« サビてきた・・・。 | トップページ | Cool Japan! »

2014年4月 1日 (火)

おお~妄想族っ!

毎月1日。昨年4月以来、それはある意味緊張の日となる。

ホームでお世話になっている伯母は、小さい時から神宮森域内にある末社に「朔日(ついたち)参り」をしていたという。「大人になってからはしていないはず」と父は言っていたが、ホームで初めて迎えた昨年4月1日、急に昔を思い出してかスイッチが入り、「お参りに行かねばならぬ」と、ホームのスタッフを困らせたのだ。以来「親族が参ってもOK」という許しを得て、伯母が参れない(=誰も親族が訪問できない)時は、誰それが参拝してきたと嘘の報告をしてきた。

1nichimairi

それでも嘘が通らない事もあり、伯母の訪問をできるだけ毎月1日にしている。

2月、インフルエンザに罹り、医者、薬嫌いの伯母は治療を一切拒否し、「自力で直す」と、ホームや先生を困らせた(点滴に薬を入れてもらい切り抜けたが・・・)。3月になり伯母の介護認定が見直され、4→3になったことで、ケアマネさん達とサービスについて話すためホームに行ったが、認知症が進んだようで、以前より作り話も増えて来た。

伯母は、外出時に生ものを買うこともある。ホーム共用の冷蔵庫に入れたがらず、スタッフが入れるよう促しても、居室にあるテーブルセットの椅子(座面を取ると中に物が入れられるスツール)を指し、これが冷蔵庫だから大丈夫と言うらしい。

Drinkegg

うーむ、そう来たか・・・。いや、感心している場合ではない。

生ものを含む食品の溜め込み、消費期限が切れることが多々あり、スタッフにお裾分けしてくださる分には気付けるが、自身が食べて気分が悪くなることもあるようだ・・・。スタッフから「居室に冷蔵庫を買って置いてみては?」と提案あり。どこかに入れ込まれるより、冷蔵庫に詰め込まれた方が、探しやすいか。

足の指間が酷く化膿しており、皮膚科の先生に往診を頼んでいるところらしい。しかし素直に治療に応じる様子がない。「良い薬を持っているから自分で治せる」と言うので、どんな薬なのかと問い詰めると、マイバッグの中から取り出した。

Tapingオロナインかと思いきや、ま、まさかの100均「サージカルテープ」。ドヤ顔でテープを引き出して見せ、これで骨折も治してきたと豪語する。

そんなもの、ジュクジュク膿んでいる患部に貼ったら、ホラーではないか。あるいは指と指を固定し、患部を密閉するという荒業に出るのか。

「でもさ、そのテープは今回は使わず、お医者さんのお薬試してみたら?きちんと治さないと、一緒にお散歩に出かけられないじゃない?」と言ってはみたものの・・・。

Isesakura

神宮の末社近くに満開の桜。小さい頃から毎年見てきたのだろう。足の指間の傷が痛くて外出できず見逃した伯母。やはり認知症が進んだと聞かされると覚悟はしていても、寂しい気分だ。
でも、伯母が幸せな妄想の世界にいるのなら、それでいい。

ああ、今頃、あのサージカルテープを・・・。

|

« サビてきた・・・。 | トップページ | Cool Japan! »

コメント

伯母様のイラストを見ると、
可愛くお茶目にしか見えないのですが、
かなり手強いですね。(^_^;)

インフルのお薬、点滴薬もあって良かったです!

色々と大変なこともあるようですが、
サヴィねぇさんの努力と、
ホームの皆さんの協力もあって、
なんとか切り抜けてられてるようですね。(^_^;)

認知症が進むと、寂しい気持ちになりますが、
伯母様の中では、サヴィねぇさんはいつまでも
「好きな人」であるのは間違いないですから、
大丈夫です。((w´ω`w))

投稿: はぐてんママ | 2014年4月 2日 (水) 22時22分

club はぐてんママさん、

ありがとうございます!
伯母の思い込みや、強情さをさらっと流せる時は良いですが、健康に関わることにおいては、本当に困ってしまうbearing
それでも毎日のお世話をしてくださるホームの方々や、私にはない細やかな気遣いで伯母に接してくれる従姉の協力があるからこそ、私もこうやってブログに書ける余裕があるんですよね〜。
伯母のことを知っているようで知らなかったことも多く、あらためて各人に人生ありと思って接するようにしています(*^_^*)。

投稿: サヴィねぇ | 2014年4月 3日 (木) 23時08分

ご無沙汰しています。
叔母様、インフルエンザにかかってしまわれたのですね。。大変でしたよね。
命に関わりますって、言っても本当に手ごわそうですし。
冷蔵庫の一件も、不思議に思ってしまう。
でも、そんな叔母様を受け入れてあげているんだな、とねぇさんのイラストから愛が伝わります。

お花見、こちらは有名どころは人が多すぎて、ホテルの日本庭園でお茶しながらなんとか桜を愛でました。。大学の入学式も同時に行われてて「おめでとうございます!」と係りの人に言われた。。どんだけ老けた大学生だ!?(苦笑)

ともあれ、叔母さまのことを読ませてもらうにつけ、他人事とは思えません。冷蔵庫、いいのがみつかりますように。

投稿: andymom | 2014年4月 4日 (金) 10時55分

club andymomさん

街路樹の桜がハラハラ散り、今日は、買い物の街乗りの車の中からお花見でした。
日本ならではの新しい生活のスタートの時期ですね。

伯母へのご心配ありがとうございます(*^_^*)。
最近、段々作り話が増える伯母。自分の想像は絶対なものなので、そこをどうやって現実と擦り合わせて行くかなのですよね。
たぶん、注射や薬は、痛さや副作用への恐れの現れ。だから、それをいかにして取り除くかなのだけど…。
でも、私は多くても月2度の伯母との面会。
毎日だったら、同じ話の繰り返しや、聞いてあげられないリクエストの連発には、正直、穏やかな心境ではいられないと思います。ホームの方には本当に頭が下がります。

いやいや、私が職場の学生から「何を専攻してるの?」と学生と間違われた(しかも、どこの国から来たの?と)くらいですから、momさんは十分学生で通りますよ〜!

投稿: サヴィねぇ | 2014年4月 5日 (土) 21時27分

叔母さまは幸せ*
でも寂しいですね
早く直して桜を見てくださいねcherryblossom

「朔日(ついたち)参り」ですか〜
こちらは宮島の厳島神社に毎月お参りしている友人がいま〜すmaple

本家本元の朔日参り。
気持ちもスッキリしそうな空間なんだろうな〜
近くならな〜サヴィねぇさんの代わりにあたしが行きたいくらいです゜.+:。(*´v`*)゜.+:。*

投稿: 花火 | 2014年4月11日 (金) 21時19分

club 花火さん、

伯母の心の中には、どんな風景があるのかしら~。
小さい頃や若い頃の記憶と現実が混じった世界での風景を見ているのかも~。

時々、ホームの皆さんと外出もして、外の空気を吸っている伯母。桜も間に合って見ていることでしょう。

神社仏閣で手を合わせる機会があまりなかった私。今じゃ時間さえあれば、神宮の末社で、何か云われのある神様に「すみません、先月、お参りサボりました~。伯母には参ったと嘘つきましたが、お許しを~」なんて、頭を下げてます。
「猪が出るから、鈴を持っていきなさい」と伯母は言うのですが、いまだ猪には遭わず(笑)、森の静寂と木漏れ日に癒されてますよ~。

投稿: サヴィねぇ | 2014年4月14日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サビてきた・・・。 | トップページ | Cool Japan! »