« ねぇさんの理科実験21 ミューズリー・ブロック | トップページ | 猫娘、嫌々オヤジに付き合ふ。 »

2012年7月10日 (火)

レ~レレ~のレ~♪

今日は、雑草対策について(ちょっと長いので、興味のない人は、スルーして!)。
以前、にぃさんの実家の庭で、見知らぬ猫ちゃんを見送った(「ブログ記事」)。
それは、庭を雑草でボーボーにしたことも原因だと思っている。
デキの悪い嫁である私は、できるだけ人の手を借りて雑草を何とかしようと、2月に地元のシルバー人材派遣に問い合わせた。庭木の手入れまで頼むうと1年半待ちだそうだ。では除草だけでもと見積りをお願いするも回答が来ないので、電話すると「忘れてました」と仰る。催促して出てきた見積りがあまりにも「ザックリ」していたので、心が折れかけたが、気を取り直して再度聞いてみると、「雑草が伸びきったら、また見積もりに行く」とおっしゃる。

う~ん。

短気な私は、雑草の成長など待てず、地元の個人経営の造園屋に連絡。現地でじっくり見積もってもらうと、費用は、これまたザックリ。シルバー派遣の2倍はするが(支払うのはお姑さん)、しかし庭木の手入れを加えても他の造園業者に比べ格安に思える。見積もりに来た職人さん(我々より若いであろう)は、話をじっくり聞き、かなり将来を見越したアドバイスをしてくれる。お姑さんが5mを越すゴールドクレストの抜去を望んだが、「抜くと人家の雰囲気が失せ、かえって防犯上良くないので、切り詰めましょうか?」と、思いつかないような指摘までしてくださった。
また、我々が今後雑草と付き合って行けるよう、以下のことを教えてくれた。

(1)草を抜いても地下茎が残る。「穂が出る前に刈る」を繰り返すと根が弱ってくる
(2)穂が出る前に刈れば、雑草は地面に積んでおいても良い
(3)雑草は除草剤に耐性が付くから、撒くのはいかがなものか

ということを教えてくれた。今まで「根から抜く」、「抜いた草はゴミ袋に詰めて出す」、「除草剤は撒きたくない」と思っていたので、かなり気分的に楽になった。
とにかく客の立場に立って考えてくれる職人さんで、有機農法などエコロジーに関心があるという点も気に入りお願いすることにした。

4月に庭の木々の整理を、そして先週末、ものの見事に雑草を除去していただいた(私はまだ見ていない)。また、にぃさんによると、上記の3点に加え、以下で雑草が少なくなると教えてくれたらしい。

(4)石灰(アルカリ性)を撒く。酸性土壌を好む雑草には土を中和するということか
(5)2週間に一度で良いので、庭を竹ボウキで掃く

Rererenore

現在、一人暮らしのお姑さんは足が不自由なため、にぃさんは2週間ごとに買い物などに帰っている。ならば、2週間ごとに竹箒で庭を掃くことができるではないか!

がんばれ、レレレのにぃさん! (by あくまでも、傍観者の鬼嫁)

造園屋さん曰く、庭の除草依頼が物凄く多いらしい。高齢化ということもあるが、利用されない土地、空き家になった実家の建物管理まで相談されるらしい。

私達もヒトゴトではない・・・。

|

« ねぇさんの理科実験21 ミューズリー・ブロック | トップページ | 猫娘、嫌々オヤジに付き合ふ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1821424/48734528

この記事へのトラックバック一覧です: レ~レレ~のレ~♪:

« ねぇさんの理科実験21 ミューズリー・ブロック | トップページ | 猫娘、嫌々オヤジに付き合ふ。 »