« 遷宮(2)姫、ご乱心!? | トップページ | 遷宮(4) 途方に暮れる »

2013年3月20日 (水)

遷宮(3)姫の鬼門

叔母が金曜日に退院予定で、その準備のため再び伊勢へ。

退院後のこと・・・現居宅では構造的にも、老朽化した設備的にも、高齢者の一人暮らしは無理。叔母の大切なものを探す際も、

「このミイラ化したもの何?」 
「これ、いつの”液体”?」
「何?この”粒粒”したものは!?」
「何、この箱?」→「あ、開けない方が・・・」→「キャーー!」

ある意味スリルとサスペンスを味わうことになり、衛生面でもNG

居宅は何とかならないほどなのだ。しかし、叔母の行動が一番危険なのである。
叔母は倒れたと思われる日の前、ボッコボコの愛車を車検に出していた(危険運転のドライバーに免許を認めるなんて、大丈夫か三重県!)。車検見積書を偶然にも発見していなければ、愛車は行方不明のままだった。

病室で「車の運転はできないよ」 ⇒ 「(左肩を骨折したので)私、右手だけで運転できますの。」 ⇒ 右ハンドルのマニュアル車なのに、どうやって、ギア入れるんじゃい!

その他にも、不安要素はいっぱい。まずは生命の安全を確保するため、居宅近くに空きのあったホームへの入居を、叔母の意思確認抜きで進めていた。ホームは、スタッフの応対、場所、費用、サービスが、私達にとっては好都合で、何か、縁のようなものも感じるくらい。

入居前にホームの方と叔母と面談することになり、その前にホームへ移る説明をしなくてはならない。これには弟である父に説得してもらうのが一番と考え、先週、父と私で叔母を見舞う。

「主治医の先生、私のために新しく考えた方法で、血を一滴も流さず手術してくれた。私、手術の様子を全部見てましたの。」

そりゃ、すごい。眠りながら見てたんだね。

しかし、若い主治医をスーパードクターと思い込むことを利用しない手はない。

「早く家へ戻りたい」という叔母に、「そんなスゴイ先生なら、言うこと聞いていれば間違いないね。実は、退院後のこと、先生に相談したら・・・手術が成功しても完全じゃないから、リハビリ療養が絶対必要なんだって。先生が推薦する場所が伊勢にあるから、そこでリハビリ頑張ってみない?」と。 スーパードクターがそう言うなら・・・と、まんざらでもない。

上手く誘導できたようなので、ホームの方、ケアマネさん、社会福祉士さんを交え、従姉に後日の入居前の面談立会いをお願いした。

面談の日。立ち会ってくれた従姉から、暗雲立ち込める一通のメール。

リハビリ断固拒否。ホームのある場所は、自分にとって鬼門だと・・・。」

はははははははは!笑うしかない。一筋縄ではいかないものである。

そんな伯母、今日も「大きな声じゃ言えないが、ここには「族」がいて、もう何人も斬られた。私も注射で眠らされそうになったから、力づくで注射取り上げてやった!」と、エンドレスの武勇伝を語る(汗)。

つづく。

|

« 遷宮(2)姫、ご乱心!? | トップページ | 遷宮(4) 途方に暮れる »

コメント

叔母さま…私の大好きだったおばあちゃんにそっくりで、親近感倍増です。不思議系でとにかく病院がダッ嫌い(自分の息子は医者なのに、笑)最後は咽頭癌だったのですが膿がたまって顔がパンパン(なんか既に肉の腐った匂いがしていた)なのに『病院に連れて行くなら火葬場に連れてってくれ!』と,最後の最後まで頑張っていました。結局人生初入院2日目で天国に行きましたが、死ぬ直前までトイレも何もかも全部一人でやっていて、なんだか、ねぇさんの叔母さま記事を拝見させていただきましたら「似ている…」と,勝手に思わせていただいております。でも、本人は良くても周りはハラハラなんですよね〜cryingお父様の気苦労わかります(泣)なにはともあれ回復に向かっているとのこと、良かったです。今は叔母さまよりお父様の心労の方が心配ですよね。又、力になれる事がありましたらいってくださいgood

投稿: おかあにゃん | 2013年3月20日 (水) 22時01分

はあ~。おばさまあ~。
鬼門、とは何とも説得し難い技を出してきましたね。
もうこれは、天照大神がそちらに行くようおっしゃったと言うしかない?

