« 東から西へ (手作り市) | トップページ | 逃げ口上 »

2014年11月19日 (水)

東から西へ(馬車に乗る)

京都百万遍の知恩寺手作り市から下鴨神社へ行ってみた。

まずは下鴨神社の摂社、河合神社から。ここは見目麗しき玉依姫命(たまよりのひめのみこと)の社ということで、鏡絵馬で美容の願い事ができるらしい!

一瞬、あぶらとり紙の「よーじや」の出店かと見間違う・・・。

Kawaii

絵馬に描かれた顔を自分の顔に見たて、美しくなるよう自分の化粧品でメイクして奉納する(神社にはクレヨンなども用意されている)。

へぇ~っと思いながら、皆さん、どんなお顔?と思って見てみると・・・

Kawaii2

秀逸メイクのおねえさま方が並んでおられる!

さて、休憩所で申餅を食べようと思っていたら、うん?お馬さん?

Taskuw

下鴨神社では5月に流鏑馬(やぶさめ)神事が行われる。でも、この馬は「ドイツ」から来たらしい。流鏑馬神事保存会の主催で、京都府馬術連盟が協力し、馬車に乗せてくれるとのこと。まさかのにぃさんが乗る気満々で・・・

Taskw2

乗っちゃった~。仲良しの2匹が太古の原生林が残る、糺(ただす)の森を往復してくれる。「ここは、やぶさめの馬が走るコースなんだけど、なんかヨーロッパの森みたいでしょ?」と御者の方が言う。そう言われると日本古来の神社の杜なのに、ヨーロッパの森にいる気分・・・。お馬さん、ありがとう。

Taskw3

記念写真を撮ってくれたが、馬メイン・・・ってのが、いいね。

本殿では、ちょうど七五三でもあり、着物を着た子供たちの姿があちらこちらに。そして・・・

Wedinsimokamo

若いカップル、お幸せに~。

Nagamasakun_2

下鴨神社近くで車を1日最大800円という駐車場に止め、バスで三十三間堂方面へ向かう。でも、行き先は、養源院。

養源院は(←きれキャラ)浅井長政のゆかりの寺でもあるが、伏見城で自害した武士達の血跡が残る廊下板を天井にした「血天井」でも有名。薄暗い院内の解説で天井を見上げると・・・

  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

しかし、ここでは「風神雷神図」を描いた俵屋宗達の斬新な作品が楽しめる。杉戸に描かれた唐獅子、麒麟、白象図。う~ん、大胆なタッチと工夫がたまらん!

Yougenji

Yogenji2

養源院を後にして、途中、年輩の常連さんらしきが集う渋いコーヒースタンドで一服しながら、四条河原町、京都市役所前まで、そぞろ歩き。

夕方には侘び寂びの古都を後にし、ワビ・サヴィの待つ我が家へ。

結構、行き当たりばったりではあったが、1日で十分楽しめた。

甥っ子が来春から京都での就職が決まったので、慣れた頃、案内してもらおっかな。

|

« 東から西へ (手作り市) | トップページ | 逃げ口上 »

コメント

甥っ子さん、就職内定おめでとうございます。

京都なんですね。
親戚が遠くに行くのは寂しいけれど、訪れる場所が増えると思えば楽しいのかも。
うちはまた今週末息子が帰ってくるので、連休終わりには送って行きます。
卒業まで「かの地」を楽しむ事にします。

鏡絵馬、いろんな顔があって面白いですね。
私はそばかす(・・・最近はしみか)だらけなので、白塗りにでもしちゃうかも^^;

投稿: ぺん | 2014年11月20日 (木) 20時01分

club ぺんさん、

ありがとうございます。
カーテンに巻き付きながら泣いていた小さい甥っ子も、あっという間に社会人になろうとしています。私も年取るはずだ~coldsweats01
理系で大学院まで進みましたが、就職はまったく分野違いの道を選んだようですが、それも良いかと。社会に出れば、その厳しさはどこでも学べるものと思っています。

息子さんも、どんな将来を歩んでいかれるか、楽しみですね。
そして「かの地」での楽しみは、息子さんがそこに行ったからこそ味わえるものですね?

