« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »

2014年3月23日 - 2014年3月29日

2014年3月26日 (水)

サビてきた・・・。

黒大奴~イカ墨~の記事から、またまた「黒繋がり」で、今日は楽器のお話。

私が持っているチェロは、お小遣いを少しずつ貯め10年以上前に購入したもの。国産ブランドの安い練習用楽器。それでも表裏木板の色は私好み(インテリアオブジェ目線)。

Cfinger

「指板(しばん)」(指で弦を抑える黒い部分)は、高級楽器には「黒檀(エボニー)」が使用されるのだが、 安い楽器には、黒い塗装が施された縞黒檀、紫檀などが使われている。

チェロを買って数年した頃、黒かったはずの指板が、灰色っぽくなり、まじめに練習するようになると・・・。

Cfingerboad

サビてきた・・・、いや、爪の伸びた指と太い弦で削れて、”黒檀ではない”という正体を現した!そして練習を終える頃に、私の指は真っ黒になる・・・。

弦を弓で擦る楽器は、弓の毛に松脂を塗る。松脂ブランドもたくさんあるが、何十年も前にヴァイオリン弾きだった頃に買ったものは、こんなアルミ缶に入っており、古枯れた感じに懐かしさを覚える(アンティーク目線)。

Bernardel

”チェロを弾く猫”がロゴの、通称「黒猫」と呼ばれる松脂ブランドがある。昔はアルミ缶にそのロゴが彫金されていたが、残念ながら今はプラスチックケース。誰かお持ちで、不要だというなら「黒猫」のアルミ缶を譲って頂きたいものだ(注:猫飯の缶詰ではない(笑))。

と、チェロ演奏のテクニックがどうとか、音楽性がどうとかという前に、しっかり違った目線で楽器を愛でる私。

楽器をちゃんと調整に出さなきゃいけないんだけど・・・お金が・・・(涙)。指板は、色落ちだけなら・・・イカ墨でも塗っておこうか・・・。

Savvyutree

(私のサビた部分にもイカ墨塗ってみようとか言わないでね!)

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (9)

« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »