« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »

2014年11月16日 - 2014年11月22日

2014年11月19日 (水)

東から西へ(馬車に乗る)

京都百万遍の知恩寺手作り市から下鴨神社へ行ってみた。

まずは下鴨神社の摂社、河合神社から。ここは見目麗しき玉依姫命(たまよりのひめのみこと)の社ということで、鏡絵馬で美容の願い事ができるらしい!

一瞬、あぶらとり紙の「よーじや」の出店かと見間違う・・・。

Kawaii

絵馬に描かれた顔を自分の顔に見たて、美しくなるよう自分の化粧品でメイクして奉納する(神社にはクレヨンなども用意されている)。

へぇ~っと思いながら、皆さん、どんなお顔?と思って見てみると・・・

Kawaii2

秀逸メイクのおねえさま方が並んでおられる!

さて、休憩所で申餅を食べようと思っていたら、うん?お馬さん?

Taskuw

下鴨神社では5月に流鏑馬(やぶさめ)神事が行われる。でも、この馬は「ドイツ」から来たらしい。流鏑馬神事保存会の主催で、京都府馬術連盟が協力し、馬車に乗せてくれるとのこと。まさかのにぃさんが乗る気満々で・・・

Taskw2

乗っちゃった~。仲良しの2匹が太古の原生林が残る、糺(ただす)の森を往復してくれる。「ここは、やぶさめの馬が走るコースなんだけど、なんかヨーロッパの森みたいでしょ?」と御者の方が言う。そう言われると日本古来の神社の杜なのに、ヨーロッパの森にいる気分・・・。お馬さん、ありがとう。

Taskw3

記念写真を撮ってくれたが、馬メイン・・・ってのが、いいね。

本殿では、ちょうど七五三でもあり、着物を着た子供たちの姿があちらこちらに。そして・・・

Wedinsimokamo

若いカップル、お幸せに~。

Nagamasakun_2

下鴨神社近くで車を1日最大800円という駐車場に止め、バスで三十三間堂方面へ向かう。でも、行き先は、養源院。

養源院は(←きれキャラ)浅井長政のゆかりの寺でもあるが、伏見城で自害した武士達の血跡が残る廊下板を天井にした「血天井」でも有名。薄暗い院内の解説で天井を見上げると・・・

  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

しかし、ここでは「風神雷神図」を描いた俵屋宗達の斬新な作品が楽しめる。杉戸に描かれた唐獅子、麒麟、白象図。う~ん、大胆なタッチと工夫がたまらん!

Yougenji

Yogenji2

養源院を後にして、途中、年輩の常連さんらしきが集う渋いコーヒースタンドで一服しながら、四条河原町、京都市役所前まで、そぞろ歩き。

夕方には侘び寂びの古都を後にし、ワビ・サヴィの待つ我が家へ。

結構、行き当たりばったりではあったが、1日で十分楽しめた。

甥っ子が来春から京都での就職が決まったので、慣れた頃、案内してもらおっかな。

| | コメント (5)

2014年11月17日 (月)

東から西へ (手作り市)

東京へ弾丸旅行した先週、そして今度は「そうだ、京都へ行こう!」・・・となった。

毎月15日、京都百万遍(京都大学がある辺り)にある「知恩寺★」(知恩院ではない)では1987年から手作り市★が開催されている。機会があったら行きたいと思いつつ10年も経ってしまった(以下、iPod touch撮影で残念な写真ではあるが・・・)。

Chionji

まだ日も昇らない早朝5時に出発。7時40分に寺の駐車場に止められた(ラッキー)。市が始まるのは8時からだが、準備を終えた店からのぞいてみる。

Feijoy

境内で最初に出会った鉢植えや苗など売っているオバちゃんから、「いろんな果物の香りがするよ~」とフェイジョアの実。「今日はフェイジョア、木もあるよ!」って・・・一瞬欲しくなったが我慢。置いておくだけで部屋の中が甘い良い香り~。

Lamidupain

すごい・・・大量のパン!これは個人ではなく、石窯で焼いている京都のパン屋さんの出店。これだけあると、パンが「食べて!」と言っているようで買っちゃった。美味しかった!

出店者は個人~商店など京都はもちろん、近畿、関西圏の方々が多く、ちりめん山椒、西京味噌もの、京漬物や京野菜など、京ならではの味もある。私は変わり種で鹿の燻製を少量購入。そしてまたしても、食べ物トラップ。

Lekker

可愛い看板。オランダ語のようだが、なんという意味か聞くの忘れた!

Lekker2

こんな型で1枚1枚焼いたワッフルとか、素朴な焼き菓子が並んでると、すぐにつまみたくなって、ついつい買っちゃうでしょ。ってか、ここは京都か?

Tedukuriichi

パンとお菓子で散財するんではないかと危機感を持ち、しばらく歩いていると・・・。

Mintkobo

こんな猫の可愛い名刺を置いている(若い男性の)お菓子屋さん・・・、にぃさんも思わず試食に手が出てるしっ! クオリティー高し!

京都の大原で暮らすベニシアさんの「ねこのしっぽ カエルの手」を見たことのある人は知っているかな?皆、「ベニシアさんの・・・」と言っていたが、京都の「明工房」さんのもの。

Armcover

ロウケツ染の夏用のアームカバー。デザインはスズラン。猫やカエルの柄もあったけど、ここは大人っぽく。夏場に外で野良仕事するのに、オサレなアームカバーが欲しくなるのよね。

そして、もう一つの収穫は、オリジナル引き揃え毛糸。編み物は下手だけど編んでみたい。でも高い毛糸は手が出ない。でも、風合いが良く、不揃いに編んでも味が出そうな毛糸玉(1個300円)発見!

Keito

聞くと、ブランド物セーターの残糸で良いものらしい。迷っていると6玉×2色をにぃさんが買ってくれることに。おまけの毛糸ももらって大満足。

「手作り市」は、(食品以外は)買うというより刺激をもらいに行っている感じ。見ているだけでワクワクする。皆さん、好きで作っていらっしゃるのが伝わってくる。

百軒くらいありそうなところ、一軒ずつじっくり見たいけど、京都の朝は寒かった・・・。もう手がかじかんで、トイレにも行きたくなるわ、ちょっと観光もしたいわで、後ろ髪引かれながらも、手作り市をあとにすることに。

つづく。

| | コメント (8)

« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »