« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013年3月24日 - 2013年3月30日

2013年3月24日 (日)

遷宮(4) 途方に暮れる

(皆さん、応援のコメントありがとうございます!なかなか皆さんのところにコメント残せずおりますが、私は元気にやっております!)

伯母が病院へ緊急搬送され20日以上が経った。伯母の生命の安全を第一に考え、ホーム入居をしてもらうことに。日によって調子が変わる伯母に合わせ、尊敬する主治医の「特別の計らい」で入居できると耳打ちし(←もちろん主治医はそんな面倒はみない)、ホームへ移動。環境が気に入ったのか「夢のようだ」と喜ぶ。とりあえず、皆、胸を撫で下ろすも、伯母が環境の違いに気付き、問題行動を起こせば、開放的なホームゆえ、入居は難しいと言われている。まずは1週間~10日の「体験入居」となっている。

そんな中、居宅内、電線を覆うほど成長している庭木など、早急に対処すべきことが山積み。庭木の剪定はダメ元で聞いてみたシルバー人材が、予想に反してすぐに処理作業できるとのことでお願いした。

問題は・・・居宅内。そら恐ろしい・・・。まずは、気温が上昇する前に、生ゴミ類を片付けないと!

青カビを通り越して炭のようになったミカン
カビの粉となったヴァンフォーテンのココア
腐ったトマトと見間違えた、熟成を通り越した柿
味噌化した醤油

ええ、こんなもの、まだ生易しい方だ。冷蔵庫の中にはビッシリと・・・。そこは開かずの扉にしてある・・・。

Gomiseiri伯母はゴミ全般において処分に出す量が極端に少なかったはずだ。なぜなら、全部家の中に溜め込んでいるからだ(泣)。

当然、ゴ***などの害虫、ほこり、カビ類が同居し、片付けによって舞い散る物質で、私は喘息突発!外の黄砂や花粉の方が、マシとさえ思えるほどである。

大正生まれの伯母。以前から、モノを捨てない人であったが、この溜め込みは異常だ。もしかしたら認知症によって拍車がかかっていたのか・・・。

やればやるほどモノが溢れ出てくる状況と、「走るヤツを見た」「棚の中でカサカサ聞こえる」と、”チャバネンコ”情報が続々と寄せられ、床に落ちた茶色いピーナツを、チャバネンコと見間違え凍りつく。

完全に戦意喪失。

一緒に手伝いに来ていた姉夫婦に、その手の業者に写真画像を送って見積もりを取ってもらった。「台所の不用品全部を持ち出してもらうのに、大体3時間で12~15万円」と。う~ん、どこまでお金をかけるべきなのか、私達は口出しできる立場にはないし・・・。

これまでに発掘してきた大切なものは全て私達が別に保管しており、あとは、祖父母が遺した思い入れのある物、伯母の気に入っていそうな服など必要なものをだけを持ち出し、建物ごと封印した方が・・・・。

あぁぁぁぁ・・・。

つづく。

| | コメント (10)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »