« ビジュアル系男が猫クリップ | トップページ | カナエル・コーン »

2011年1月11日 (火)

猫、不規則な呼吸は鼻づまり?

晴れた日にリビングのカーテンを開けると暖房が要らないくらい暖かい←特に黒っぽい色の猫には。サヴィもワビもお日様の下で気持ちが良いらしい。意地悪姉猫は、偽妹猫が自分のエリアに入るのが気に入らないらしく、ニャンプロレスに発展する。妹が去ってご満悦の時、あるいは、テンションが高い時、サヴィがする癖がある。

寝転んで、前脚を後脚で、連打するのだ・・・。何故 ( ゚д゚)ポカーン。 
その映像が、これだっ。


そんなサヴィ、ここ数日で気づいたことがある。それは、寝ている時の呼吸が変なのだ。肩で呼吸するような感じで、前脚がそれによって上がるというか動くのだ。口を開いて、はぁはぁ苦しそうにということはなく、不規則な深呼吸をするという感じ。

もしや、腎機能低下から、心臓や、肺に水がたまっているのでは?
と、マオでの経験を思い出し、にわかに心配になって、病院へ連れて行った。

体重 4.45kg → 4.25kg、脱水なし。平熱。
(体重減ではあるが、もともと、体型から言ってベストではないかとのこと)
食欲はゴハンの好き嫌いにより進まないこともあるが、最近はおおむね良し。元気もありと、先生に告げる。

慎重に聴診器で雑音がないか調べるも、音からは異常がないという。心臓が肥大する、肺に腫瘍がある等の可能性があるとしたら、レントゲン撮ってみないと分からないが、どうするかと聞かれる。何か重大な病気が隠れていないか心配で、撮影をお願いしたが、やはり何も悪いものは写らない。
先生曰く、今のサヴィの腎不全の状況であっても、にわかに水が溜まるというのは考えにくいという。アレルギーとか、空気が乾燥しているとかで、鼻が詰まっていて、そういうことで呼吸しづいのでは?ということも示唆された。

横たわらせたり、仰向けにして、息が苦しそうにしないかなど、サヴィは診察台の上で、転がされる・・・。
しかし、特に変わった様子がない。う~ん、と皆で首を捻る。

エアコンはつけないが、床暖でかなり空気乾燥しているし・・・鼻づまり、あり得るかも・・・。
少し経過観察し、ひどくなる、季節が変わっても続くようなら、また詳しく検査することにした。

レントゲン検査で、サヴィへの被爆の回数増やすこともなかったな、と反省することしきり。

そういえば、先生、いつも、サヴィの口内を診るために開口する時、一緒にアーンと口を開いてくれる。猫にその仕草が通じるのかは疑問だが、心温まる光景である。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« ビジュアル系男が猫クリップ | トップページ | カナエル・コーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734877

この記事へのトラックバック一覧です: 猫、不規則な呼吸は鼻づまり?:

« ビジュアル系男が猫クリップ | トップページ | カナエル・コーン »