« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »

2012年7月22日 - 2012年7月28日

2012年7月28日 (土)

キャット・トレーナーなんて・・・

犬好きから始まった我が人生。念願かなって小学生から飼い始めたのは、柴犬、シェパードと何かが混じった正統駄犬。黒っぽかったので「クロベェ」と名付けたが、見る見るこげ茶色に褪せていった。
知らない大人と、他の雄犬には吠えまくるクロベェは、番犬としては合格だったが、その他はお座りくらいしかできなかった。
ある日、何故か「クロベェが盲導犬になってくれたら良いのに」、と根拠なき願望を抱いた私は、目をつむってクロベェの散歩を試みた。

Kurobee

結果、見事に側溝に導かれ、リードを放されたクロベェは、落ちた飼い主には目もくれず走り去ったのだった(アホな飼い主は、幸い、肘、膝に擦り傷を作った程度で済んだ)。

クロベェ亡き後、ずっと猫ばかりを飼ってきたが、最近、ある番組にハマっている。
カリスマと呼ばれるドッグ・トレーナー、シーザー・ミラン氏の番組はご存知だろうか?次々に問題を抱えた犬のリハビリを成功させるのだが、飼い主の意識を変えることも強調している点が興味深いのだ。

Dogtrainer

「リーダー(飼い主)が、恐れや不安を持っていると、負のエネルギーが犬に伝わる。毅然と、穏やかな態度で!リーダーが平穏であれば、犬は落ち着いていられる」というのが毎回繰り返し言われるのだが、手がつけられない猛犬が彼の前で服従するのを見ると、自分でも試してみたくなる(また過去のようなアホ飼い主になりそうだ)。
私は、「動物は愛すべき家族ではあるが、本来あるべき姿(人間ではなく、動物であること)を尊重して接したい」と思っているで、彼のやり方には共感できる。
我が家では、猫娘の意味不明な問題行動には観察と忍耐で接している。

Cattrainer

で、カリスマ・キャット・トレーナーの番組って、ないのかなぁ~。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

家康は、元寿司職人。

小雨模様の名古屋、この時期に珍しく涼しかった週末に、ブログが縁で知り合った猫友さんお二人と楽しい時間を過ごさせていただいた。
猫友さんのお一人は県外からいらっしゃったこともあり、名古屋づくし(?)の1日に。昼食はウナギを「ひつまぶし」で食し、観光名所巡回バス「メーグル」に乗って尾張徳川家の邸宅だった徳川園へ行って来た。地元民は意外と徳川園美術館に入る機会は少ないと思う。私も2年ほど近所に住んでいたのに、中に入ったことはなかった。美術館所蔵の品々を鑑賞し、手入れの行き届いた庭園の散策をしてきた。四季折々で風流なイベントや体験講座などが楽しめる企画もあるようだ。 

Ozonenotaki

(徳川園にある「大曽根の滝」)

夜は名古屋メシの「あんかけスパゲティ」をいただく。あんかけスパ専門店はいくつかあるのだが、一般のパスタ屋メニューでも、あんかけソースのカテゴリーがある場合もあり、名古屋人はさほど驚かない麺料理である。ラードで炒めた極太麺に、トマトピューレ、野菜などを煮込んだ、コショウ辛いトロみ「餡」をかけたもので、トッピング具材によって、「ミラノ」、「サンジェルマン」、「カントリー」など、(私には)由来不明のネーミングがついているcoldsweats01。女性のお腹には結構ガッツリくる名古屋メシである。

女3人寄れば「かしましい」ではないが、猫のことはもちろん、日常のことなどオシャベリを楽しみ、あっという間に時間は過ぎる。

Presents

いろいろと”猫物”のお土産をたっぷり頂き、飼い主だけでなく、猫達まで喜ばしてくださったお二人には、本当に感謝(ありがとうございました)!また、機会があれば、是非、ご一緒したい。

ちなみに、本日のブログ・タイトル、名古屋の”おもてなし武将隊”好きの方にはピンと来ることであろうが、ちゃんと説明して話さないと、「へぇ~、そうなの~」と、歴史誤伝を招きそうである。いや、実はそうであったりして!?

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »