« 娘だけど、鯉のぼりを・・・ | トップページ | 荒れたテラスにも初夏の風(2) »

2011年5月 7日 (土)

荒れたテラスにも初夏の風?(1)

GWの谷間の昨日、出勤のにぃさんは、腰を押さえて帰ってきた。朝、職場のトイレで腰をギックリやってしまったようだ。同情を誘おうとする哀れなオッサンに、「ギックリ腰は病気ではありません」と一刀両断。代わりに、にぃさん大好きなワビがピッタリ寄り添って心のケアをしてくれている。

GWの初日、岐阜の中津川IC近くの”ちこり村”(またか!)へ行ってきた。ここでは、地元の食材を、地元のばーば達が調理して提供するレストランがあり、ランチを食べに行ってきた。バイキング形式で好きなものを好きなだけ取ることができるが、チコリの天婦羅が美味しい~。”ちこり村”というだけに、チコリ、チコリの加工品がお土産として買える。今回はチコリの苗を発見。

Chicon Chicoree

葉の中心部は、あのチコリの姿。でも、これは苦くて食べられないそうだ。白菜ミニチュアのような白いチコリにするには、日光を当ててはいけない(ちこり村では、暗室での水耕栽培)。今回は食用ではなく淡いブルーの花を鑑賞したい。画像右は、フランス旅行中、大型スーパーで安く購入できたLerouxのシコレ(チコリの根っこをローストしたコーヒー)。ダイエット、デトックスで飲む人もいるようだが、私はコーヒーとシコレを半々にして、ミルクを入れて飲むのが好きだ。

ちなみにチコリ(アンディーブとも、シコンとも呼ぶ)料理・・・ベルギーのシコンのグラタンが好きなのだが、レシピを探していたら、Chez Mikawaさん(東京のベルギー料理レストラン)が家庭でできるベルギー料理のレシピを公開されておられた。いろいろ美味しそう!

さて、我が家の小さなテラスの植物から、ちょっぴりフランス旅行を回顧。

Verbena Verbenadry

紫のバーベナは甘い香りを放つ。バーベナ=ベルベーヌ(仏語)は、ハーブティー(レモンバーベナ)としても有名。消化作用などもあり、食後に飲むとすっきりする。ベルベーヌ好きの姉とヴェルサイユのマルシェでドライベルベーヌをわさぁ~と買い、旅行トランクが良い香りに包まれたのを思い出す。「でもさぁ、これ、空港でヤバイ植物と間違われたらどうする~」などと要らぬ心配もしたものだ。

帰ってきて、お土産のお裾分けとして缶に詰めたりしていたら、ワビ・サヴィが寄ってきて、グルグル~。どうやらミントと同じく、猫の好きなハーブのようでもある。

|

« 娘だけど、鯉のぼりを・・・ | トップページ | 荒れたテラスにも初夏の風(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734796

この記事へのトラックバック一覧です: 荒れたテラスにも初夏の風?(1):

« 娘だけど、鯉のぼりを・・・ | トップページ | 荒れたテラスにも初夏の風(2) »