« 元気をフル充電しよう! | トップページ | フランス料理とは?(1) »

2011年3月18日 (金)

届いているのか!?

仕事のない今日、家事の合間にテレビのニュースを見る。「三重の建設会社が、原発への放水ポンプ車を提供することを申し出ている」との報道。チェルノブイリの封鎖にも活躍したものと同型のドイツ製のトレーラー車。

シャ、シャチョー、すごいものをお持ちで! w(゚o゚)w

それに対して、使用を「検討中」という国の対応。現場の安全を、どう使うか、誰が操作するのかを積極的に検討中と思いたいが、夕方のニュースでは、もっぱら「官」のものによる放水だ。「民」の必死な叫びは届いているのか?

一緒に働く上司が、阪神淡路大震災において「現場の判断で動く」大切さを学んだと、おっしゃった。上からの命令、許可を待っていては間に合わないし、本当に必要なことができないという事だ。もちろん的確な判断ができる能力のある人でないと、現場は余計混乱・悪化するであろう。私も「上からの指示を待つ」ことに慣れてしまっている人間である。そんな中、決断・実行できる人がいることを知ると、勇気がもらえる。

南相馬市長の、国や県の指示はないが、苦渋の選択の中、新潟県知事の協力もあり避難住民を受け入れてもらうことにしたという決断。市長の「(新潟県に)積極的に甘えさせていただく」という言葉も印象的だ。
どこだったかたの、ホームセンターのスタッフが、「社長には言ってないんですけど」と、困っている住民に無料で販売用の灯油を提供した、というこれらも、まさに現場の判断だ。遠くの政府より、身近に頼れるリーダーだ。

現場主義といえば、防災システム研究所主宰の山村武彦氏。連日、報道番組で見かける防災・危機管理アドバイザーだ。

Mryamamura

連日のマスコミ報道を見ながら、違和感を覚えずにはいられなかった。番組で提供される情報は、被災者ではない者が、知りたいという欲望を満たすためのものが多すぎやしないか・・・と思ってしまう。視聴者から送られた被災者への応援や防寒アドバイスをTVキャスターが読み上げた時、山村氏がすかさず言った。「このことを知って欲しい被災地では、テレビは見られません。現地に入れるマスコミの皆さんが、ぜひ、この情報を避難所に貼るなどして教えてあげてください」と。

よくぞ言ってくださった・・・と大きく頷き、私はテレビを切った。

|

« 元気をフル充電しよう! | トップページ | フランス料理とは?(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734833

この記事へのトラックバック一覧です: 届いているのか!?:

« 元気をフル充電しよう! | トップページ | フランス料理とは?(1) »