« 撫で声Japaaaan | トップページ | 雨の日に思い出す(1) »

2014年6月27日 (金)

幽玄なひととき

私が非常勤で十数年続けている仕事では、日本文化について学ばせて頂ける機会が多い。一昨日の夜は、岐阜県の古典鮎漁「鵜飼い」を観る機会をいただいた。(岐阜市の長良川鵜飼いは、宮内庁式部職の鵜匠が鮎漁をすることで知られている。)

Ukaiinfo

近年、官公庁の施策などもあり、全国の観光各地では、海外から観光客を呼び込もうと、様々な試みをしている。その一つとしては、招待した留学生に色々体験してもらい、改善点を提案してもらったり、SNSで情報発信してもらうというものである。

Usho2

漁の前、鵜匠さんが、道具、服装、鵜の扱い、鮎を捕る様子を見せて説明してくださる。私の同船者は留学生だったので、このストイックな雰囲気が素敵な鵜匠さんは、すべて英語で説明してくださった。「鵜」は、cormorant(コーマラント)と言うが、こんな時にしか聞かない英単語。

藁の腰簑を見て「ハワイアンダンス?」と呟く学生に軽く肘鉄を食らわした後は、お弁当の時間。

Ushomealbox

鵜飼いで捕られる鮎は、実は高級品。鵜が口ばしで瞬時に絞めるので新鮮さが保たれるそうだ。よって、鮎に口ばしの痕があれば高級品の証(偽装しようとする不届き物がいないことを願う)。お弁当の塩焼きの鮎に口ばし痕はないが、美味。胡桃のおかか和えなど風土の味も楽しめた。

日没後、花火の合図で6人の鵜匠がそれぞれに漁を始める。

Ukai

携帯のカメラで撮ったから、残念な写真だが、火の粉舞う篝火で川面を照らし漁を行う幽玄なシーン。それぞれの漁のあと、6艘が協力して漁を行う「総がかり」でクライマックスを迎えて漁は終わる。遊覧船がぶつからないよう操縦する船長さん達にも拍手である。

Savvyu

帰宅後、サヴィが鵜に見えてしょうがないんだなぁ~。毛玉は出すけど、鮎は出さないよね~。

文化はよく氷山に例えられる。氷の水面に出ている部分が、観たり、聞いたり、味わったりできる部分。水面下にある見えない部分が思想、価値観、習慣、共通認識などであり、その部分の方が大きい。

上の部分だけで文化が理解されるものではないので、それを支える下の部分には何があるのかを観光の中で無理なく学ぶ機会がもっとあると良いな。(展示物やシアターなどの説明・・・私はゆっくり見るのが苦手な性質だからなぁ~。)

でも、まずは観に行く・・・、そこから始めるものかな。
(鵜飼いについての詳細は、岐阜観光コンベンション協会のHP★で)

|

« 撫で声Japaaaan | トップページ | 雨の日に思い出す(1) »

コメント

百聞は一見にしかず、ですね!
いいな~、私もいつか鵜飼い漁見てみたくなりました\(^o^)/
お魚食べるの苦手ですが(刺身は好き♪)、このお弁当スゴく美味しそう!
胡桃のおかか和え、そんな郷土料理が!?
それも是非食べてみたいですっ
鵜っぽいサヴィちゃん、かわいいわ~♪
あ、我が家の姫も鵜に見えてきた(笑)
 

投稿: サヴィ母 | 2014年6月27日 (金) 21時51分

club サヴィ母さん、

鵜飼いは全国では10数箇所で行われているようですね。
長良川のものは、御料鵜飼いとして、皇室や神宮にも献上されるとか。伝統的なものと賞賛される一方、鵜がかわいそうという見方をする人も当然いますしね。長良川の鵜匠は世襲制とのこと。そこにはまた様々なドラマがあるのでしょうね。
お弁当美味しかったですよ。私は川魚の塩焼き好きなんですhappy02
胡桃おかかは、簡単に作れちゃいますよ。山のある地方ではポピュラーな食べ物かも。オヤツはもちろん酒のアテにもなるし!

