« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

2012年12月23日 - 2012年12月29日

2012年12月29日 (土)

一人一猫

ああ、年賀状どうしよう。まだ買ってすらいない・・・。PCプリンターのインクも切れているし。
ああ・・・・悩むなぁ。元旦に届かないこと決定だし、いっそ、スッパリやめてしまおうか?
大体、巳年やら龍年って、デザインが思いつかないのよね~。毎年、猫年だったらなぁ。

Wasavvy33

最近、ワビはドロンジョと呼ばれている。ちょっと前まで、ワビ=ワタナベさん、サヴィ=サトウさん、と呼ばれていたのだが・・・。そんなドロンジョ、何かとボヤッキー(ドロンジョにあやかって付けられた)にシャフられる毎日。なぜなら、体の上に乗っかって一緒に寝ようとするから。
夜、ワビはにぃさんに、サヴィは私にべったりくっ付いて寝る。我が家では、この形態を「一人一猫」と呼んでいる。暖房は切って寝る。だって暖かいもん、猫アンカ。

*何故、ドロンジョか?
東海3県で、猫の保護・里親探しをなさっている個人の皆さんが救出し、里親探しをしていた猫達の中に、かなり派手目なマスク模様から「ドロンジョ様」と仮名された三毛猫ちゃんがいた。

ナイスネーミング!

そのドロンジョちゃん、年末に家族が見つかったようだ。
三毛つながりで、ワビもドロンジョと呼んでみたが、ワビの場合、都合が悪いと、どこかにドロン(←死語?)する女だからである。

前述の保護・里親探しの活動をしている個人の方々達、今夏、置き去りにあった約50匹の猫を保護。「小牧猫」として里親を探している。その他保護した猫ちゃんも含め、譲渡会も開催されている。情報はLittle Paw Aidさんまで。

一人一猫、いや、ニ猫くらい、いかがかな?いや一家一猫でも。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

「主は来ませり」と名古屋弁

クリスマスのメロディーを鼻歌で歌いながら、頭の中では歌詞を思い浮かべていた。
「諸人こぞりて、歌いませり・・・主は来ませり、主は来ませり・・」
小さい頃、「ませり」というのを全て否定形と解釈していた人も多いかと。「諸人はこぞりて歌いません。だから主は来ません」。とんでもなく、冷めた歌だ・・・。
話はぶっ飛ぶが、大学時代を名古屋で過ごした大阪人の義兄は、名古屋弁の、「~まい」という表現に戸惑ったそうだ。
しよまい、行こまい、食べよまい・・・という言い方。しようよ、行こうよ、食べようよ、という意味だが、諸人こぞりて同様、否定形の表現に聞こえたらしい。
だから、「行こまい=行かないでおこう」と言われ、言葉とは裏腹に歩き出す名古屋人の行動が理解できなかったらしい。

Petitpapanoes

小さい頃の大きな勘違いの一つは、主は来ませりの「主」を、サンタクロースだと思っていたこと。難しい歌詞の賛美歌を、サンタクロースの衣装を着た大人が教えると、こういう結果になる・・・。「良い子にしていないと、サンタさん、来ないよ」の「来ない」という脅し文句が、勘違いの「来ませり」と被るから、余計にだ。

Savvyfine86

世間がどんなにクリスマスと騒ごうが、我が家にとっては、冬の1日に過ぎない。しかし、平穏で、暖かく過ごせることを、感謝する日であろう。
明日も皆様にとっても良い1日でありますよう。

| | コメント (0)

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »