« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月4日 - 2011年9月10日

2011年9月10日 (土)

シャンプーハットは、まん丸に限る

Medicineワビザベス、瞼の赤い腫れがヒドくなったので、病院へ。
今回は、かかりつけとは別の病院へ行ってみた。その病院は2,3年前、近所に開業し、HPには、「アトピーなどの皮膚病にも力を入れる」と書かれてあったので、かかりつけとは、別の見方をしてくれるかな、という期待もあった。
病院を選ぶ時、先生が全般的な知識を持っていることは当然であるが、特に何に強いか(動物の種類や病気)が参考になると思う。
診察室に入ると、先生だけで、AHTさんがいない。先生が「ワビちゃんは、暴れますか?」と聞く。 「この子は、恐がって固まるタイプです」と、一応、先生を安心させる(?)。 「じゃ、ワビちゃん支えててくださいね~」と。顔、口の中を診てもらう。歯との境目辺りの歯茎も炎症していることを指摘され、猫風邪など、免疫低下しているとこういう風に赤くなるともおっしゃる。でも、鼻水、目ヤニ、食欲低下などもないので、アレルギー性のものかなぁ・・・とcoldsweats01

Wabifine51結果、原因わからず。以前、ステロイド処方で痒みが引いたことを伝え、同じように注射と、飲み薬をもらった。
ノミやダニという可能性を「潰して」いくことと、猫のフィラリア予防のために、レボリューションを勧められる。同じ環境でサヴィが痒がらないので、ノミという可能性はどうかなと思ったけど、室内に蚊がいたこともあって、レボリューションも処方してもらう。

以前、かかりつけでは、血液検査で何に反応を示すかを知ることはできると聞いていたが、こちらの先生は、アレルゲンは特定することができない(難しい)とおっしゃる。双方を統合して考えるに、アレルゲンの可能性となるものは分かっても、本当に取り除けば治るとは言えないということか。
食事のアレルギーの可能性も捨てきれないが、まずは、ステロイド投薬で様子見ましょうということになった。

先生に、脚の肉球も診てもらいたかったので告げるも、ワビがモゴモゴ動くせいか、先生が猫に慣れていないのか、しっかりと診られず・・・、ははは、どうやら先生、「犬」の方が慣れているのかも。
会計の時、先生も窓口へ出てこられる。私が手に持っていた手製ベス・カラーを見て、「それ、何ですか?」と。

Shamph

よくぞ聞いてくださった。「シャンプーハットを切って作ったカラーなので、柔らかくて軽いんです。」と、オバさんはすぐに自慢したくなる・・・。先生も「なるほど、参考になります。」と腰が低い・・・・。

Shampoohutさて、青いシャンプーハットのベス・カラーは、100円ショップで買ったもの。当初、お試しで作ってみたが、ワビには合っているので、替え用のハットを100円ショップへ探しに行った。
しかし、最近、どの100円ショップに置いてあるのも、形がまん丸ではない。

試しに変形ハットを買って作ってみるも、形が美しくなく、フィット感もよろしくない。ワビが長時間つけることを考えると、妥協は許されない。
ドラッグストアでまん丸形を見つけるも500円以上。かつて100円で入手できたことを考えると、もう少し安くならないかな~と、手が出ない(ケチ~、甘いもん我慢すれば、500円なんて安いじゃん!)。

Wabifine50ワビ、痒いのを我慢して、ストレス溜めてるんじゃないかな。大好きなにぃさんの体にピッタリくっついて気が紛れるといいね。涼しい季節になって、痒みも減ってくると良いのだが。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

猫娘・・・汗ばむ。

「我が名はワビ・ザベス。痒みに耐えているのじゃ!」

Wabifine49最近のワビ、またベス・カラーを巻いたり、外したりを繰り返す。未だ原因が見つからず、左右どちらかの目・耳の周辺だったり、首の下だったり、気がつけば赤く腫れるまで前脚で撫で付けるか、後脚で掻く。1~2日で腫れや赤味は引くのでカラーを取ってやると、また・・・。

にぃさん曰く、「もう、ザベスでいる方が本当のワビみたいだな」と、なんと可哀相な事を!

先日は、爪の付け根に茶色の垢が溜まり汚れていると記事にしたばかりだが、今度は、肉球周辺の茶色に変色した毛に気づく。

にぃさんに、ワビの手の平おっぴろげてもらい撮影してみたが、「ウンPでも踏んだ?」という茶色部分、お分りであろうか?この部分、毛色が変色。皮膚を見ると、くすんだピンク色で、ちょっとカサついた感じ。綿棒などで拭くと茶色く染まる・・・。

Sikanen

どうやら、指間が炎症していると思われる。
ネットでぐぐってみると、多くは、犬に見られる症状であるようだが、猫でも見られるようだ。なんらかの原因で舐めたり、汗ばんだりした指の間が湿った状態にあり、そこが痒くなり、痒いからまた舐める、そして炎症が進むということらしい。
そういえば、最近、ネッチネッチとしつこく指の間舐めてたけど、単なるグルーミングじゃなかった?

いつからだろう・・・。

ワビの肉球は、いつも、かなり湿っぽい。今年の夏も暑かったから、余計汗ばんだ?この指の炎症と、顔周辺が痒いのと、何か関係があるのか・・・。 一度、かかりつけとは別の病院(HPの診療案内に、アトピーなどの皮膚病にも力を入れていると書かれている)で診てもらうか。

ワビの真っ白なお手手が、サヴィみたいに、サビていく~!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »