« 遷宮(1) それは突然に・・・ | トップページ | 遷宮(3)姫の鬼門 »

2013年3月18日 (月)

遷宮(2)姫、ご乱心!?

皆さん、ご心配かけてすみません!
叔母のその後について、私の備忘録も兼ね、順を追って書いて行こうと思っていたのですが、結論から書いちゃいます。貴重品類は見つかり、骨折の手術も終わり元気。ただ、現在、「一人では生活しない環境に身を置いてもらう」方向で動いています。実は、これが、一番の試練。表現は乱暴かもしれないけど、身内に対して、愛情を持って書いてますので、よかったら読んでいってくださいね!

入院時から、医者は伯母の痴呆を疑っていた。しかし、親類は、皆、「伯母は普段から不思議な発言をする人」と思っている。

例えば・・・・、

病院にいるのに「隣りの市に行っていた」と話す → 父曰く、もっと若い頃から「私は瞬間移動できる」と言っていたらしい。私も瞬間移動してみたい。 

自分を高貴な出だと疑わないため「宮家から、いつでも戻って来いと言われるんだけどねぇ。」 一体、どこの宮家だ・・・?

「伯母さん、昔から、何万人に一人と言われるAでもないBでもない特殊な血液型て言ってたけど、手術大丈夫?」 → 姉よ、真剣に悩むな。検査結果でありふれたB型と判明してるので。

入院時の問診票を代筆するように頼まれた従姉が言う。「伯母さん、今でも生理があるっていうのよ。」→ 医学的にはあり得なくても、伯母的にはあり得るのだろう。

てな具合なのだ。少々不思議なこと言われたって、驚きませんよ。

しかし、体力が回復し、おしゃべりも絶好調になってくると、やはり、いつもの思い込みとは明らかに違う妄想が。人生初の入院で、見るもの聞くものが伯母の妄想を掻き立ているんじゃないかと。入院や手術で目覚めると、妄想を口にする人はいると聞くし。

決定打は、義兄と見舞った姉を、「父のお嫁さん」と言った。どっかーん!伯母の前に、20数年前に亡くなった私の母が出てきたか~。じゃぁ、一緒にいた義兄は、誰よ・・・。

最終的には父の判断となった。ここ最近の話しぶりと比べどうかな?と聞くと、「夢の中にいるんだなぁ~」と、悲しそう。

実は、入院当初から退院を早くするよう病院から迫られている。いろんなことを短期間で決めたり、各手続きを、従兄姉達と手分けしながらも、皆、日常の生活も続けなくてはいけない。だが、伯母を、どう見て行けば良いのか、皆が途方にくれている。

伯母にとって一番近い関係にあるのは実弟である父。危険な伯母の面倒を見始めたら、父が倒れてしまうのは目に見えている。私の姉や兄は遠方にいるし、無責任に「父と一緒に私がみます」とも言えず・・・、その不甲斐なさに、泣くしかない・・・。

つづく。

|

« 遷宮(1) それは突然に・・・ | トップページ | 遷宮(3)姫の鬼門 »

コメント

叔母様、少し良くなられたのですね。
骨折も早く治ると良いですね。

貴重品、あって良かったです。(^_^;)

そうですかー。
とても、難しい問題ですね…。
叔母様は、介護認定は受けられていますか?
もし受けられていないのであれば、せっかく介護保険制度がありますし、多少お元気でも、何かと優遇されるので、受けられても良いかと思います。
訪問介護や、看護も受けられますし、へルパーさんも頼めますしね。(*^_^*)
お父様の為にも、負担を減らせるのではないでしょうか?

私は、一人暮らしのお年下りの方のお世話を、ちょっとさせてもらっていましたが、
その方は、生活保護を受けておられ、介護認定(要介護1)も受けていたので、入院や退院後の施設に入られる場合も、家の家具などの処分や、施設の手配から色々と、
区役所の方がやって下さったそうですよ。
その方には、一人息子さんもおられますが、仕事が忙しいということらしいで、殆どノータッチ。(^_^;)

取りあえず、私が思いつくことを書いてみましたが、
失礼があったらごめんなさいね。

サヴィ姉さんも、お身体に気を付けて、無理をされないようにして下さい…。

投稿: はぐてんママ | 2013年3月19日 (火) 09時07分

私も、警察のお世話にならなくて安心しました~^^;
でも、ねぇさん、お父様、ご親族の皆様、大変ですね。
それにしても、ユニーク&チャーミングなおばさま。
それを理解している周りのご親族、立派です。

泣かないでくださいにゃー。アンディも心配しています。

投稿: andymom | 2013年3月19日 (火) 09時39分

spade はぐてんママさん、

職場の昼休みの時間で~す!
御心配ありがとうございます。はぐてんママさんは一人暮らしの方の御世話された経験がおありなんですね
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
はい、介護認定の申請は、病院のソーシャルワーカーさんから「いち早く申請を!認定下りる前からサービスが受けられるから」とアドバイスいただきました! 今週にも役所の人が審査にやってきます。
叔母は、一人で気ままに強く生きてきた人。今でも退院しても「一人で生活できる」と考えていますが、現況では無理。誤魔化しながら、ソーシャルワーカーさん、ケアマネさん、施設の人に協力いただいて退院の準備中。しかし面会に行くたびに調子も変わっていて・・・。
もう、これはクヨクヨするより、変な表現ですが、楽しまなければやっていけないっ!

って感じなんです~happy02


spade andymomさん

ユニーク過ぎることに手を焼き、チャーミング過ぎることで涙する私達。
従兄姉たちと、「ブレてはいけない!」と誓ったはずなのに、まともな時の叔母と接すると、大いにブレちゃいます。
でも、叔母の境遇は、晩年の私?と思うと、いろいろ考えることに。反面教師で、「物を溜めこまない」を固く心に誓う私です!

最近、甘えん坊のサヴィが、もっと甘えん坊になってきました。甘えるサヴィに、「どうしたもんかねぇ~」と話かけると、ぐるぐる~って。
答えになってないけど、「そっか、そっか」と、会話しています。

投稿: サヴィねぇ | 2013年3月19日 (火) 13時14分

 
わわわ、私の予想、本当に近からず遠からずっ(>_<)
伊勢って聞いて、絶対伯母さまに何かあったんだと思ってたんですが・・・
でも、命に別状がなくて良かったですっ
・・・と、喜んでばかりもいられない状況なんですよね。
「私が見る!」というのは簡単だけど・・・
実際の生活はそう簡単じゃないからジレンマですねweep
とにかく、まわりの皆さんが心身ともに疲れてぶっ倒れてしまわないようにということをお祈りします!!
伯母さま、果たして正常なのか痴呆なのか?
どちらにしても「ファンタジー」テイスト満載ですね。
私も瞬間移動してみたいですっ
とにもかくにも、皆さんにとって最善の方法が見つかりますように!!
 

投稿: サヴィ母 | 2013年3月19日 (火) 23時33分

こんばんは。
「介護」って言葉に精神的にまずやられますね。
私もやられました。
と同時に「そういうお年頃になったんだ」と感慨深くもあり…とにかく普通の状態の70%止まりの出力でやっていかないと身がもちません。
これから忙しい時期に突入するというのに、私ゃあなたの心身の健康が心配だ。
こちらへ来ていただくのは無理ですか?
今は自分の生活を優先してくださいね。
だって、飛行機の酸素マスクってまず自分が着けてから自分の子供に着けなさいって言うじゃない?
話ぐらいだったら聞くからね~!無理すんな~!

投稿: 同僚K | 2013年3月20日 (水) 00時49分

spadespade サヴィ母さん、

ええ、伯母のことだったの。でも、ファンタジーでしょ~。大体、偶然にも伯母の話題をブログで書いた矢先の出来事だったんで、なんか、科学では解明されてない、何かの力を信じたくもなりますよ。ま、偶然ですけどね。
今日も、伯母のところに行って来たのですが、ぶっ飛んでましたよ~、いい意味でも悪い意味でも(汗)。
でも、何事もやってみなきゃわかんない・・・ってことに気付き始めてます、私!
今は、サヴィちゃんと、しーちゃんと私で奪い合って、サヴィ母さんの膝枕をゲットして眠りたい気分です~happy02


spade 同僚Kしゃん、

ありがとね~。
貴女は、最愛の方のことがあったものね。
今になって、貴女がどんな気持ちで過ごしていたか、立場や状況は違えど少しわかったような気がします。
確かに、そういう時が来たか=そういう年になったのか、ですよ。ほんと全力疾走できないことが、ここ2週間で身に染みてわかりました。
そして、心の安定を保つのが、いかに難しいことかも。
気付けば、かなりハイテンションな私がいたりします。←ヤバイよね。

私が倒れたら元も子もないと思うのではなく、伯母さんの身内は私だけではない、と思い、従姉や姉に甘えられるところは甘えようと思っています。

また、話聞いてくださいね。
貴女も、無理しないで!

投稿: サヴィねぇ | 2013年3月20日 (水) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遷宮(1) それは突然に・・・ | トップページ | 遷宮(3)姫の鬼門 »