« ソウショク系に癒されて(2) 高野山肝試し? | トップページ | ソウショク系に癒されて(4) 旅を終え。 »

2011年12月 1日 (木)

ソウショク系に癒されて(3) 猫発見!

高野山宿坊体験の続き。

Koyaekomoss標高800mの高野山、11月末の早朝は、そりゃぁ寒い。寺の庭の苔に降りた霜も凍っている。ヒートテック2枚の上にセーター、コートを着込み、朝6時半からの本堂での勤行に続き、他の宿泊者とともに”護摩祈祷”に参加させて頂く。

(護摩祈祷:ご本尊の前で、護摩木を焚き、火で煩悩を浄化し、願いが成就するために祈る密教の秘法)

一人の僧が太鼓に合わせ読経を始め、護摩焚きの壇前では若い導師が、手際よく薪木をくべ、数珠を「何か」で擦ったり、袈裟の中で「何か」印を指で結んだり、「何か」供物などいろんなものを炉に放り込む。密教の知識がゼロであるから、「何か」のオンパレードになってしまうのだが、半ば興味本位で見学させていただいた私でも、立ち上る炎を前にすると、「何か」心洗われる。

Koyagomadaki 

(イラストには描いていないが、護摩壇は縄で囲まれ結界(?)されている)

「ここにご参加の皆様の家内安全もお祈りいたします、どうぞ煙にお当たりください」と、有り難いお言葉。護摩祈祷について事前に学んでおくべきだったと反省しきり。

Koyaneko

余談であるが、この護摩祈祷のお堂の脇は、「猫出現スポット」である。前日、そこで、2匹の猫を発見。よく見ると、ご飯皿が用意され、お食事中。猫にも優しい、高野山であった。

さて、次回は、宿坊体験レポの最終回。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« ソウショク系に癒されて(2) 高野山肝試し? | トップページ | ソウショク系に癒されて(4) 旅を終え。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734662

この記事へのトラックバック一覧です: ソウショク系に癒されて(3) 猫発見!:

« ソウショク系に癒されて(2) 高野山肝試し? | トップページ | ソウショク系に癒されて(4) 旅を終え。 »