« パリで猫を探したが・・・(3.マルシェへ行こう!) | トップページ | とうとう・・・・。 »

2011年3月 1日 (火)

パリで猫を・・・(4.お仕事する猫。)

Pourchatそろそろ「猫」について書かないと、記事タイトルを見てがっかりなさる方もいよう。しかし、パリで出会ったのは、お恵み頂戴のダシにされるニャンコ(犬や小さい子供まで)。外見上、毛並みも悪くなく、痩せっぽっちということはないので、ひどい扱いを受けているようには思えないが、

毛布などに包まれていようと、寒空の下、寒いだろーーがっ!

人が行き交う中、逃げるでも怯えるでもなく、「可愛い~」と寄っていく観光客の写真撮影モデルになっている。寄付は本当にニャンコのエサ代になっているのかい? いずれにしても観光客あっての人間による小銭稼ぎである。

Pourchat2「物乞いか?パフォーマーか?」 この区別もよく分からない。右の写真は大きなデパートの近くで写したもの。若いお兄さんが2匹の猫を乗せて手回しオルゴール(オルガン)を演奏している(普通のカメラでの撮影…モノクロだが、1990年代後半の時代である)。これは、パフォーマーの部類に入るのだろうか。

今回も買い物に付き合って同じデパートへ寄ったのだが、趣味でやっているとは思えない風貌の白髪のおじさんが、手回しオルガンに猫を乗せているのを一瞬見かけた。

Σ(゚□゚(゚□゚*) えっ、十数年前のお兄さん?

確証はないが、別人だと思う。もし同一人物とすれば、これは、もはや職業としてやっているのか。

Metroperformerそうえいば、メトロの乗り換え通路で、お婆さんが縦笛を吹いていた。音を外し、演奏とは程遠い。趣味の世界か?

姪っ子曰く、「こんなん大阪の街やったら、酔っ払いに瓶投げつけられるでっ!」

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« パリで猫を探したが・・・(3.マルシェへ行こう!) | トップページ | とうとう・・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734849

この記事へのトラックバック一覧です: パリで猫を・・・(4.お仕事する猫。):

« パリで猫を探したが・・・(3.マルシェへ行こう!) | トップページ | とうとう・・・・。 »