しかしマニュアル車乗りこなしていたとは。おばさま、素敵。

投稿: andymom | 2013年3月21日 (木) 09時16分

叔母様、なかなか手強いですね。(^_^;)
でも、うちの祖母もショートステイや、デイサービスも
絶対、行かないと言っていたのに、行き始めたら
スタッフの方は、優しいし、話を聞いてくれるしで、
楽しく行けるようになりましたよ。

案ずるより産むが易し!で
サヴィ姉さん、ファイトファイト~!(*^ω^*)ノ彡

投稿: はぐてんママ | 2013年3月21日 (木) 11時45分

spade おかあにゃん、

大好きだったおばあちゃん、「自分で生きる」ということに貪欲だったんでしょうね!お見事!
ええ、確かに、伯母も、そのおばあちゃんのタイプかも。
伯母は晩婚で、その連れ合いも20年前に亡くし、その後の独身を謳歌しながらも、自分は自分が守る、そして一人で生きていく、という覚悟はかなりのもの。
この入院でちょっと痴呆が進行したよう。お姫様気質と、自分で何でもやって来た自信が、今は危険行動につながりそうで・・・。
そう、父はドライな性格ではあるけど、姉の話を聞いている弟の表情は・・・weep
でも、老いるって、こういことで、皆がそのうち通る道!しっかり勉強させていただこうと思ってる。
また、地元のことで分からないことがあれば、おかあにゃん、パパにゃんにお聞きすることもあるかも~!
その時は、ヨロシクです o(_ _)oペコッ


spade andymomさん、

昨日、伯母にそれとなく「主治医の先生が勧めてくれたリハビリ施設行くんだって?」と、白々しく聞いて、伯母の反応見ようとしたら、「**の方向? 私、あそこのことよく知ってるし、そこでも、どこでも行くわ」とケロっと仰る。気分(痴呆)の波があるのよね~。
明日、退院=入居で、従姉と付き添うのだけど、まだまだ不安なの~。
伯母の運転は、若い頃から危険で、私も1度乗せてもらってから二度と乗らないと誓ったくらい。しかも自動車保険に入ってなかったことが判明し、皆、肝を冷やしましたよ~。


spade はぐてんママさん

いろいろと体験に基づく助言、ありがとうございます!
そうですよね~。デイサービスなど最初は「絶対行かん!」て拒否する人が多いけど、行ってみたら「悪くない」って案外受け入れちゃってることも多いと聞きます。
伯母も、手術もかなり拒否ってたけど、終わってみれば、「良かったわ~」と。
だから、ホームでの生活も案外気に入れば、と思っています!
ホームの方は、伯母の様子によっては、引き受けが難しいので、まず、体験してみましょう!と言ってくださっています。ケアマネさんに相談したり、とりあえずはプロの介護に任せてみるつもりよ!

投稿: サヴィねぇ | 2013年3月21日 (木) 21時28分

↓「貴重品類は見つかり、骨折の手術も終わり元気。」でしたか〜(。・w・。 )ひとまずホッ、、、

叔母様のこと、なんとコメントして良いかわからず読み逃げしていてすみません。
サヴィねぇさんが叔母さまが喜ぶ顔が見たくて、いろいろがんばっておられるのが伝わってきます。

あああ〜
叔母さまと同じ世界を見てみて、理解してあげられたらな〜、、、って思っています。
は!だけど同じになってはいけないいけない☆

投稿: 花火 | 2013年3月23日 (土) 22時12分

名古屋飯〜!
今「スマステ」でやっています。
サヴィねぇさんの近所にはこんなに美味しそうなモノが〜〜〜〜(゚m゚*)

バターの角切りが乗っているエクレア。。。食べたい〜

投稿: 花火 | 2013年3月23日 (土) 23時37分

spade 花火さん、

お優しいコメントありがとうございます!
そうですよね、デリケートな事情でもあるし、当事者になって、私も初めていろんなことを実感できるようになりましたし!
でも、特別なことではなく、どの家庭にも起こりうるし、自分の親、そして自分にもいずれ・・・!
マイナスの方向で考えるより、新しく知ったことを大きなプラスに変えて、前に進むのみよ~!
伯母の世界、話を聞きながら、一緒に想像してあげると、これが結構、面白くて(不謹慎だけど・・・smile

え、、??スマステで・・・?見逃した! 
バターの角切りエクレア~? なんだ~それは~!探してみなければっ!

投稿: サヴィねぇ | 2013年3月24日 (日) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遷宮(2)姫、ご乱心!? | トップページ | 遷宮(4) 途方に暮れる »