« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

2012年1月15日 - 2012年1月21日

2012年1月21日 (土)

溶けて消えろ?

にぃさんが、何かの支払いで集まったポイントで、i-Pod nano をもらってくれた(以前、これも家電量販店のポイントでもらったi-Pod shuffleは、にぃさんへのお下がりとなる)。スマフォは未だ持たず、人生初の音楽再生機器がオープン・リールで、完全に初代ウォークマン世代の私は、音楽さえ聴ければ良いのだが、タッチパネルで操作できるのが、ちょっと嬉しい。

Ipodsnano

最近、i-Podには4曲追加した。しかも私には珍しくキューバ音楽である。話せば長くなるので割愛するが、上司から頂いたCDの中でギターとボーカルのシンプルなライブ・バージョンのものが心地よく、テンション上げたい時に聞きたくなるのだ。

その中で、”Son al son (son=スペイン語で音の意味)”というナンバーは、いろんなアレンジで歌われているキューバー音楽の名曲であり、中盤のサビの部分がスペイン語でも覚えやすく、すぐに口ずさめる。

♪Mi tierra linda, porque te quiero Yo a ti te canto mi son entero♪  

青色の部分、カタカナ表記すると”ポルケ・テ・キエロ”なのだが、にぃさんは「溶けて消えろ」と口ずさむ。それをスペイン語の堪能な上司に話したところ、`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! と吹き出された。
そんな「溶けて消えろ」を確かめたい、いや、ラテンの名曲を聴きたい人にYoutubeより
★イケてるお姉さんに「溶けて消えろ」と言われてみたい人向け:約2分
Osdalgiaバージョン
★昭和歌謡なノリでフルコーラス聞きたい人向け:約6分
Cheo Feliciano-Orquesta Aragonバージョン

そんな、ソラ耳にぃさん、最近、背中が痒いと訴える。それは老人性乾皮症だろうよ。自分で背中にボディークリームが塗れないので、風呂上りに私が塗ってあげるのだが、「猫が逆撫でされる気持ちが分かる~」などと、うめくのである。

Bodycream

いい年したおっさんが・・・。クリーム塗られて「溶けて消えろ!」である。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

私が作ったロシア料理店

久々にロシア料理店「ロゴスキー」へ行った。創業は50年を越え、私も20年以上前(まだソ連の時代)から、よく訪れた店である。本場の味がどんなものかは知らないので、料理をどうこう言うつもりはないが、私の中ではロシア料理=ロゴスキーなのだ。いつも注文するのはボルシチ、ピロシキ、壺焼きキノコ。何度となく食べてきた味は今も変わらず、美味しくお腹を温めてくれる。

Tsuboyakisoup

話は変わるが、私の姉が30年以上も前に世界の様々な国の人と「文通」していた時に、入れ子人形「マトリョーシカ」をプレゼントしてくれた人がいた。それを見て、私もマトリョーシカが好きになり、いくつか集めていた。


Matoryoshika

向かって左前方:一般的なもの、左後方:猫親子(中国製)、右:チェブラーシカの登場人物

姉も集めていたので、別の種類の子が混じっていたり、兄が小さい子に百草丸を入れていたので薬臭かったり、(中国製なので・・)猫父さんの体に猫母さんの下半身がはまって取れなかったりと、様々である。

さて、なぜこれらの話題を持ち出したかというと、私が食べたロシア料理と我が家の不揃いなマトリョーシカをヒントに、絵本を描いたことを、ロゴスキーで食事している時に思い出したからである。8年前に描いた稚拙なストーリーと絵であり、ロシア文化や料理を紹介するようなものではないが、お時間があって見ていただければ幸いである。

Mato
Atelier "F" の絵本図書館 (別ウィンドウが開く)より、「ロシアにあるというレストランのはなし」をご覧あれ。珍しく、猫は出てきません(笑)。

「夢は何ですか?」と聞かれることがあると、「絵本作家になることです」と答える私。試作絵本をWebで恥ずかしげもなく発表しているが、ちっとも出版したい自信作が描けずに年月だけが過ぎていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »