« 甘いひとときを丁寧に。 | トップページ | 猫様まつりの準備、はじめました。 »

2015年4月 2日 (木)

妄想族

4月1日の昨日、ホームの伯母を訪ねて来た。最近は、従姉、姉に交代してもらっていたので、ちょっとだけ、久々感がある。

介護認定の更新で結果(昨年と同じく介護度3)が出て、介護サービスの計画を関係者と話し合うためでもあった。

昼前に伯母の部屋へ入った途端、ヒソヒソ話。これは良くない話だな・・・と、とりあえず調子を合わせて「なぁに?」と小声で聞く。

どうやら、ある特定の入居者さんが気に入らないらしく、ずっと、その方の素行の悪さの話を繰り返すのだ。いつもお淑やかなお嬢様のような話し方の伯母・・・皆さんにはその印象だろう。でも、時として、言うのである・・・えげつないことを。

Hanngoroshi(ここではお話しできないような過激な妄想内容だったので)ホームのスタッフに「入居者さんに喧嘩を売って、ご迷惑かけていませんか?」と尋ねてみた。

どうやら、嫉妬が契機となり、作り話へ向かうことが多いとのこと。それでも入居者さん達とは表面上、友好的で仲良くしているらしい。まぁ、「あるある」な話か。

作話といえば・・・。

姉が、「伯母さんがさぁ、”*ちゃん(私)が、金品を探すために家中の物をひっくり返してめちゃくちゃにしたのに、片付けもしない。旦那さんも、家の掃除をしてくれないと言って困っていたわ。海外生活が長いと、そうなるのかしらぁ。”って言ってたわ~(爆笑)。」

Kemaruke

そ、そう来たかっ(`;:゙;`(゚ε゚ )ブッ!!)

念のため「私は片付けられない女って、伯母さんにチクった?」とにぃさんに聞いてみた。

「まともに会話したこともないぞ・・。」と、その妄想力に驚く予想外の登場人物。

ちなみに海外”旅行”をしたことはあっても、海外”生活”をしたことがない私。以前、仕事で様々な国・文化の人と接するという話をしたからであろう・・・。

ゴミ屋敷に同行する私や父に「自分が家をこうしたのだ」と、事実を突き付けられたのが気に入らなかったに違いない。

先日、伯母と親しくしていた方が、停めてあった伯母の愛車がなくなっていたと話したようだ。「車はどうなっているの?」と殺気立つ伯母に、「父が・・・危険だからと誰かに預かって頂いているような話をしていたような気がぁ・・・」と歯切れも悪く、内心汗だくになりながら誤魔化した。

ああ、廃車したことバレたら、私は極悪でどうしようもない姪に成り下がるだろうよ。

そんな伯母ではあるが、私にお菓子やら「サメのタレ(干物)」など、たっぷり買ってお土産に持たせてくれた。

なんとも複雑な心境で、猫の毛まるけの家に帰還・・・。

|

« 甘いひとときを丁寧に。 | トップページ | 猫様まつりの準備、はじめました。 »

コメント

あははは。
いつもながら伯母様ワールド、楽しく読ませてもらいました。
って、笑いごとではないですよね。
他の入居者の方の前では、しっとりな伯母様のようで
安心しました。

車の件はドキドキでしたでしょうね。(^_^;)

それでも、サヴィねぇさんにはお優しいようで
それが唯一の救いでしょうか。(^_^;)

投稿: はぐてんママ | 2015年4月 3日 (金) 19時46分

club はぐてんママさん

伯母の話は毎回ぶっ飛ぶ内容ですが、自分が良いように話を作る才能は、素晴らしい! 毎回話の2割程度しか信用しないのですが、事実関係を確認すると、もう笑い話ですhappy02
しかし、他人様が話題に出た時は、その方にご迷惑掛けてないか心配で。
でも、他の方の前では良い子の仮面を被るのが得意のようでしたgood。車の件は、もう私の目は泳ぎまくりで、「廃車にしろ」と命令した父に相談です。
他にも伯母の逆鱗に触れるであろうことを、父の命令の元遂行する私は、いくつ命があっても足りないわ〜!

投稿: サヴィねぇ | 2015年4月 4日 (土) 22時01分

実はうちの母も入院中「妄想族」の仲間入りに。
都合のいいように話を作って、病院のスタッフも巻き込み大騒ぎ・・・。
菓子折持って行きました。
病院って受け取らないのかと思ったらちゃんと受け取ってくれました^^;
退院してからましになったんですけど病院には必ず姉妹のどちらかがついて行き、話をちゃんと横から聞くようにしてます。
伯母様のような「プッ」と笑えるような妄想だったらよかったのに。
「サメのたれ」が気になりますeye

投稿: ぺん | 2015年4月 6日 (月) 18時25分

club ぺんさん

お母様も日常とかけ離れた環境が、妄想族への加入を後押し?
入院中に妄想族になる人は多いようですねdespair
伯母の場合、入院中は誰が聞いてもあり得ない(瞬間移動で隣の町に行っていたとか、族がナイフ持って命狙いに来たとか)妄想でしたから、皆が目配せしながら話を聞き流していました。ホームへ移ってからは、一部の真実と巧妙な嘘、妄想が合体し…(^_^;)。
私も病院は何も受け取らないと思ってましたし、外科医や看護師の対応があまりよくなかったので、菓子折も頭に浮かばなかたわ。
でも、受け取ってくれる所もあるんですね。
何れにしても、お母様の身心が早く癒えますように!ぺんさんの疲れも癒えますように!
サメのたれは、サメを干す時に垂れている様子から名付けられ、伊勢ではありふれたサメ干物らしいです。臭くなく、脂ののった白身魚という感じの食べ物ですね。

投稿: サヴィねぇ | 2015年4月 6日 (月) 20時04分

おばさま(笑)(^▽^;)
面白すぎるイラストに、大変そうなのに吹き出してしまうことをお許しください★

でもお元気そうでほっ

投稿: 花火 | 2015年4月22日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甘いひとときを丁寧に。 | トップページ | 猫様まつりの準備、はじめました。 »