« ネコを知るための入門書 | トップページ | 肉肉しい »

2014年10月11日 (土)

500色 w(゚o゚)w

10月1日、伯母を訪ねるため伊勢へ。伯母が倒れて以来、神宮は横を通り過ぎるだけだったが、ちょっと時間ができたので、歩いて外宮へ(って、内宮の方じゃないのかいっ ヾ(´ω`;)ォィォィ。)

外宮も厳かなんだけど、より身近な森の中という感じ。私は宗教とか持たないが、いわゆる神道の「八百万の神々」という”感覚”は、何となくわかり易くて好き。

Isekamebrdg

別宮へ行く途中の亀さん(亀のように見える石橋)

伯母には1ヶ月ぶりに再会。挨拶もそこそこ、目を輝かせながら私に耳打ちを始める話は差別的な内容で、かなり「ブラック」。もちろん大半は伯母の妄想によるが、彼女の(同調したくない)「ヒトトナリ」がチラホラ表れ・・・聞いていて、胃がシクっとなる。

申し訳なかったが、必要な用事を済ませ、伯母が好きなお菓子を部屋に置き、30分の面談で帰ってきてしまった。伯母にこの先長く関わっていくには、時には距離を置くことをしなければ、正直、自分は持たないと思う。

自分自身、グレーな気分になっていた時、嬉しいものが届く。

Iroenpitsu

友人から「使わないから貰って~」と、なんと色鉛筆500色!

同じように見える色でも、微妙に違っているから、本当に500色なのだ。

とりあえず、自分が好んで使いそうな色を1本ずつ取り分けてセットにした。あとは、できるだけ均等に暖色・寒色のセットが出来るよう組み分けたが、500色もあるので、途中で何がなんだか分からなくなる~!

ようやく出来た3セットのうち1セットは、この「500色譲渡話」を一緒に聞いていた方に差し上げる予定。残りは欲しいという方に差し上げていこうと思っている。

なんかブラックや、グレーな気分が、一気に華やいだよ~。

ありがとうございました!

|

« ネコを知るための入門書 | トップページ | 肉肉しい »

コメント

ついか行ってみたい伊勢神宮。
外宮も良さそうだな~。
これからは紅葉もきれいなんでしょうね~。(◎´∀`)ノ

伯母様、お元気そうで良かったです。
そう、距離って大事ですよね。(* ̄ー ̄*)
無理は禁物。

わーー!500色って凄いですね!
私は100色持ってますが使いこなせてません。(;´▽`A``
でも、サヴィねぇさんはこれで素敵なイラストを描かれるでしょうね~。((w´ω`w))

投稿: はぐてんママ | 2014年10月12日 (日) 14時06分

club はぐてんママさん、

神宮は森の中にありますから、もう、それだけで癒されます。
伯母の用事で心身ともに疲れがちで、なかなか観光とはいきませんが、時間が出来れば、ちょこちょこ伊勢を楽しんでま~す!

私、24色でも使いこなしていない・・・なのに、「頂けるとあれば、喜んで!」と。
実際に色分けしていると、自分の色嗜好ってのがわかりますね。私は、青、紫、緑ばかりに目が行き、次に、「猫を描く色・・・」という感じで茶、オレンジ、グレー系。どなたかにもお裾分けしようと思うと、配分良く分けないといけないし。

結局、欲張っても自分が使う分は100色位かなぁ~art

投稿: サヴィねぇ | 2014年10月12日 (日) 19時00分

あー!!これ、私が欲しかったやつですよ、500色の色鉛筆。もしかして、それぞれの色に詩的な色の名前がついているものですよね?
私も使いこなせそうにないので、躊躇しちゃってました・・・。

500色っていうと、色数の多いDMCの刺繍糸の色(確か400くらい)よりも多いです。いろんなひらめきがありそうで、ねぇさんの絵に活かされたら、すごく素敵だと思います。

お伊勢さん、夏に行ったことがあるのですが、秋も素敵だろうなあ。

私の色鉛筆は結局、12色ですが、それでもあんまり使いこなせてないかも?でもやっぱり、個人的に緑系統はいっぱい欲しいなーと思ったりします。

投稿: andymom | 2014年10月12日 (日) 23時46分

club andymomさん

そう、まさにそれです。鉛筆1本1本に色のイメージが書かれていて、その色はどういう性格を表すかの説明まで付いる!
最初はイメージ見ながら分けてたのですが、そのうち、ワケわかんなくなり、書いてあるイメージがいちいちごもっともなのに、勝手に腹立てたりしてcoldsweats01
使う紙や色の組み合わせでも変わってくるので、500色もある必要はないかな、やっぱり。
でも、自分らしい色をそこから選ぶ作業は楽しいわね。

投稿: サヴィねぇ | 2014年10月13日 (月) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコを知るための入門書 | トップページ | 肉肉しい »