鏡絵馬、力作(?)が揃ってました(笑)。
私も、顔の増えていくシミ・シワ隠しで、絵馬削っちゃうかも~?

投稿: サヴィねぇ | 2014年11月21日 (金) 13時28分

シンプルだった鏡絵馬が、
なんと厚塗りな仕上がり。笑
でも、メイク上手ですよね。

馬さん、可愛いな~。
直に乗ってみたいです。(* ̄ー ̄*)
記念写真に写る、サヴィねぇさんとにぃさん。
ちょっと遠くなのに、
サヴィねぇさんの描かれるイラストのそっくりさが伺えます。
流石だ!
確かにお馬さんメイン。( ´艸`)

「血天井」…。
ひえーーーーーーーー!!!
怖すぎですな。( ̄◆ ̄;)

私、行き当たりばったりの旅行ってしたことがなくて、
ってか、あまり旅行をしないってのもありますが、(^_^;)
たまには、何も決めず旅行してみたいな~って思えました。(#^.^#)

投稿: はぐてんママ | 2014年11月21日 (金) 15時08分

 
下鴨神社は素敵なドイツのお馬さんだったんですね!
上賀茂神社の「チエンソーアート」のお馬さんとは雲泥の差・・・
いや、あれはあれで面白かったけど(笑)
お馬さんメインの2ショット写真、ステキです♪
お顔が写らない写真っていうのも、味がありますね。
でもちゃんと写ってるのも見たかったな~wink
やっぱり、養源院だと思ってました!
俵屋宗達の絵がサイコーですよね♪
暗い院内と、何とも言えない案内がまた味がありますよね。
前記事のパン屋さん、美味しそうだなと思って調べたら、私の好きな北山にもお店が!
次回北山へ行ったときに寄ってみようかな。
ますます北山に住みたくなりました。
甥っ子さん、就職おめでとうございます!
いいな~、京都に身内!!
 

投稿: サヴィ母 | 2014年11月23日 (日) 19時54分

club はぐてんママさん、

もうね、この鏡絵馬、秀逸メイクでしょ。しかも、手まで付け加えていて「どんだけ~」です。時間かけて描かれたとすれば、実際のご自身のお顔にも時間を掛けていらっしゃるのかも!

ははは、3枚くらい写真撮ってくれたけど、皆、馬メイン。「blogとかに出すには写真加工が不要になって良いかも」なんて、にぃさんと笑っていましたが、確かに、自分の描くイラストに近い写り具合だわ(笑)。

血天井はね、お寺の解説を聞くと余計にキャーーなのです。もう、あの寺に泊まったら、夜一人ではトイレに行けないかも~。
我が家は、にぃさんが「計画できない」人だから、どこかへ行くには私が調べるんですが、最近は私も調べるのが面倒で、行き当たりばったり。もちろん迷って喧嘩になることもありますが、京都のような観光地は、どこへ行っても楽しめます。
ママさんも旅行してみて~!

club サヴィ母さん、

上賀茂神社に、そのシュールなチエンソーhorseを見に行こうかとも思ったのですが、もう撤去されているかもしれないと、下鴨に絞ったんですよ~。したら、予想外の可愛いお馬さんに遭遇。母さんが見た馬とはえらい違いだ~と思ってました!
写真はね、3枚撮ってもらったうちの、一番写りのはっきりしているのがコレ。もう、見た瞬間、笑ったね・・・coldsweats01

宗達・・・イイ! あの大胆さは見ていて清々しいけど、客人へのもてなしが考えられていると知って、益々好きになりました。絵葉書ももらって、大満足~!

そうなんだ、あのパン屋さん、北山に店があるんですね!
石窯で焼いているらしいから、今度、そのオサレ地区に行ったら、ぜひ、寄ってみて!

私は甥っ子が京都に慣れたら、いろいろ穴場を教えてもらおうと思っているわ~!

投稿: サヴィねぇ | 2014年11月23日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東から西へ (手作り市) | トップページ | 逃げ口上 »