ははは、シキ鵜はサヴィ鮎の尻尾をパクリ!それを母さんがリリースっていう図が見える〜smile

投稿: サヴィねぇ | 2014年6月27日 (金) 23時31分

鵜飼いは、テレビではたまに見ますが、
実際に船に乗り目の前での漁は、迫力ありそうですね!
近年では、女性の鵜飼さんもおられるようで、
注目されそうですね。

鮎!
美味しそう~。

こんなキュートな鵜はいませんよ~。
サヴィねぇさんったら! 笑

投稿: はぐてんママ | 2014年6月28日 (土) 11時48分

club はぐてんママさん

私も遠目に鵜飼を見たことはありましたが、実際に屋形船からの見物は初めて! 実際に篝火の飛んでくる火の粉を除けたり、船を叩く音など体感するって大切ですね。まだまだ世の中、知らないことが一杯!
長良川の近く、愛知県の犬山市でも鵜飼があり、そこに「美しすぎる」女性鵜匠(見習い)さんがいるようです。厳しい世界だと思うので頑張って頂きたいですね。

ははは、サヴィ、「美しくすぎる」鵜匠ならぬ、可愛い過ぎる「鵜」ってことで!

投稿: サヴィねぇ | 2014年6月28日 (土) 21時29分

こんにちは〜!

ハワイアンダンス〜。゚( ゚^∀^゚)゚。
新鮮な発想〜!
ちなみにあたしは、「浦島太郎」を思い出します。

考えた事なかったけど、このハワイアンダンスって本当は何のためにつけてるんだろう???

そしてこの浦島太郎さんは、英語で説明できるんですね〜!!
すごいなぁ〜、、、
あたしも少しは、少しだけでも、、、ほんの少しでも英語が出来るようになりたい。。。
早く誰か『翻訳こんにゃく』を発明して〜お願いっ。ってところがもうダメなのね〜☆

うちら辺の近くでは、岩国の錦帯橋で鵜飼いをやってるみたいなんだ〜*
一回見てみるのも好いかも〜♪って少し気になりました*

サヴィちゃんっ。なんてかんわいい寝方なのぉ〜
(≧m≦)

投稿: 花火 | 2014年6月30日 (月) 18時10分

club 花火さん

私も浦島太郎派だな〜。
「そうそう、鵜匠さんが、篝火の下、鵜と一緒にハワイアンダンス踊りながら、鮎捕って、って、どないやねん!」とツッコミ入れながらも、腰蓑は確かにダンサーの衣装にも見えると、感心smileしてしまったのですけどね。

翻訳コンニャク...ドラえも〜ん!お願い〜!私も欲しい〜!
ついでに暗記パンも〜!

錦帯橋でも鵜飼が見られるのですね!やっぱり、浦島さんがいるのかしら?鵜じゃなくて、亀が鮎取りしてたりしてhappy02
私は折角だから、鵜が取った鮎を食べてみたいな〜。

サヴィ、このソファーで寝るのが好きで、いつもピヨ〜ンと体伸ばしてリラックス。熟睡中でも「サヴィ子〜」って呼びかけると、声にならない声で「は〜い」って答えるのです((w´ω`w))。

投稿: サヴィねぇ | 2014年7月 1日 (火) 01時40分

昨日、ニュースでウミウで初の人工ふ化のニュースを見たところです。
ただ、こちらは京都の宇治川の鵜飼です。
京都は嵐山と宇治川が有名ですが、同じ近畿圏ですし、嵐山には何回か行った事はあるのですが、見た事ないなぁ。
夏の風物詩なんですね。
嵐山のホームページ見たら、今日から9月の中頃までのようです。

サビ達で鵜飼・・・。
みんな鮎飲み込んじゃうよ~~。

投稿: ぺん | 2014年7月 1日 (火) 22時11分

club ぺんさん

京都の鵜飼も風流そうですね!
人工孵化か〜。以前、ウミウの捕獲の様子をTVで見たことあるんだけど、結構、エエーー!!(゚ロ゚屮)屮 って感じで捕獲されてましたからね〜。

こちらの鵜飼は5月の下旬から10月まで毎日だそうで、そんなに鮎がおるんかい!! と、別の意味で驚いてます。
でも、中秋だけは漁がないそうで、「名月見ながらの鵜飼も、オツなものでは?」っと思ったところ、「中秋の月明かりが明る過ぎて、漁に適さないから、やらなかったという名残りで、今もやってない」ということでした。
ほんと、サビ達だったら、まさに鵜呑みだわね〜!

投稿: サヴィねぇ | 2014年7月 2日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撫で声Japaaaan | トップページ | 雨の日に思い出す(1) »