« マロン・ショー! | トップページ | 飛行機蛍を見ながら、露天風呂♪ »

2011年10月30日 (日)

憧れのモンブランは・・・

本日は、高級なお菓子の栗の話(KYOさんがブログ記事にしていたスイーツと同じものだが・・)
姉、姪っ子とのパリ旅行で、姪っ子はスイーツを楽しむのが旅の目的の一つ。行き当たりバッタリで感じの良いSalon de The を発見したいところだが、日本でお馴染のANGELINAの本店へ行きたいと言う。お昼時間にランチも兼ねてと思っていたが、甘かった。店内はすでに席を待つ人が並んでいたので、ランチは別にして、お菓子を少し買ってチュイルリー公園で味見しようということになった。

Angelina1

フランボワーズと、オレンジにスミレの砂糖漬けをまぶしたマカロン、店の代名詞でもあるモンブランに、ブリオッシュとクロワッサン。それらを寒いチュイルリー公園の、色気のない石のベンチの上に広げ、女3人は固まる。

Σ( ゜Д゜)ハッ! スプーンとかないけど・・・。 モンブラン、どーやって食う?
まぁ血の繋がりのある女同士だから、一人ずつ交代で齧り付く?とか、だめもとで手で割ってみる?だとか、あーだこーだ言いながら、最終的には、こうなった。

Montblanc

モンブランが入っていたケースが意外とハードな紙で出来ていたことに救われた。ケースを千切って、手製スプーンを作る私。それをかじかんだ手で持って、モンブランにぶっさし山を潰していく姉親子・・・。
このモンブランを愛していたというココ・シャネルが見たら、悲鳴をあげるか気絶しているだろう。

テンション・ダダ下がりだった姪っ子よ、オサレなサロン・ド・テで、ショコラ・ショーなど飲みながら、スイーツを堪能するという、優雅な夢を奪った伯母をどうか、許しておくれ!

モンブランの味がどうだったかって?  
紙で食べたという事実が、マロンペーストとクリームより濃厚すぎて、覚えていない・・・。

|

« マロン・ショー! | トップページ | 飛行機蛍を見ながら、露天風呂♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734678

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのモンブランは・・・:

« マロン・ショー! | トップページ | 飛行機蛍を見ながら、露天風呂♪ »