのTwo by Twoで、英国人、Edward Learの詩である、The Owl & The Pussy Cat(ざっくり言うと、梟と猫が結婚する内容)がモチーフになった、オーガニック・ビスケット。モチーフとテーストの違う、他のシリーズもあって可愛い。にぃさんと、「梟」と「猫」を喧嘩せぬよう等分し、一気にいただきました。オイシー!
Owlandpussy

夕方、同僚が所属しているアマチュア・オケの定期公演会に行ってきた。今回の演目の一つに、ブラームスのドッペル・コンチェルトが含まれていた。
チェロのソロ奏者は、もちろんプロで活躍している人物なのだが、幼少~高校まで私が習っていたヴァイオリン教室の弦楽オケのメンバーとして、楽しくご一緒させていただいたこともあり、とても懐かしかった。
私と同年代のそのチェロ奏者は、当時チェロ教室の生徒さんで、確か、バッハとジョン・レノンが好きで・・・よく、冗談を言っては、周囲を笑わしていたように記憶している。しかし、彼がチェロを弾き始めると、皆、その柔らかな音色に聞き入っていた。素晴らしい才能で、将来はプロになるんだろうな、と思っていた・・・その通りだ。
久々に、彼の柔らかい音色を期待して・・・ドッペル・コンチェルトが始まる。鳥肌が立つ。柔らかい音色は、円やかになり、力強い・・・そして月日が経ったことを思い知らされる。いろんな思いが入り混じり、目頭が熱くなる。

もちろん、ヴァイオリン・ソロの方の演奏も素晴らしいし、アマチュアといえど、オケの皆さんも、忙しい中、よく練習されたものだと思う。

Cello

十数年もヴァイオリンを習っていたのに、チェロに憧れ続け、10年ほど前に、お小遣いを貯めて買った教習用チェロがある。ヴァイオリンなら、”なんとか聞ける”程度だが、チェロとなると、音を出すのもやっとである。基本だけでも誰かに教えてもらって、何か1曲くらい弾けるようにになりたいものだ。

そんな私、今日のコンサートの日を昨日と間違えて会場へ行った。チケットもぎのお姉さんに、「これ、明日のコンサートのようですが・・・」と言われるまで気がつかなかった。

完全にボケてきたな・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »